胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 全 摘出

胃がん全摘出

ほぼ100%です。U期では、患部の2〜3cmほど外側まで切除されます。
切除が広範囲に及ぶ場合には、自分のからだの健康な部位の皮膚を切り取って移植する
植皮術が行われます。
 V期になると、腫瘍の2〜3cmほど外側まで切除されます。がんの広がりの程度によっては、
筋肉の切除や骨の切除、リンパ節の除去が行われるケースもあります。
W期では、化学療法や放射線療法を中心として、手術を組み合わせる集学的治療の対象と
なりますが、5年生存率は30%以下です。
・基底細胞がん
 基底細胞がんは比較的進行が遅く、早期でみつかることが多いので、ほとんどは切除手術のみで
完治します。手術では、患部の表皮、真皮、皮下組織を0.5cmほど外側まで切除します。
切除が広範囲に及ぶケースでは、植皮術が行われます。
・悪性黒色腫
 中心となる治療法は外科的切除です。T期では、患部のまわり1〜2cmの範囲を
切除すればほとんど治癒し、5年生存率も85〜100%です。U期では、患部の3〜5cmほど
外側まで切除されます。腫瘍の厚さが3mm以上あれば、リンパ節も取り除かれます。
がんの転移や再発を防ぐために、3〜4週間おきに、5〜6日間続けて抗がん剤を投与する
化学療法が3回以上行われることもあります。5年生存率は90%程度とされています。
 V期になると、患部の5cm以上外側まで切除され、リンパ節も取り除かれます。
患部の周囲の皮膚や、皮下組織への転移に対しては、インターフェロンの注射や放射線療法が
有効です。化学療法は、3〜4週間の間隔で5回以上実施されます。
リンパ節への転移がなければ5年生存率は70〜80%ですが、リンパ節に転移している場合には
50%前後になります。
 W期では、抗がん剤による化学療法を主体に、手術や放射線療法などが組み合わされます。
脳や内臓への転移がみられるケースも多いのですが、可能な限り切除されます。免疫力を
高めるために、患者から採取したリンパ球を薬剤で増やし、再び体内に戻す養子免疫療法が
用いられることもありますが、5年生存率は10〜15%で、完治は困難といえます。
・治療に伴う副作用と治療後の注意
 化学療法では、使用される薬剤によって、食欲不振、吐き気や嘔吐、下痢などの消化器症状、
脱毛、全身倦怠感、腎機能障害や肝機能障害、白血球の減少といった、さまざまな副作用が
現れます。しかし、多くは抗がん剤の投与による一時的なものです。副作用の程度は、
薬剤の種類や量によって異なります。副作用が強い場合には、軽くする作用のある薬が
処方されますので服用を恐れる必要はありません。
 植皮術を行うと、皮膚の生着を促すためにしばらく安静が必要になります。
自由にからだを動かせるようになるまでには、1〜2週間かかります。顔などに手術の傷跡が
残っても、形成外科的な治療技術が向上してきており、ほとんど問題のない状態まで
治すことが可能です。
 がんの進行度によっては、腕や足を切断しなければならないことがあります。
その場合には、主治医や理学療法士のもとで、社会復帰に向けての機能訓練が行われます。
皮膚がんは、治療後に再発や転移が起こる可能性があるので、定期的に検査を受ける必要が
あります。また、自分でも手術のあとを観察したり、ほくろやあざのような皮膚の病変に気をつける
ことが大切です。予防
過度の日焼けを避ける
 皮膚がんの大きな誘因として、紫外線には、カルシウムの吸収を促すビタミンDを活性化する
作用があるので、骨粗鬆症の予防に欠かせませんが、短時間の日光浴で十分です。
肌が黒くなるまで紫外線を浴びると、皮膚がんのリスクが大きくなります。若いころから過度の
日焼けを繰り返していると、皮膚にダメージを与えます。皮膚がんの予防のためには、
肌を焼かないようにしましょう。
 紫外線の量が1年で最も多くなるのは、5〜8月にかけて、1日のうちでは、午前11時から
午後2時ごろまでとされています。この時期に外出する場合には、日焼け止めクリームを
塗るようにしましょう。帽子をかぶったり、日傘を利用するのもよいでしょう。ビタミンCには、日焼けによってダメージを受けた皮膚の回復を助ける効果があるので、食事に積極的に
