胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん検査

胃がん検査

前立腺がんの疫学前立腺がんは日本人には少ないといわれてきたが、生活環境の欧米化により近年著しく増加している。前立腺がんの人種による発生頻度には明らかな差があり、同一人種でも住んでいる国によりその発生率に違いがある。人種による罹患立はアメリカ黒人>西欧・アメリカ白人>東欧白人>在米アジア人>在アジアのアジア人の順といわれている。同じ日本人でもハワイに住む日系人と日本に住む日本人でその発生率は9:1とその差は明らかであるその原因は環境的要因とライフスタイルの違いと考えられる。日本における前立腺がんは、日本人の生活環境の欧米化により今後さらに増加する可能性がある。.前立腺がんの病因とリスクファクター前立腺がんと性ホルモンとの関係が強いことが次の事実より示示唆されている。1.前立腺がん細胞の細胞培養・組織培養による維持には男性ホルモンが不可欠である。2.思春期以前に去勢された男性に前立腺がん発生の報告がない。

アルコール度の高い飲酒者にリスクが高い、緑黄野菜を毎日摂取し、かつ75才未満の人ではリスクが低い、毎日肉食をする人、牛肉の脂肪をとりすぎる人は前立腺がんにかかりやすい、ビタミンAの欠乏もがん発生の頻度を高める、などの報告がある。喫煙は約2倍のリスクがあるという報告がある一方、喫煙と前立腺がんとの間に明らかな関係を見いだすことが出来ないとの報告もある。性交回数の多い男性、sex partnerの多い男性、非妻帯者、離婚の後独身、20才代・30才代の活発な性生活、質的に不満足な性生活、積極的に性生活を行いたいというなかの抑制された性生活(精液の貯留)などがリスクファクターとしてあげられている。

職業的にカドミウムに曝露される人、大気汚染地域(特にカドミウム)では前立腺がんによる死亡率が高いという報告もある。3.前立腺がんとは前腺は男性のみにある臓器で膀胱から尿道に移行する部分にあり、尿道を取りまくように存在する。その機能は精液の一部分を造ることである。前立腺分泌液がどのような働きがあるかは明らかではないが、精子と卵子の結合すなわち授精に大きな影響を与えるといわれている。前立腺の大きさはクルミぐらい。内腺と外腺とに分けることができる。例えていえば、クルミの殻の部分が外腺、実の部分が内腺である。前立腺がんはその外腺から、特に後面すなわち直腸に接している部分から発生する。 その発育は極めて遅く、かなり大きくなるまで無症状であることがその診断を遅らせる大きな要因である。また前立腺がんと前立腺肥大症の症状がよく似ているので前立腺がんを肥大症として治療していることがあるので、前立腺肥大症の治療の際、前立腺がんの検査もあわせて行う必要がある。 しかし最近小さな前立腺がんの存在を発見できる「前立腺がんの腫瘍マーカー:PSA」が診断に導入され、大きな成果を上げている(後述)。

4.一次予防について
前立腺がんが生活様式によってその発生率が違うことは明らかで、特に食生活の影響が大きい。統計によると週5回以上牛肉を食べる人は週1回しか牛肉を食べない人に比べ2.6倍の前立腺がんのリスクがあると言われている。しもふりの牛肉はさらにリスクを高めるとの報告もある。牛肉の脂肪が血液中の性ホルモンのバランスを崩す、あるいはある種の脂肪酸が人体細胞の機能を阻害することがその原因と考えられる。逆に、緑黄野菜を毎日食べている人は死亡の年齢が遅れる、との報告がある。

以上のことから、前立腺がんの一次予防としては、牛肉の死亡を出来るだけ摂取しないこと、出来るだけ緑黄野菜を食べること、お酒・たばこは控えることなどが重要である。 5.前立腺がん検診(2次予防)厚生省の「前立腺がん集団検診の妥当性に関する研究班」の石黒哲生によると前立腺がんによる死亡数は急速に増えており、西暦2000年には年間6000人を超え2015年には13500人以上になると予想されている。また前立腺がんは発育が極めて緩徐であり最初のガン細胞が出来てから臨床的に捕捉できる直系1cm程度になるまで36年かかり、その後3年で倍の大きさになるとされている。このため潜在がんが多く、50才以上の日本人には約20%程度の頻度で潜在がんが見られるとの報告がある。潜在がんの段階でがんの存在を確認することは、その予後からいって極めて重要である。前立腺がんが尿道・膀胱まで浸潤すると排尿障害(尿が出にくい)、血尿(尿に血が混じる)、膀胱刺激症状(尿が近い、尿をするとき痛い)などを訴えて来院する。また骨転移のため腰痛や四肢運動痛、病的骨折などで整形外科を訪れる事もある。しかし子にお時期では病期はCまたはDであり、手術療法は難しい段階である。早期では無症状であるため、根治療法可能な早期がんの発見は現在の非常にないのが現状である。また、前立腺がん検診で見つかった患者は外来で発見された患者と比べて生存期間が3・5年長いことがわかっている。前立腺がん検診

