胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 末期

胃がん末期

。男性では時に手足の力がぬけて動けなくなることがあります。学生や学童では集中力が落ち、成績が目立って低下してきます。バセドウ病では目が飛び出てくるというのが有名ですが、実際はバセドウ病の半数くらいにしか見られない徴候です。2.診断と治療血液検査で甲状腺ホルモンの過剰とともに、バセドウ病の自己抗体(TSHレセプター(刺激)抗体(TRAb(TSAb)))が陽性なら診断は間違いありません。
これらの値を指標に治療を進めていきます。バセドウ病以外の甲状腺機能亢進症との鑑別のため、シンチグラフィの検査を行う場合もあります。バセドウ病の治療法には薬による治療、手術、アイソトープ(131I)の放射能による治療の3通りがあり、日本では薬による治療が中心です。状況に応じてうまく使い分けていきますが、完璧に治すのは難しいこともあり、うまく病気とつきあっていくことが大切です。 薬による治療 バセドウ病の薬(メルカゾ-ルまたはチウラジール(プロパジ-))には、甲状腺ホルモンを下げる働きに加えて、バセドウ病の原因となる自己抗体をも徐々に消してくれる作用があります。
完全にバセドウ病の原因まで治せる可能性があるのは薬による治療法だけです。しかし、そのように薬が効く人でも少なくとも3~5年間、根気強く上手に薬を飲む必要があります。たいていの場合、2~3ヶ月で甲状腺機能亢進の症状はよくなるのですが、そこで勝手に薬を止めてしまったりすると治るものも治りません。妊娠中も薬を飲みつづけてかまいません。むしろきちんと飲んで、甲状腺機能を正常に保つことが重要です。薬ではどうしてもうまくホルモンが調節できない場合、副作用(発疹、肝機能障害、白血球減少)で薬が飲めない場合、何としても早く治したいという場合には他の治療法を選びます。3.手術過剰にホルモンを分泌する甲状腺のボリュームを手術で減らしてしまおうというもので、以前は治療の一番手でした。切除する甲状腺の量の加減が難しく、手術後ホルモン不足になったり、次第にホルモン過剰に戻ってしまったりすることがありますが、少なくとも手術前よりホルモンの調節は楽になるはずです。アイソトープ治療放射性ヨードのカプセルを飲む治療法です。通常入院は必要ありません。
放射性ヨードの放射能により過剰の甲状腺をやっつけてしまう方法で、欧米では治療の一番手です。10~20年たつと、甲状腺ホルモン不足になっていくことが多いことと、妊娠の可能性のある若い女性には使いにくい難点があります。
バセドウ病も橋本病と同じく自己免疫疾患です。
橋本病だと自己抗体により甲状腺は炎症を起こして、働きが鈍ってしまいますが、バセドウ病では逆に自己抗体に刺激されて、機能が亢進します。現象としては正反対ですが、原因は近いため、実はバセドウ病の人の中に橋本病の体質(自己抗体)も持っているという人が少なくありません。バセドウ病が治ったら、今度は橋本病の状態があらわになってしまったなどということも時々起こります。バセドウ病クリーゼ(甲状腺中毒症)未治療のバセドウ病患者さんなどが強いストレス(手術など)を受けた場合、突然高度の甲状腺機能亢進症となり、高度の発熱、頻脈、不安興奮状態から昏睡に陥ることもあり、危険である。亜急性甲状腺炎かぜのような症状とともに、甲状腺に急に炎症が起こり、甲状腺の一部が腫れて痛み、甲状腺機能亢進症状(体重減少、発汗、頻脈、動悸、手指の震えなど)が出る病気です。
ほっておくと、時間とともに甲状腺の腫れと痛みが甲状腺内を移動し、3~6ヶ月間で自然に治まります。