とり入れましょう。まとめ
いぼやほくろの変化に注意する
 皮膚の変化は見た目でわかるので、皮膚がんはほかのがんと比べて早期発見される確率が
高いといえます。そこで、入浴する際に鏡をのぞくとき、皮膚の状態をチェックするように
習慣づけるとよいでしょう。
 悪性黒色腫は足の裏に発生することが多いので、顔から足底まで、全身の皮膚をくまなく観察する
ようにします。そして、皮膚の変化に気づいたら、早めに皮膚科を受診しましょう。
 チェックポイントとしては、いぼやほくろ、あざのようなものが新しくできていないか、
また、今まであったいぼやほくろの大きさ、形、色調などが変化していないかといった点が皮膚ガンの種類その2・基底細胞ガンの治療
あげられます。中年以降にできたいぼやほくろには、特に注意が必要です。治りにくい傷やその原因は紫外線となんらかの関係があるもんと考えられとりまんねん。皮膚ガン
発疹も、皮膚がんに変化することがあります。
早期の段階で治療を受ければ、完治は十分に期待できます。皮膚ガンの種類その1・有棘細胞ガ皮膚ガンの種類その1・有棘細胞ガンの症状・症例この皮膚ガンにかかると皮膚にデキモノができまんねん。次にこのデキモノがジュクジュクしはじめ、潰瘍へと変わっていきまんねん。またキツイにおいを伴うこともおます。皮膚ガンの種類その1・有棘細胞ガンの治療この皮膚ガンを治療するには、外科手術をほどこしまっせ。せやけどダンさん患者が高齢である場合やらなんやら、あらゆる理由により手術がややこしい場合には、放射線治療やらなんやらをほどこしまっせ。皮膚ガンの種類その2・基底細胞ガンこの基底細胞ガンは、皮膚ガンの中では最も発症率の高いがんや。基底細胞とは、皮膚の表面よりもちびっと内側の部分をええまんねん。この皮膚ガンも有棘細胞ガンと同じく、顔に症状が出やすいため、の種類その2・基底細胞ガンの症状・症例この皮膚ガンにかかると、顔の中でも特に、鼻の周囲にデキモノが現れるゆう特徴がおます。このほくろのようなデキモノが次第に大きくなり、潰瘍となるちうワケや。この皮膚ガンも有棘細胞ガンと同じく、手術によって患部を取り除きまんねん。せやけどダンさん、顔面には他にも重要な器官が集中してんため、治療の際にはエライ高度な技術を必要としまっせ。皮膚ガンの種類その3・ページェット病
この皮膚ガンは太ももにできることが多いのやけど、それ以外では乳ガンになる場合もおます。この皮膚ガンはリンパのねきにできることが多いため、他の部位に転移しやすく、更なる重い症状をもたらすことがおます。皮膚ガンの種類その3・ページェット病の症状・症例この皮膚ガンは、デキモノが赤や白の斑点として現れはります。またこの斑点が、大きくなりよったり盛り上がったりし、リンパへ転移すると様々な合併症をもたらします皮膚ガンの種類その3・ページェット病の治療この皮膚ガンも他の二つのがんと同じく、手術による治療をほどこしまっせ。せやけどダンさん、有棘細胞ガン同様、患者が手術に耐えられへんと病院側が判断した場合には、放射線治療による治療を試みまんねん。皮膚ガンのデキモノは色が黒いために、ほくろとよう似とるちう特徴がおます。せやけどダンさん皮膚ガンのデキモノはほくろとは違い、徐々に形が大きくなりよったり、皮膚から盛り上がってくるゆう特徴があるため、簡単にほくろと区別するっちうことができまんねん。皮膚ガンの写真・画像を見比べる皮膚ガンのデキモノとほくろの区別がどないしたかて付きづらい場合もあるでっしゃろ。そないな時には、インターネット上で公開されとる皮膚ガンのデキモノの写真や画像を検索して、オノレのもんと比べんのもひとつの方法や。皮膚ガンと紫外線皮膚ガンの原因は、強い紫外線による日焼けが主なもんと考えられとりまんねん。現在地球上は、地球温暖化の影響でオゾン層がどんどん薄くなっとるため、紫外線の強さがよりどエライ昔よりもつよなっとりまんねん。そのため皮膚ガンにかかる患者は、近い将来飛躍的に増加するやろと考えられとりまんねん。皮膚ガンと皮膚科の病院皮膚ガンの治療は、総合病院や皮膚科の病院で行われはります。皮膚科での治療は主に、手術によって皮膚ガンのデキモノを取り除くことや。せやけどダンさん、皮膚ガンにかかるんは高齢者が多いゆう特徴がおます。そやから、体力的な面を考慮し手術はなるべく避け、放射線治療やらなんやらの内科的治療をほどこす皮膚科や総合病院が多いのが現実や。