胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

スキルス 胃がん 闘病記

スキルス胃がん闘病記

のコーンの大きさは7.5cm径となる。表面線量を上げるため0.5cmのボーラスをおくと、深部方向は3cmの厚みが治療域となり、選択するエネルギーは 90 depth dose から12MeVとなる。 欧米では表在放射線治療装置(50100KV X線)、深部X線治療装置(〜200KV)が皮膚癌の治療によく用いられているが、我が国はこういった低エネルギーのX線装置を保有する施設はほとんどなく、専ら直線加速器から得られる高エネルギー電子線、またはX線、あるいは60Co γ線が使用されている。低エネルギーX線と電子線による皮膚癌治療成績の比較では差異は認められていない3)。電子線を用いる場合には、腫瘍の厚みに応じて適切なエネルギーを選択することが最も重要である。皮膚癌には一般的に4〜12MeVのエネルギーが使用される。有効照射領域は最大吸収線量の90%までとするが、低い電子線エネルギーではビルドアップのため皮膚表面の線量が低下するため皮膚表面に密着したボーラスを必要とすることが多い。ボーラスは組織等価物質で作成され、Superflab、パラフィンワックス、ポリスチレン、ルサイト等を用いるが、簡便のため水に浸したガーゼを代用することもある。ボーラスの厚みは、使用するエネルギーや照射野の大きさにもよるが、通常0.51.0cm程度である。たとえば8MeVの電子線で、照射野が10cm×10cm0.55cmのボーラスを使用すれば、表面線量は90%であり、ボーラス表面から90depth1.65cmとなり、これが治療域となる。また、電子線は中心軸線量に比べて辺縁線量が低下するので、このことを考慮して適切な照射野を設定する必要がある。 電子線を用いる場合、正常皮膚やリスク臓器を防護するため、あるいは照射野外側の半影を考慮して、照射野の形状にあわせて切り抜いた鉛板を照射すべき皮膚の上に置くことがある。鉛の厚さは透過線量が5%以下になるように、使用する電子線のエネルギーによって適切なものを選択する必要がある。一般的には使用するエネルギーの1/2mm程度の厚み、すなわち8MeVでは4mmの厚みの鉛板を使用する。また眼瞼や頬粘膜など内部に挿入する場合、すなわち電子線の飛程の途中に置くと鉛板の後方では電子線の後方散乱によって線量が増加するので、低い原子番号の物質で鉛板表面を覆って後方散乱線を除去する必要がある。 高エネルギーX線や60Co γ線は、大きい腫瘍で深部に進展がみられるか、または骨や軟骨に浸潤している症例に用いる。施設によっては、密封小線源を用いたモールド治療や組織内照射が単独であるいはブーストとして使用されているが、最近ではその使用頻度は減少している。 - 線量分割基底細胞癌・有棘細胞癌には、施設によってさまざまな線量・分割法が用いられ、標準的な線量・分割法はない。一般に小さな腫瘍に対しては1回線量を大きくし分割回数を少なくするのに対し、大きな腫瘍では1回線量を小さくし分割回数を多くしている。また同じ総線量であれば分割回数が多いほど、美容的に良好な結果が得られている。線量や分割は腫瘍の大きさや発生部位にもよるが、40Gy10回/2週、45Gy15回/3週、50Gy20回/4週等がよく用いられる。また、リスク臓器に隣接した大きな腫瘍に対しては、6070Gy3035回/6〜7週も行われている。なお、全身状態が不良な場合には、20Gy/1回/1日、32Gy/4回/1週の照射スケジュールでも治療は可能である。術後照射は1回線量2Gyで、5060Gy2530回/5〜6週を照射する。 悪性黒色腫の至適線量に関しては議論のあるところであるが、類しきい線量(Dq)が大であり、このことは亜致死障害からの回復が大きいことを示すことより、大線量小分割法が使用されることが多い。腫瘍床や転移リンパ節に対しては1回3.03.5Gy、週3回で総線量5055Gy、または1回6Gy、週2回で総線量30Gyが用いられる。骨転移には20Gy/4回/4日や30Gy 10回/2週、脳転移には30Gy10回/2週が一般的な照射スケジュールである。 