甲状腺の腫れはごつごつとして硬く、甲状腺がんと間違われることもあるくらいです。超音波検査や細胞診を必要に応じて行います。血液検査では甲状腺ホルモンの過剰と血沈の亢進が特徴的です。甲状腺の痛みと甲状腺機能亢進症状はかなり辛いのですが、抗生物質や消炎鎮痛剤、バセドウ病の薬はほとんど効果がなく、ステロイド(プレドニン)が特効薬です。ステロイドというと副作用の心配をする人が多いですが、少量短期間投与(せいぜい2~3ヶ月)で充分な効果が得られるため、通常問題はありません。甲状腺が痛くなるのは…甲状腺に対する自己抗体(自分の甲状腺の細胞を外敵と間違って攻撃してしまう抗体(リンパ球))が原因で、甲状腺に慢性の炎症が起こり、甲状腺全体が腫れて硬くなり、次第に甲状腺ホルモンが不足してきます。
40~50
歳台の女性に多いようです。家族に甲状腺の病気(橋本病、バセドウ病、腺腫様甲状腺腫など)の方がいる人に多い傾向があります。原発性副甲状腺(上皮小体)機能亢進症1.副甲状腺と副甲状腺ホルモン 甲状腺に対する自己抗体(自分の甲状腺の細胞を外敵と間違って攻撃してしまう抗体(リンパ球))が原因で、甲状腺に慢性の炎症が起こり、甲状腺全体が腫れて硬くなり、次第に甲状腺ホルモンが不足してきます。
40~50
歳台の女性に多いようです。家族に甲状腺の病気(橋本病、バセドウ病、腺腫様甲状腺腫など)の方がいる人に多い傾向があります。骨吸収と骨形成人体内のカルシウムの99%は骨にあります。骨は丈夫で硬く、一度出来上がるとコンクリートのように変わらない印象がありますが、実は日々少しずつ、溶けては(骨吸収)新しく作られる(骨形成)という変化をしています。骨にPTHが働くことにより、骨吸収が促進され、血液中に骨のカルシウムがイオンとなって溶け出してきます。2.原発性副甲状腺機能亢進症とは 副甲状腺に異常が生じて、副甲状腺ホルモンが過剰になり、その結果血液中のカルシウムが異常に増加してくる病気が原発性副甲状腺機能亢進症です。
甲状腺の病気同様女性に多くみられます。ほとんどの場合、原因は不明ですが、一部遺伝性のものがあります。3つの症状、3つの病態原発性副甲状腺機能亢進症の症状病気の程度により、以下のような症状が出現することがあります。
最近では軽症で見つかることが多く、ほとんど自覚症状がない場合もありますが、治療して血中カルシウムが正常になると、体調が以前よりもぐっとよくなっていることに気がつくことが多いようです。骨の症状 過剰の副甲状腺ホルモンにより、骨が溶け(骨吸収>骨形成)、もろくなります。いわゆる骨粗しょう症の状態になり、骨折しやすくなります。腰痛や肩やひざなどの関節痛、骨のみのほか、背骨の圧迫骨折により背が縮んでしまう場合もあります。特に更年期以降の女性では大きな問題となります。腎臓の症状 血液中に過剰となったカルシウムは、腎臓を経て尿の中に溶け込んで外へ出されますが、このとき結石ができやすくなります(腎・尿管結石)。発作的な下腹部~側腹部痛、尿を生じます。腎機能が悪くなることもあります。腎・尿管結石を繰り返す場合には、一度原発性副甲状腺機能亢進症でないか調べたほうがよいと思います。その他の症状 血液中のカルシウム濃度が上がることにより、口、のどが渇きやすくなったり、尿の回数、量が増えます。
そのほか血液中に溶け込んだカルシウム(イオン)は、神経や筋肉、心臓、消化器の働きを調節していますので、その値が狂うことによって、色々な症状が出る場合があります。(筋肉痛、筋力低下、便秘、吐き気、嘔吐、食欲不振、疲労感、皮膚掻痒、記憶力低下、集中力低下、焦燥感、不安感、うつ、不眠などなど)
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、膵炎、胆石症になりやすくなるともいわれています。また、ごく稀ですが、原発性副甲状腺機能亢進症の人が脱水になったりして血液中のカルシウム濃度がさらに上昇すると、意識消失して生命が危険な状態に陥ることがあり(高カルシウム血症クリ-)、注意が必要です。原発性副甲状腺機能亢進症の原因原発性副甲状腺機能亢進症の原因となる副甲状腺の異常には3種類の病態があります。