皮膚ガンと犬犬も人間と同じく、皮膚ガンにかかることがおます。犬は外で飼われとることが多いため、紫外線にさらされる時間も多いためや。また犬が皮膚ガンにかかる場合、人間同様年齢の高い、高齢犬がかかりやすいゆう特徴がおます。もし皆はんの飼うておる犬にキテレツなデキモノができとったら、油断せんと病院へ連れて行きまひょ。皮膚ガンの豆知識:ほくろが足の裏にある場合ほくろは通常やと、足の裏にはあんまりでけしまへん。そやから、足の裏にあるほくろには、ちびっと用心をしたほうがよいでっしゃろ。足の裏にあるほくろを、すぐに皮膚ガンと結びつけるわけにはいきまへんが、足の裏は刺激の多い箇所や。もし、皮膚ガンやとしたら、進行がはよなる可能性もおます。もし足の裏のほくろが大きなるやらなんやらの症状があったら、皮膚科に相談するんがベストや。皮膚ガンを未然に予防しよう皮膚ガンを未然に予防するには、紫外線に気をつけるのが最も重要や。きょうびの天気予報では、通常の天気情報に加えて、紫外線情報も教えてくれはります。紫外線が強い日には日傘を持って出かけるやらなんやらの地道な対策が、皮膚ガンの予防には最も効果を発揮しまっせ。 皮膚がんとは、皮膚の組織に悪性細胞(がん)ができる病気である。皮膚は、表面に近いところから表皮、真皮、皮下組織の3つの部分に大きく分かれる。さらに表皮はいくつかの層に分かれ、表面に近い部分から順に、角質層、顆粒層、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層と呼ぶ。皮膚がんはこの中でも、基底層と有棘層に多く発生、これらは非メラノーマ皮膚がんと呼ぶ。また、メラノーマ(悪性黒色腫)と呼ばれる皮膚がんがあり、これはメラノサイトという皮膚に色調を与える細胞に悪性細胞が認められる病気で、悪性度が高い。
皮膚がんは、顔、頸部、手部、腕など日光にさらされる皮膚に最も多く生じる。これは、紫外線が細胞の遺伝子を傷つけてがん化させるためで、紫外線を長期にわたって大量に浴びた人の皮膚には、有棘細胞がんの始まりである日光角化症(老人性角化症)がしばしば生じる。皮膚がんの   予防には、一にも二にも、紫外線対策が大切である。
治療は、手術療法、放射線療法、化学療法、皮膚癌は、悪性黒色腫とそれ以外の非悪性黒色腫皮膚癌に大別される。悪性黒色腫は悪性度が高くかつ比較的放射線感受性が低い腫瘍として知られ、その治療原則は切除断端を完全に陰性にする手術であり、眼科領域を除いて放射線治   療が原発巣に対して行われることはほとんどない。放射線治療はに対する姑息的治療が主として行われ、一部の施設でリンパ節転移に対する予防照射や術後照射が行われているにすぎない。 一方後者の代表である基底細胞癌・有棘細胞癌(扁平上皮癌)は放射線感受性が高く、その根治的治療には手術療法と放射線治療があり、ともに良好な局所制御率が得られる。一般的には手術療法が優先されるが、頭頸部領域に出現した皮膚癌、とりわけ鼻、耳、眼窩近傍の領域では形態と機能の温存が可能な放射線治療が第一選択となることが多い。この場合の局所制   御率は手術療法に比較しても遜色なく、組織欠損なく癌周囲の正常組織が温存されるため、美容効果や機能保存において手術よりも優れていることが放射線治療の大きな利点となる。また、鼻近傍と耳近傍の胎生学的に融合した部位に出現する皮膚癌は深く広範囲に浸潤しやすいために、これらの部位に発生した皮膚癌には放射線治療が根治的にまたは術後照射として用いられている。I期およびII期(T2N0)病変に対しては電子線や50200KVの低エネルギーX線による根治的放射線治療が行われる。II期(T3N0)で5cm以上の病変やIII期症例には手術療法   が選択され、不完全切除の場合には放射線治療が追加される。また合併症のため手術が不可能な場合には、これらに対しても根治的放射線治療が行われる。IV期症例は姑息的照射となる。領域リンパ節に対する予防照射が施行されることはない。術後照射は一般に断端陽性、リンパ節の被膜浸潤、神経周囲浸潤、骨や軟骨への浸潤、広範な骨格筋への浸潤が認められた場合に行われている。禁忌は、稀な病態であるが照射野内の誘発二次癌が多い色素性乾皮症(xeroderma pigmentosum)および疣贅状表皮発育異常症