皮膚がんでメラノーマという言葉を聞くが、メラノーマとは悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)と呼ばれている。いわば悪性腫瘍を指している。この皮膚の変化に関しては、紫外線との関係が指摘されています。皮膚がんと言ってもいろいろあるが、皮膚に生じた悪性の新生物すべてを含んだ総称として使われている。がんという言葉には、良性のもの悪性のものが入るのだが、一般的な使われ方としてはがんイコール悪性ととらえている。その流れで考えると、皮膚がんイコール悪性イコールメラノーマと考えられているが、医学的にはその公式は正しいものではない。紫外線とがんとの関係は指摘されているが、紫外線にもいくつかありそのうちUV-Bというタイプに発がん性があると考えられている。この紫外線の影響で発がんするのは、一般的には高齢になってからとなり、かつ肌を露出し紫外線に当たっている部分のみに発がんするというケースが多く見られている。これにより、日焼けをする紫外線を浴び続け長い年月をかけて発がんするというように考えられている。- 併用療法基底細胞癌・有棘細胞癌の根治的放射線治療に化学療法を併用することはない。手術例では大きな病巣に対して導入化学療法や術後に化学療法を併用することがある。 悪性黒色腫に対しては術後補助療法として、フェロン療法やDAVFeron療法(ダカルバジン、ニムスチン、ビンクリスチン、インターフェロン−β)が施行されているが、放射線を推奨したプロトコールはない。 基底細胞癌・有棘細胞癌(扁平上皮癌)は局所制御率が高い。5年局所制御率はT1290%以上、T36080%、T45065%と報告されている4) 5) 悪性黒色腫に対する放射線治療は基本的に姑息照射であるが、放射線治療単独で5年局所制御率86%との報告もある1) 6.合併症急性期合併症:照射期間中・直後には紅斑、色素沈着、乾性落屑がみられる。さらに、水泡、びらん、潰瘍といった湿性落屑も時に散見するが、これらは1回線量、総線量、照射野の大きさ、照射期間に依存し、その頻度は5〜50%と幅広い。 皮膚がんとほくろの関係性でほくろはがんなのか?と質問があれば、結論から言うとイエスという答えになります。その理由としては、皮膚がんが発症する要因として、紫外線を浴びメラニン色素帯びて黒くなるメラニン細胞(メラノサイト)が元になっています。ほくろの成分を見ていくとこのメラニン細胞(メラノサイト)の塊と考えることができるのです。ここだけ聞くと、多くの人にほくろがありそれは大丈夫なのかということになると思います。ほくろは皮膚がんの仲間というか、皮膚がんの一つの種類という考え方になります。WHOの分け方では、両性の主要という見方をしてますし実際にそれほど敏感になることではないのです。しかし、問題はこのほくろとメラノーマとよばれる悪性黒色腫との識別が非常に困難であるということです。とくに初期の症状ではほぼわからないのが現実です。今まで気づかない所に、気になるほくろができていた時には自己判断ではなく迷わず病院で適切な対応を考えましょう。結果としてほくろとわかれば安心ですから。ほくろ除去を始める前に、ほくろが出来る原因について調べてみました。ほくろの原因は母斑細胞と呼ばれるメラニン色素を産出する細胞が、皮膚の深い所に多数集まる事によっておこります。ほくろは「黒子」と呼び、医学的には「色素性母斑」といいます。生まれたばかりの赤ちゃんにはほくろはありませんので、大人のようにほくろ除去の必要性はないでしょう。 ほくろの出来やすさは、体質が関与している場合があります。皮膚癌との区別が重要で、できている箇所によっては、ほくろ除去をしなくてはならない場合があります。手や腕、足、お腹や背中、顔など、人によってほくろ除去する箇所は異なるようです。最近はほくろ除去をして気になる箇所の悩みを解消しているひとが増えているようです。 ほくろ除去の必要性は、単に気になる箇所だからでは、すまされない問題が潜んでいる場合もあります。紫外線などによってメラノサイトが刺激されメラニンが多量に作られた結果、皮膚(ほくろ)に異常をおこし、メラノーマ(癌)が見つかることもあります。