胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 検診 結果

胃がん検診結果

表皮から真皮に広がって進行がんに移行します。この段階になると、転移する可能性が
出てきます。
 皮膚がんは、加齢とともに発症しやすくなるため、社会の高齢化に伴って患者数が
増えてきています。しかし、皮膚に現れる病変は目で見てわかるので、早期発見・
早期治療も十分に可能です。
 大きなほくろができたり、いぼやあざの形や大きさが変化するといった皮膚がんの特徴を
知り、ふだんから皮膚の状態をチェックしておくことが大切です。原因
発症に影響する紫外線
 皮膚に加わる過剰な刺激が、発がんの誘因になることがあります。
例えば、紫外線や放射線は皮膚の細胞の遺伝子を傷つけて、がん化させることがわかっています。
 実際、紫外線を長期にわたって大量に浴びた高齢者の顔には、皮膚がんの始まりである
日光角化症(老人性角化症)がしばしば生じます。子どものころから長期にわたって紫外線を
浴び続けると、紫外線の影響が蓄積されるので、高齢になるほど皮膚がんを発症しやすくなります。やけどや外傷が治った後に、薄い表皮で覆われた傷跡が残ることがあります。
手足のように、外部からの刺激を受けやすく、動きの多い部位に生じた瘢痕(はんこん)は、
長年のうちにがんに移行するケースがみられます。
 大量の放射線被曝も、やはり皮膚がんの誘因となります。また、コールタールやヒ素などの
化学物質には発がん性があり、コールタールが繰り返し皮膚に付着するとがん化を招くケースが
あります。また、ヒ素中毒の人の皮膚に、何年かたった後にボーエン病という表皮内がんが
多発することもあります。
 皮膚や粘膜の病気に引き続いて、皮膚がんが発生するケースも少なくありません。
皮膚がんの起因となる病気としては、紫外線に対する防御システムが先天的に欠如している
色素性乾皮症、口腔や外陰部の粘膜に白い斑点が生じる白板症(ロイコプラキー)などが
あげられます。
 皮膚への慢性的な刺激が、がん化を促すケースもみられます。靴擦れを繰り返すうちにできた
潰瘍、床ずれ、男性の真性包茎による陰部の炎症が原因になることもあります。
細菌の感染によっておできができて、同じ部位での発生と治癒を繰り返すうちに、皮膚がんになる
こともあるようです。
種類と症状
表皮内がんの段階とがんに区別される
 がんのなかでも、転移する可能性のない段階の表皮内がんは、有きょく細胞がん、悪性黒色腫
などの転移する可能性のある皮膚がんと区別して考えられています。
・表皮内がん
 表皮内がんの主な病態には、日光角化症、ボーエン病、パジェット病などがあります。
日光角化症では、頭部や耳、顔、首やうなじ、手足の甲、前腕といった、日光のあたりやすい
部位に円形または不定形の発疹が生じます。
 発疹の長径は1cmから数センチメートルで、周囲の皮膚との境界がはっきりせず、
淡い褐色や赤褐色をしています。表面は乾燥して硬く、角のような突起がみられることもあります。病気の進行はゆっくりですが、放置すると有きょく細胞がんに移行することがあります。
 ボーエン病は、胸部や腹部、背中、上腕、太ももといった、日光にあたらない部位に多く
発症します。円形から楕円形で軽く隆起しており、色は薄い紅色や褐色です。表面が白や
黄白色になってがさがさしたり、かさぶたがついていることもあります。全身に発生する
多発性ボーエン病は、ヒ素中毒との関係が指摘されています。放っておくと有きょく細胞がんに
なりやすいといわれ、胃がんや肺がんなど臓器がんを合併しているケースが少なくありません。
 パジェット病には、乳房パジェット病と乳房外パジェット病があります。乳房パジェット病は
40〜60代の女性にみられる乳がんの一種です。乳首を中心に紅斑やびらんが生じ、
次第に周囲に広がっていきます。乳首の形が崩れてくることもあります。
 60歳以上の男性に発症しやすい乳房外パジェット病は、水っぽいじゅくじゅくした紅斑が、
肛門のまわりや外陰部、へそに発生します。びらんやかさぶたができたり、滲出液が
出ることもあります。軽いかゆみを伴うケースが多くみられます。
 パジェット病は、たむしや湿疹ととり違えられることが多く、注意が必要です。
毛包などの皮膚の付属器から深部に入り、浸潤がんになります。しこりになったり、じゅくじゅくしたりする前に発見して治療することが大切です。
 有きょく細胞がんは中高年に多く、70歳以上の患者が60%近くを占めています。
男性が女性の約1.6倍にのぼります。
 有きょく細胞がんは、紫外線の影響が大きいとされているがんで、顔や首、前腕、手の甲といった
日光にさらされやすい部位に発生します。やけどや外傷の傷跡、治りにくいおできや皮膚潰瘍、
ヒ素やタールなどの化学物質も引き金になるとされています。子宮頚がんの誘因とされる