epidermodysplasia verruciformis)である。 期の原発巣には根治切除が行なわれるため、放射線治療が施行されることはない。IV期は手術不能例あるいは不完全切除後に姑息的照射が行われることがある。ただし例外的に、手術では大きな欠損を生じる腫瘤径の大きな悪性黒子型黒腫



に対して放射線治療が行われることがある
1)。リンパ節に対する予防照射や術後照射は適応に関して議論のあるところであるが、病期IIIIIに対して施行する施設もある2)。骨転移や脳転移に対しては姑息的照射が一般的に行われている。 GTV視診・触診あるいはCT等の画像診断で認められる原発巣CTVGTV周囲0.5〜2cmの領域(病理組織と原発巣の大きさに依存)



PTV
CTVに加え使用する放射線の特性を考慮した領域cm未満の基底細胞癌は腫瘍辺縁部から0.51.0 cmのマージン、2cm以上の基底細胞癌や有棘細胞癌(扁平上皮癌)には1.02.0cmのマージンをとった照射野を設定する。電子線または50200KVの低エネルギーX線を用いて一門照射を行う。線量評価は、電子線では表面ボーラスからPTVを含む90%等線量曲線で規定する。図1に頭頸部皮膚扁平上皮癌に対する照射野の例を示す。図1.頭頸部皮膚扁平上皮癌に対する照射野の例この扁平上皮癌の肉眼的腫瘍の大きさは4.5cm径で、CTによる部



方向の厚みは
1.5cmである。臨床標的体積として、側方向に2cm、深部方向に1.0cm見積もり、電子線の特性を考慮すると、電子線のコーンの大きさは7.5cm径となる。表面線量を上げるため0.5cmのボーラスをおくと、深部方向は3cmの厚みが治療域となり、選択するエネルギーは 90 depth dose から12MeVとなる。治療
外科的な切除手術が中心
 治療の主体となるのは、病変の切除手術です。がんが進行している場合には、抗がん剤による
化学療法や放射線の照射が併用されることもあります。
・表皮内がん

胃がん全摘出


日光角化症では、患部の0.3〜0.5cm外側まで、表皮と真皮を切除します。病変が小さい
場合には、マイナス180〜190℃の液体窒素を吹きつけてがん細胞を死滅させる凍結療法や、

胃がん全摘出


抗がん剤の軟膏を塗ってポリエチレンラップで密閉する密封包帯法が行われることもあります。
凍結療法は外科的手術に比べて肉体的な負担が少なく、高齢者にも適しています。

胃がん全摘出


ボーエン病の場合は、患部の周囲を皮下組織も含めて0.5〜1cmほど切除します。
密封包帯法が適応されることもあります。

胃がん全摘出


乳房パジェット病では、早期の乳がんと同じ治療法が適応されます。乳房全体を切除する
ケースと、病変部だけを切除して乳房を温存する方法があります。乳房外パジェット病では、


胃がん全摘出

がん細胞が見た目よりも広い範囲に広がっていることが多いので、切除範囲は患部の周囲
3〜5cm、深さは皮下組織に及びます。進行がんになっている場合は、放射線療法が

胃がん全摘出


行われることもあります。
表皮内がんの段階で治療をすれば、ほとんどが完治します。5年生存率もほぼ100%です。


胃がん全摘出

・有きょく細胞がん
T〜V期の治療では外科的な切除手術が中心です。有きょく細胞がんには放射線が

胃がん全摘出


ある程度効くので、U期以降に併用されることがあります。
T期では、患部の周囲1〜2cmの表皮、真皮、皮下組織の切除が行われ、5年生存率は



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。