よって、ほくろ除去で皮膚の回復をはかる場合もありほくろ除去は、近年さまざまな皮膚科やクリニックで行われているようです。なかには自分自身でほくろを除去できる製品も市場に発売されております。皮膚癌と一口にいっても様々ですが、頻度の高い皮膚癌として有棘(ゆうきょく)細胞癌、基底細胞癌、悪性黒色腫があります。皮膚癌が他の癌と大きく違うことは視る診察で多くの場合診断が可能であるということです。ですから原則的には早期に発見して適切な治療が可能です。高齢になりますと、様々な皮膚のできもの(腫瘍)ができやすくなります。多くのものは良性ですが、なかには悪性のものがあります。皮膚には毛や汗、メラニンなどさまざまな細胞成分があるので、皮膚のできものの見た目も非常に多様になります。一般の人が判断する基準を書く
は非常に難しいので、じゅくじゅくしてきたり、盛り上がってきて、何か変だなと思ったらまず皮膚科に相談するのがよいと思います。皮膚癌の予防でもっとも大切なものは太陽光線に含まれる紫外線対策です。黄色人種は白人よりも紫外線に強いのですが、それでも過度の紫外線暴露を避けるように若いときから注意することが大切です。特に高齢者の日光にあたるところによくみられる日光角化症と呼ばれる、癌の前触れの病変は紫外線との関連が深いといわれています。サンスクリーンや帽子などを上手に活用しましょう。また熱傷(やけど)や放射線照射部位にも皮膚癌ができやすいことが知られています。 皮膚癌の予防でもっとも大切なものは太陽光線に含まれる紫外線対策です。黄色人種は白人よりも紫外線に強いのですが、それでも過度の紫外線暴露を避けるように若いときから注意することが大切です。特に高齢者の日光にあたるところによくみられる日光角化症と呼ばれる、癌の前触れの病変は紫外線との関連が深いといわれています。サンスクリーンや帽子などを上手に活用しましょう。また熱傷(やけど)や放射線照射部位にも皮膚癌ができやすいことが知られています。皮膚ガンの診断皮膚癌の診断のための検査で特に有用なのは病理組織検査です。局所麻酔をしてできものの一部を採取して標本を作成し、顕微鏡でみる検査です。適応となる皮膚癌や採取する場所を十分考慮して検査が行われます。また最近ではダーモスコープと呼ばれる特殊な拡大鏡があり、診断の精度が向上してきました。いずれにしろ、皮膚癌は様々な見た目をとり、種類も多いので視る診察が基本であり、重要です。皮膚ガンの治療
 皮膚癌の治療は原則的には手術療法が選択されます。手術の方法は腫瘍の性質、大きさ、部位などを総合的に考慮して行われますが、皮膚のなくなったところを補充するために植皮術(皮膚を他のところからもってくる)が行われることもあります。高齢者の場合は皮膚癌の種類や患者さんの状態によっては手術以外の治療が選択できることもあります。皮膚癌の性質をよく見極めて治療をするようになってきています。 皮膚癌は予防と早期発見が重要なことは他の癌と変わりありません。早期発見がしやすいので、発見が遅れて後悔することのないようにしたいものです。ほくろ除去の方法について色々な情報を紹介しています。現在の最新のほくろ除去法は、クリニックでの医療レーザーメスによるほくろの切断施術です。痛みもなく縫合施術もないので皮膚に優しい方法です。癌というととてもこわい病気のように思われますが、皮膚癌は早期に治療すれば決してこわい病気ではありません。しかしながら、人口の高齢化や環境の変化の伴い皮膚癌は徐々に増加にており、すべての癌のうちで皮膚癌が最も発生率が高い国(白人の場合)もあります。恐れる必要はありませんが、気になるようなことがあれば皮膚科を受診してください。足の裏のほくろはこわいとよくいわれます。悪性黒色腫には表在拡大型、悪性黒子型、末端黒子型、結節型などの病型がありますが、それぞれの発生頻度は人種により異なります。日本人では30%以上が足底にできる末端黒子型です。なぜ、体表面積の数%にすぎない足底の悪性黒色腫が集中してできるのかよくわかっていません。白人の末端黒子型の発生頻度は3%ぐらいですので、いまのところ人種による差という以外にありません。いずれにしても我々日本人は足底に悪性黒色腫はよく発生するため、足の裏のほくろはこわいといわれるようになったのだと思います。最近はまずダーモスコピーという装置を使って検査をするようになっています。