前立腺がんは検診に適したがんであるといえる。その理由は安全で被検者に負担のかからないPSAと直腸内指診という診断法がある、PSAを検査すると早期の状態で発見される事が確認されている、そして早期で発見されると有効な治療法がある、ということである前立腺がんを極めてよく反映する血液内の特殊蛋白。PSAを検査することで前立腺がんの早期発見が可能となった肛門から指を挿入して前立腺を診察する。熟練した科医は前立腺がんを診断できる。しかし初期のがんは直腸診だけでは診断が不可能である。 直腸内に超音波診断用探子を挿入して検査する。以上の3つを組みを行うが、もっとも初期診断に有用なのがPSAである。盛岡市でも平成11年前立腺がん検診を行っているがまだ受診者が多くない。今後受診者が増加することを期待している。 前立腺疑われる患者に確定診断をつけるために、前立腺生検を行う。前立腺生検は前立腺 の一部を超音波映像がら生検針で採取した上で顕微鏡検査をする方法で、これによってがんとの確定診断が下される。治療法は、前立腺がんの病期によって異なる。病期A:臨床的にがんとは診断されず、たまたま前立腺肥大症や膀胱がんなどの手術の病理組織検査でがんが発見されたもの。病期B:前立腺内の硬結を直腸診で触れることができる時期、しかしがんは前立腺内に限局し、他臓器に転移がないもの。病期C:前立腺の皮膜を破って発育し、精嚢腺や膀胱、尿道まで浸潤したもの、しかし転移がないもの。病期D:前立腺、精嚢以外の臓器に転移をおこしたもの。骨盤内リンパ節、肺、肝臓、骨などに転移する。AB期は前立腺全摘除術を第1選択とする。しかし高齢者では放射線療法、内分泌療法が選択される事もある。C期の場合は、内分泌療法を行って、その後の経過によって手術に踏み切ることがある。D期は内分泌療法の適応となる。以上は大体の目安であるが、主治医の考えで総合的に考える必要があるので、主治医の説明を良く聞く事が大事である。前立腺全摘除術:前立腺、精嚢腺をを前婦摘除する手術。内分泌療法:前立腺がんが男性ホルモンによって悪化し、女性ホルモンによって抑制されるという事実に基づくものである。男性ホルモンの最大供給源である精巣(睾丸)を両側とも摘除する方法であるが、精神的に抵抗を示す患者がおおい。抗男性ホルモン療法としては最近はLHRHアゴニストがよく使われる。月1回の注射でよい。
 放射線療法: コバルト60,リニアック、ベータトロン、サイクロトロンなど。前立腺部ならびに骨盤部に照射する。早期がんに対してあるいは進行がんの補助療法として重要である。

7.前立腺がんの予後

前立腺がんの治療法はその病期によって異なることは既に述べたが、治療法による予後に変わりがあるのだろうか?当然早期のがんは早期に治療が出来るので完治しやすく、進行した末期がんは全身に転移しているので予後は悪い。
A
期(症状が全くなく普通の検査でも見つからないような小さながん)のような潜在がんを積極的に前立腺全摘除術をうかどうかは議論が分かれるところであるが、一般的には若者のA期及びB期(前立腺内に限局ししかも転移がないもの)は前立腺全摘除術が選択される。前立腺全摘除術は同時に骨盤内リンパ節郭清術を行う。 A期・B期の術後5年生存率はほぼ90%といわれている。高齢者のA期・B期は手術療法を行わず、ホルモン療法、レントゲン療法の適応となるが、体力が十分あると判断された場合は手術に踏み切ることがある。C期・D期は内分泌療法の適応となる。ただC期はリンパ節転移があるのでまず内分泌療法を行い、その後手術を行う場合がある。いずれにせよ、早期に発見し早期に治療を行うと予後が良く長生きするので早期発見が不可欠である。そのためにも前立腺がん検診は極めて有用である。8.前立腺がんの治療法の合併症