ヒトパピローマ(ヒト乳頭腫)ウイルスも、有きょく細胞がんの一部に関与していると考えられています。
 初期は、直径約5mmの盛り上がりが生じ、表面にがさがさした皮膚が付着します。
やがて5mmを超える紅色をした大きな隆起となり、噴火口やカリフラワーのような形の腫瘍が
生じることもあります。表面に潰瘍やびらんを伴ったり、膿をもって悪臭を放つケースもみられます。
 有きょく細胞がんは、比較的早いうちから皮膚を越えて筋肉や骨に浸潤したり、血流に乗って
肺や肝臓などに転移することがあります。
基底細胞がんは加齢とともに増加して、70歳以上の患者が全体の50%近くにのぼります。
男女の発症数の差はほとんどみられません。
 有きょく細胞がんと同様に、紫外線の影響が大きいとされています。約80%は頭や顔に
発生し、特に鼻やまぶた、耳のまわりに多く生じます。
 黒色や黒褐色のほくろに似た皮膚の盛り上がりが初期症状で、数年かかって大きな腫れと
なります。中心が陥没して潰瘍が生じ、出血しやすくなります。
 進行はゆっくりで、放置すると筋肉や骨に浸潤しますが、リンパ節やほかの臓器に転移する
ことはめったにありません。
悪性黒色腫
 悪性黒色腫は、ほくろのがんで、多くは黒い色をしているのが特徴です。20代から目立ち始め、40歳以降に増加しますが、最も多いのは70代以降です。足の裏や爪に発生しやすいことから、
慢性的な刺激や外傷の瘢痕が大きな誘因と考えられています。また、色素性乾皮症では
若いうちに悪性黒色腫を発症しやすいようです。
 悪性黒色腫は、悪性黒子型黒色腫、表在拡大型黒色腫、結節型黒色腫、末端黒子型黒色腫の
4タイプに分けられます。
 悪性黒子型黒色腫は60歳以上に多くみられ、顔や首、手の甲などの日光のあたりやすい
部位に発生します。初期には褐色や黒色の悪性黒子というほくろのような病変が生じ、
次第に濃い黒色になり、大きさも拡大してきます。やがて、腫れや硬いしこりを伴って
悪性黒色腫に変化します。発症数は4タイプのなかでも最も少なく、治癒する確率は比較的
高いとされています。50代以降を中心に、子どもや高齢者にもみられる表在拡大型黒色腫は、全身に生じます。
初期症状は、褐色や黒褐色の色素斑で、わずかに隆起がみられます。進行すると隆起の表面が
でこぼこし、色はまだらになります。進行は比較的ゆっくりです。
 40〜50代に多くみられる結節型黒色腫も、全身に発生する可能性があります。
最も悪性度の高いタイプで、早くから転移を起こします。進行が早く、最初から半球状や山状、
くびれのある有茎状などの隆起を形成します。色は褐色から黒褐色で、濃い黒色が混じって
まだらになることもあります。
 末端黒子型黒色腫は、足の裏や手のひら、手足の爪に発生します。
まず、褐色や黒褐色の色素斑ができ、次第に中央部から色が濃さを増し、隆起や潰瘍が
みられるようになります。爪の場合は、黒褐色の縦のずじが現れます。半年から1年たつと、
ずじが爪全体に生じ、幅が広がったり、色が濃くなったりします。さらに爪が割れて、
周囲の皮膚に色素がしみ出ます。やがて爪がはがれ落ち、爪のあった場所に潰瘍や腫瘤が
生じます。40〜50代に多くみられ、日本では4タイプのうちで最も発生率の高いものです。
皮膚がんをよく診ている皮膚科医であれば、病変の視診によって、皮膚がんかどうかの判別は
ある程度つきます。医療機関によっては、患部を拡大して観察できるデルマトスコープや、拡大した病変部をモニターに映しだすビデオマイクロスコープを用いているところもあるようです。
 確定診断のためには、局所麻酔をして病変の一部を切除し、顕微鏡で観察する 病理組織学的検査が行われます。
悪性黒色腫では、患部にメスを入れるとがん細胞が散らばって、転移を促す危険があります。 そこで、悪性黒色腫の疑いがある場合には、一部をとるのではなく、最初から病変全体を切除し、
その場ですぐに顕微鏡で観察する迅速組織検査という方法がとられます。検査の結果、 悪性と判断した場合には、その場でより広い範囲を切除するか、4週間以内に再手術によって、
さらに広範囲の切除が行われます。 病変の表面がじゅくじゅくしてくるときには、スライドガラスを押し付けて得られた細胞を
顕微鏡で観察する細胞診検査が行われます。悪性黒色腫になると、血液中に5Sシスチニール ドーパというメラニン代謝物質が増加するので、血液検査も参考にされます。
 皮膚がんと確定したら、腫瘍の広がりの程度や転移の有無を調べて病期を確認します。 胸部X線検査や腹部超音波検査、全身シンチグラム、CT検査、MRI検査などの画像診断が
皮膚に発生する悪性腫瘍
 皮膚がんは、皮膚に発生するさまざまなタイプの悪性腫瘍の総称です。
皮膚の組織を構成する細胞ががん化したもので、実際には、異常に増殖して大きく隆起したり、
しこりのようになったりします。皮膚の厚さは平均2mmほどですが、体表面に近い部分から、表皮、真皮が重なっており、