 陰部の湿疹様病変 陰部にはよく湿疹や真菌(カビ)あるいは細菌感染による皮膚病がよくみられます。しかしまれにページェット病といわれる皮膚癌が発生し、その症状も湿疹様病変であるためみただけでは診断ができないこともあります。陰部から肛門にかけての湿疹様病変が治らず拡大してくるようであれば、皮膚科を受診してください。前癌状態カポジ肉腫を発症する人はいくつかのグループに分かれており、グループごとに症状や進行が異なります。それぞれ、高齢の男性で主に地中海系あるいはユダヤ系の人、アフリカの一部地方出身の小児と若い男性、臓器移植後に免疫抑制薬の投与を受けている人、エイズ患者(米国ではカポジ肉腫を発症する人のほとんどはエイズ患者)です。症状高齢の男性では、カポジ肉腫は紫色や濃い茶色の、単独のしみ(斑点)としてつま先や脚にできます。この癌は数センチメートルからそれ以上まで大きくなり、色は濃くなってその部分は平らか、わずかに盛り上がり、出血しやすくなって潰瘍化します。脚にはそのほかにも同様のしみがいくつか現れることがありますが、カポジ肉腫はほとんど転移せず、命にかかわることはほとんどありません。その他のグループの人々では、カポジ肉腫はもっと悪性です。皮膚に現れるしみは高齢男性の場合と似ていますが、もっと数が多く、体中どこにでもできます。これらのしみは数カ月以内に体の他の部位に広がりますが、口の中にできることも多く、そうなるとものを食べる際に痛みます。この腫瘍はリンパ節や内臓にもできます。特に消化管にはできやすく、この場合下痢と出血を引き起こし、便に血が混じるようになります。診断と治療カポジ肉腫は外見で区別できます。通常は、診断を確定するための生検を行います。高齢の男性で、成長の遅いカポジ肉腫が12個できているような場合は、手術または凍結させて取り除きます。しみがたくさんできている場合は放射線療法を行います。しみの数が少なく、他の症状がまったく出ていない場合は、症状が広がるまでは治療を受けないという選択もあります。悪性のカポジ肉腫患者で体の免疫システムが正常な場合は、インターフェロン‐アルファや化学療法薬を使うと効果が得られます。免疫抑制薬の投与を受けている人の場合、これを中止すると腫瘍が消えることがあります。免疫抑制薬による治療を継続しなければならない患者の場合、化学療法と放射線療法を行います。しかし、免疫システムが正常な人の場合に比べ、これらの治療の効果は芳しくありません。エイズ患者の場合、化学療法や放射線療法の効果はあまりありません。エイズ治療薬による集中治療で本人の免疫システムの機能が改善された場皮膚がんとは、表皮細胞と真皮・皮下組織にある皮膚付属器の細胞が悪性化したものを総称しています。皮膚癌にはたくさんの種類がありますが、基本的には大量の紫外線の蓄積や放射線の影響によって発生します。皮膚がんの予防には、子供の頃から過度の日焼けをしないことが大事です。日光が強い時間帯は帽子を被ったり日傘をさすなどして、できるだけ紫外線を避けるようにしてください。いぼやほくろのような症状が皮膚にあれば、その大きさ・色・状態に変化がないか注意しましょう。そして気になった時はすぐに専門医のいる病院で検診してもらい、早期発見に努めましょう。
皮膚がんの治療法には外科療法・凍結療法・放射線治療・化学療法があります。また、これらを組み合わせて効果を高める集学的治療も行います。どの治療法を選択するかのは皮膚癌のタイプによって変わります。合は、良い結果が得られます。一般的に、カポジ肉腫の治療を行っても、エイズ患者の延命効果は期待できません。皮膚がんの中でも頻度が高いのが基底細胞がんと有棘細胞がんです。ヒトの皮膚は外側から表皮・真皮・皮下組織の3つに分けられますが、基底細胞がんは表皮の最下層である基底層や毛包の細胞から発生します。原因としては長期間の紫外線の浴びすぎが考えられます。患者の約半分は70歳以上が占めるなど、高齢者になるほどはっきりと増加する傾向にあります。基底細胞がんの進行はとても遅いですが、適切な治療を施さなければ徐々に骨や筋肉へも拡がってきます。ただ、他の臓器への転移はめったにはありません。初期症状には鼻やまぶた、耳の周りにほくろに似た黒色の小さなオデキができます。何年かかかって少しづつ大きくなり、真ん中が陥没し、まわりが堤防状に盛り上がった黒いオデキがいくつも並びます。