ほとんどの場合は良性疾患である腺腫か過形成で、がんは稀です。腺腫 原発性副甲状腺機能亢進症の約85%。通常4個ある副甲状腺のうち1個だけに良性腫瘍の腺腫ができる。過形成 原発性副甲状腺機能亢進症の約10%。すべての副甲状腺に異常が起こる。がん 原発性副甲状腺機能亢進症の3~5%。触診でわかるほど副甲状腺が大きく、硬く腫れることが多く、著明な高カルシウム血症を呈し、臨床症状も強いのが普通。遺伝性である場合がほとんど。その場合、膵臓や脳下垂体の腫瘍を併発する場合がある(性内分泌腫瘍症1)4.原発性副甲状腺機能亢進症の診断血液検査により、血液中のカルシウムと副甲状腺ホルモンを測定することにより、原発性副甲状腺機能亢進症があるかないか診断することができます。
原発性副甲状腺機能亢進症があるとわかったら、次はどの場所にあるかを知るために、画像診断を行います。画像診断としては超音波およびシンチグラフィを行うことが多いです。場合によってはCTMRIなどの検査をすることもあります。
また、骨密度の測定や、骨レントゲン、腎臓超音波などを行うこともあります。5.原発性副甲状腺機能亢進症の治療原発性副甲状腺機能亢進症とわかれば、症状が軽くとも基本的には手術をお勧めしています。骨病変、腎病変はもとより、手術により様々な症状が改善する見込みがあるからです。手術の方法は病型により異なります。腺腫の手術通常、副甲状腺1腺の異常なので、その異常な副甲状腺を切除します。
他の副甲状腺に異常のないことを手術中に確認しておきます。まれに腫大した副甲状腺がどうしても見つからないことがあります。副甲状腺が首のずっと上の方にあったり、ずっと下の心臓の辺りにある場合があるためです。そのような場合いったん手術を止めて、改めて画像診断を行ったり、経過をみることにする場合があります(手術の成功率は97%)。腺腫が確実に切除されれば、まず再発することはありません。過形成の手術すべての副甲状腺に程度の差こそあれ異常がおきていますので、全腺を切除したうえで一部を首や手の筋肉内に戻す方法か、最小の腺の半分くらいをその場に残す方法を行います。
一部残した副甲状腺が枯死してしまうと、副甲状腺ホルモン不足となり、カルシウムとビタミンDを生涯補充しなければならなくなります。
一方、人によっては副甲状腺が飛び離れたところにあって見落とされたり、5個以上あったりする場合があるため、副甲状腺機能亢進症が持続したり再発してしまう例があります。がんの手術甲状腺など周囲の組織をつけてある程度広汎に切除します。リンパ節の郭清も行います。頸部のほか肺などに転移再発を起こすことがあり、5年生存率は60%程度といわれています。手術は普通、全身麻酔で行います。
腺腫の場合、異常腺がすぐ見つかれば手術はごく短時間で終わります(1時間以内)
手術の翌日から食事、歩行が可能です。骨病変の強い場合、術後に骨がカルシウムを欲しがる(ハングリーボーン)ため、血液中のカルシウムが下がって、手指がしびれることがあります。
そのような場合、しばらくカルシウムとビタミンDの薬を飲んでいただくことになります。甲状腺がんの分類と治療乳頭(にゅうとう)がん ろ胞がん 髄様(ずいよう)がん 悪性リンパ腫 未分化がん 乳頭がんとろ胞がんを合わせて「分化がん」と呼び、乳頭がんが甲状腺がん全体の約9095%、ろ胞がんが約5%と甲状腺がんのほとんどを占め、髄様がんは比較的まれな病気です。乳頭がん甲状腺がんの9割以上を占める最も一般的ながんです。男性よりも女性に圧倒的に多く、4060歳代でみつかることが多いですが、もっと若い年齢で発見されるケースもあります。頚部に結節状のしこりを触れる以外には特に症状はありません。