胃がん検診結果

その内側に皮下組織があります。
 表皮は、外側から角質層、顆粒層、有きょく層、基底層の4層でなりたっています。

胃がん検診結果


皮膚の色を決定づけるメラニン色素をつくりだす色素生産細胞(メラノサイト)も、
表皮に含まれています。真皮には、血管や神経、立毛筋のほか、脂腺や汗腺といった


胃がん検診結果

皮膚付属器があります。
 皮膚がんは、どの組織の細胞から発生したかで区別しており、多くの種類があります。


胃がん検診結果

なかでも発症率が高いのは、表皮の基底層の細胞が悪性化した基底細胞がんと、
有きょく層の細胞が悪性化した有きょく細胞がんです。

胃がん検診結果

年間の発症人数は、基底細胞がんが人口10万人当たり約5人、有きょく細胞がんは
約2.5とされています。

胃がん検診結果

 色素生産細胞が悪性化した悪性黒色腫(メラノーマ)は、皮膚がんのなかで悪性度が高く、
肺や肝臓、脳などに転移を起こしやすいとされています。年間の発症人数は、

胃がん検診結果

人工10万人当たり1〜1.5人くらいと推定されています。
一方、がん細胞が表皮内にとどまっている状態を、表皮内がんといいます。

胃がん検診結果

この段階のがんは、転移することはありません。表皮内がんを放置すると、がん細胞が
必要に応じて行われ、そのうえで最適な治療法が選択されます。



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。