皮膚がんのひとつである有棘(きょく)細胞がんは、表皮の中間層である有棘層の細胞にできる癌のことです。原因は紫外線の影響が最も大きいと考えられますが、最近ではヒト乳頭腫ウイルスとの関連性が指摘されるようになりました。高齢者になるほど増加し、男性の割合が女性に比べ1.6倍ほど大きくなります。初期症状としては、かさかさした5mmくらいの皮膚の盛り上がりができます。これがさらに大きくなるとカリフラワー型の赤い腫瘍になったり、膿がでて嫌な臭いを放つ場合もあります。有棘細胞がんは基底細胞がんと違い、肝臓や肺に転移することもあります。また早くから骨や筋肉に浸潤する傾向があります。
皮膚がんの中では悪性度が高く、ホクロの癌として知られているのが悪性黒色腫(メラノーマ)です。足裏にできることが最も多く、体幹・顔面・爪などが続きます。若い世代でも発生しますが、他の皮膚がんと一緒で70歳以上の患者さんが特に多くなっています。非常に転移しやすく、腫瘍にメスを入れることは危険を伴うので、深さを確認した上で拡大切除をする必要があります。手術以外では化学療法・免疫療法を組み合わせて治療をしていきます。皮膚がんは、ほくろやいぼと間違いやすいですが、皮膚に発生する悪性の腫瘍ですから、注意が必要です。いろいろなタイプがあり、総称して皮膚がんと呼ばれています。皮膚の細胞ががんと化したもので、皮膚の表面が大きく隆起したり増殖したりします。人間の場合急速にほくろやイボが大きくなったりするなど、皮膚の違和感で早期発見および治療することができます。
ところが最近ペットでも多く発症するようになり、その場合は飼い主が日ごろから気をつけていなければなりません。特に、メラノーマ(悪性黒色腫)は進行が早いので、早期発見と治療が大切になります。 環境問題は人間ばかりではなくペットの健康にも影響を与えているようです。オゾン層の破壊による紫外線の増加や、水質汚染などを含め、皮膚がんだけではなく、犬や猫をはじめペットもがんになる可能性を秘めた環境に生活しているのは事実です。もしあなたのペットが少しでもおかしいと感じたら早めに検査しましょう。 がほとんどです。前者は予後が最悪とされており、後者は転移が早いことで知られています。20代から60代と幅広く発症が確認されています。
ここのところ問題になっているのは、女性の足の裏にできる悪性黒色腫です。前癌病変が長くて病巣を形作り、浸潤が早いという特徴があります。この症状は、黒いほくろ状の色素沈着となります。皮膚の表面からもりあがり、60%以上が、前からあった色素斑(ほくろのようなもの)が急速に大きくな
り、色が変わってきたものです。ほおっておいたら大変なことになりますが、小さな癌のうちに発見できれば5年生存率は90%を超えます。何か異変に気づいたら、すぐに専門医に受診してください。 通常ほくろと呼ばれるものは色素性母斑(しきそせいぼはん) となります。母斑というのは、皮膚の先天的奇形です。異常を示す細胞の種類によってさまざまな種類に分けられれます。ほくろは、メラニンをつくる色素細胞の異常でおこった母斑の一種です。この母斑のなかには、色素性母斑のほか
に、蒙古斑(もうこはん)や太田母斑(おおたぼはん)、また扁平母斑(へんぺいぼはん)などがあります。 ほくろというのは、実は先天性と後天性のものがあります。
「先天性色素母斑」
生まれたときからあるものです。大型で濃い毛がはえています。
「後天性色素母斑」
2〜3歳頃から数がふえていき、なかには生涯ずっと増え続ける人もいます。大きさは直径6〜7mm以下です。ドーム状の隆起で褐色または黒色です。
ほくろをはじめ母斑についての多くは治療の必要はありません。美容上の理由から精神的外傷を避けるために皮膚を器械でうすく削って色を薄くする方