根治的前立腺全摘除術は前立腺がんにたいする唯一の根治療法であり、前立腺を精嚢腺及び周囲組織とともに摘除し、膀胱と尿道を吻合するものであり、同時に骨盤内所属リンパ郭清術を行う。手術後に尿道と膀胱を吻合した部分に狭窄を起こすことがあり(5?10%)、また尿失禁は5?20%に起こるとされている。インポテンスは必発(約95%)であるが、最近はインポテンスの治療が飛躍的に進歩しているのでこの点は救いである。また尿路感染症も必発で、膀胱炎による頻尿、排尿痛、尿混濁がしばらく続く。前立腺部及び骨盤部に体外から照射されるほか、手術中に病巣に照射したり転移部に照射されることもある。今や早期がん準根治療法としてでなく進行がんに対する重要な補助療法となっている。照射後の副作用としては血尿、尿道狭窄、下痢、下血、陰茎浮腫などがある。除睾術、抗男性ホルモン剤投与、女性ホルモン投与等があるが、これらは全て女性化という副作用がある。具体的に言えば、女性化乳房、乳首が痛くなる、声が女性のようになる、のどぼとけが小さくなる、勃起が起こりにくくなる、等である。ホルモン不応性がんにたいして施行されるが、現在有効な治療法は確立されていない。一般的な抗ガン剤と同様、白血球減少、脱毛、発熱、食欲不振などの副作用がある。A1:前立腺の腺細胞ががん化したものです。欧米に多いのですが、わが国でも、高齢化、動物性脂肪の取り過ぎなどの理由で、近年増加してきております。前立腺肥大症に合併することが多いのです。200年の前立腺がんの死亡者は約7,814人(10万人につき12.2人)です。A2:排尿困難、夜間頻尿、尿意切迫感、血尿などの尿路の症状がみられるようになります。症状によって前立腺肥大症、立腺炎、前立腺結石と鑑別(医学用語で区別することを鑑別といいます)するのが困難です。A3:まず初めに医師が肛門から直腸に指を挿入し、前立腺の大きさ、表面の状態、硬さなどを診察する直腸診を行います。次いで、血液を採取しPSA(前立腺特異抗原)の測定を行い、PSAが高値の場合は前立腺がんが強く疑われます。次に、経直腸的超音波検査(肛門から前立腺専用の超音波検査装置を挿入して検査する)で前立腺の画像から診断します。直腸診やPSAの高値だけで前立腺大症、前立腺炎、前立腺結石と鑑別するのは困難ですので、最終診断は前立腺数カ所に針を刺し組織を取る針生検や穿刺細胞診を行い前立腺がん細胞を見つけ診断します。前立腺がんと確定した場合はCTMRI、骨シンチグラフィを実施しがんの広がりや転移を調べます。A4:前立腺がん(90%以上)では血液のPSAは高値を示します。基準値は4ng/ml以下とします。 PSA10ng/ml以上の場合は泌尿器科で前立腺生検を行い、病理学的に診断します。泌尿器科専門医でなく人間ドッグなどでも測定する医療機関が増えてきました。PSAの高値が指摘されたら、泌尿器科専門医を受診し、前立腺がんか前立腺肥大症、前立腺炎などがん以外の病気かどうか調べてもらいましょう。A5:前立腺がんの治療にはホルモン療法(内分泌療法)、前立腺全摘出術や放射線療法などがあります。どの方法をとるかはがんの進展度で違います。ホルモン療法としてはこう丸(精巣)を摘出する去勢術と、男性ホルモンのこう丸からの分泌を抑える薬剤(抗男性ホルモン剤)を注射する方法があります。前立腺全摘出術は、前立腺がんを根治できる可能性のある治療法です。ホルモン療法は主に進行がんを対象としますが、排尿障害や全身の骨痛など臨床症を改善させます。放射線療法は、単独で行われる場合とホルン療法や手術療法などと組み合わせて行う場合もあります。

近年、小線源療法と呼ぶ放射線を出す微細なカプセルを前腺に埋め込み、がん細胞を殺す治療法が20037月頃から用されるようになりました。米国では1980年代から前立腺んの治療われています。ヨウ素を密封したチタン製カプセル(0.8×4.5ミリ)を前立腺全体に満遍なく放射線があたるようにコンピータで計算して、前立腺に80個ほど埋め込みます。 前立腺がんは進行が遅く予後は良好です。国立がんセンターによると5年生存率は、前立腺内に限局している場合は7090%、前立腺周囲に拡がっている
胃がん検査

合は5070%、リンパ節転移がある場合は3050%、骨や肺などに遠隔転移がある場合では2030%となっています。 (
胃がん検査

立腺がんの病期分類の詳細は般的な5年生存率は死因を問いません)は40%弱死因を下咽頭がんに限定して評価すると5年生存率は50%弱となります。他の頭頸部
胃がん検査

んについても全国的に見て非常に優れた治療成績となっています。

頭頸部がん治療の特色 耳鼻咽喉科では頭頸部進行がんの手術治療成績が良好なこと、その一方で進行がんの

胃がん検査

術治療では喉頭に代表される臓器の摘出を余儀なくされ、その結果として機能が著し低下あるいは廃絶を来し身体障害者となることを受け

胃がん検査


て、近年、臓器温存を目指して抗癌剤治療と放射線治療を同時に行う化学放射線同時用療法を導入しました。化学放射線同時併用療法についてはまだ5年生存率を出せる
胃がん検査

階ではありませんので、進行がんの患者様には手術療法と化学放射線同時併用療法そぞれの長所・短所について十分にご説明した上で、治療法を選択して頂いています。

胃がん検査


化学放射線同時併用療法は主に喉頭がん、咽頭がん、鼻・副鼻腔がんの進行例に対し行っています。現在までの実績では、下咽頭の進行がんではその約4割で喉頭が温存
胃がん検査

き、中咽頭の進行がんではそのほとんどで臓器を温存できています。口腔がん、唾液んについては基本的に手術療法による治療を中心として行っています。



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。