スキルス胃がん闘病記

法や化粧品によって隠す方法、ドライアイス圧抵法によるレーザー治療が行われることがあります。
ですが注意すべきほくろがあります。それは「黒色腫(こくようしゅ)」です。半年以内で鉛筆の太さ以上(直径7mm以上)になるなど急速に大きくなった

スキルス胃がん闘病記

りした場合や、黒い色が染み出したようにみえるほくろやしみには注意が必要です。なぜならこれは癌である可能性が高いからです。これを放置する
と、身体中に転移してしまうというリスクがともないます。とはいえ、早期発見ができたならば手術で完全に治すことのできる癌です。

スキルス胃がん闘病記

および疣贅状表皮発育異常症である。
悪性黒色腫:I〜III期の原発巣には根治切除が行なわれるため、放射線治療が施行されることはない。IV期は手術不能例あるいは不完全切除後に姑息的照射が行われることがある。ただし例外的に、手術では大きな欠損を生じる腫瘤径の大きな悪性黒子型黒色腫に対して放射線治療が行われることがある1)。リンパ節に対する予防照射や術後照


スキルス胃がん闘病記

射は適応に関して議論のあるところであるが、病期
IIIIIに対して施行する施設もある2)。骨転移や脳転移に対しては姑息的照射が一般的に行われている。 や脳転移に対する姑息的治療が主として行われ、一部の施設でリンパ節転移に対する予防照射や術後照射が行われているにすぎない。 一方後者の代表である基底細胞癌・有棘細胞癌(扁平上皮


スキルス胃がん闘病記

癌)は放射線感受性が高く、その根治的治療には手術療法と放射線治療があり、ともに良好な局所制御率が得られる。一般的には手術療法が優先されるが、頭頸部領域に出現した皮膚癌、とりわけ鼻、耳、眼窩近傍の領域では形態と機能の温存が可能な放射線治療が第一選択となることが多い。この場合の局所制御率は手術療法に比較しても遜色なく、組織欠損なく癌周囲の正常組織


スキルス胃がん闘病記

が温存されるため、美容効果や機
GTV視診・触診あるいはCT等の画像診断で認められる原発巣
CTV
GTV周囲0.5〜2cmの領域(病理組織と原発巣の大きさに依存)


スキルス胃がん闘病記

cm未満の基底細胞癌は腫瘍辺縁部から0.51.0 cmのマージン、2cm以上の基底細胞癌や有棘細胞癌(扁平上皮癌)には1.02.0cmのマージンをとった照射野を設定する。電子線または50200KVの低エネルギーX線を用いて一門照射を行う。線量評価は、電子線では表面ボーラスからPTVを含む90%等線量曲線で規定する。図1に頭頸部皮膚扁平上皮癌に対する照射野の例を


スキルス胃がん闘病記

示す。
PTVCTVに加え使用する放射線の特性を考慮した領域 図1.頭頸部皮膚扁平上皮癌に対する照射野の例この扁平上皮癌の肉眼的腫瘍の大きさは4.5cm径で、CTによる深部方向の厚みは1.5cmである。臨床標的体積として、側方向に2cm、深部方向に1.0cm見積もり、電子線の特性を考慮すると、電子線


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。