進行は他の臓器のがんに比べ非常にゆっくりですが、リンパ節や肺などに転移がみられる場合もあります。治療は手術による切除が第一選択となります。手術で取りきれなかったり、再発・転移がみられる場合には、アイソトープ治療(放射線の内照射)をおこなうことがあります。これは、あらかじめ正常の甲状腺を切除したのち、残っている甲状腺組織(転移巣など)に選択的にとりこまれる大量の放射性ヨード(131I)を内服し、残存甲状腺組織(転移巣など)を破壊する治療法です。(バセドウ病に対するアイソトープ治療の場合は、甲状腺の切除はせず、がんの時よりも少量の放射性ヨードを使用し、甲状腺の機能を抑えます。)この治療のためには前処置と短期間の入院が必要です。他に、甲状腺ホルモン製剤の内服をおこなう場合もあります。ろ胞がん乳頭がんと同じく進行はゆっくりですが、手術前に診断がつきにくく、骨(特に脊椎骨)に転移しやすいという特徴があります。症状、治療のしかたや長期的な治療成績などは、乳頭がんと大差ありません。一般に甲状腺の分化がんは、他の部位のがんと比べ進行が非常に遅く予後がよいのが特徴です。髄様がん甲状腺がん全体の1〜2%を占める比較的珍しいがんで、甲状腺の C 細胞と呼ばれる細胞から発生し、カルシトニンや CEA という物質を分泌します。散発性のものと遺伝性のものがあり、後者は多発性内分泌腺腫瘍症「型(副腎の褐色細胞腫など複数の内分泌疾患を合併する)の一部分症であることがあります。転移することが比較的多く、治療としては手術がおこなわれます。また遺伝性の場合、遺伝子の検査や家系調査などが必要となってくることもあります。悪性リンパ腫悪性リンパ腫は、リンパ組織を構成する細胞成分の腫瘍性増殖により起こる疾患ですが、甲状腺に原発することはまれで、甲状腺がん全体の2%程度といわれていす。先に述べた慢性甲状腺炎(橋本病)の人に発生しやすく、以前からあったびまん性の甲状腺腫が急速に大きくなってきた時にこの疾患を疑います。治療としては放射線照射(外照射)と化学療法(抗がん剤)の併用がおこなわれ、比較的良好な結果が得られています。未分化がん甲状腺がん全体の2〜3%程度を占めるまれながんで、先に述べた分化がんが変化(「転化」といいます)して発生するものと考えられています。従って、以前からあった節性の甲状腺腫が急速に大きくなってきた時にこの疾患を疑います。分化がんと比較しやや高齢者(6070歳以上)に多く、発生に男女差はほとんどありません。分化がんとは逆に進行がきわめて速く、全身的な症状を伴ってくるのが特徴す。治療は化学療法(抗がん剤)と放射線照射(外照射)が中心で、従来有効な治療法が確立されていませんでしたが、最近は複数の抗がん剤の併用が有効であったとする報告がみられます。甲状腺がんはそのほとんどが分化がんであり、がんの中で最もおとなしく、悪性度の低いがんです。それゆえに甲状腺がんと診断されても恐れることはありません。適切な治療、管理を受けることによって命を縮めることなく日常生活を普通に送ることが可能です。以下に甲状腺がんの種類や診断、治療について紹介します。甲状腺がんの約8590%が乳頭がんです。分化がんであり、悪性度の低いがんです。頚部のリンパ節に転移することが多く、手術の際、甲状腺の腫瘍を取り除くだけでなく、頚部のリンパ節も切除します。ただ、がんの進行が遅いことが多く、最初にリンパ節を切除しなくても定期的に診察し、リンパ節が腫れて転移が明らかになった時点でそのリンパ節を切除することでも手遅れにならず治すことができると考えられています。甲状腺がんの約10%が濾胞がんです。乳頭がんと同様に分化がんであり、悪性度の低いがんです。頚部のリンパ節に転移することは比較的少なく、そのかわりに乳頭がんより他臓器(肺など)に転移する確率が高いです。手術前に診断することが比較的難しく、手術後、病理検査(顕微鏡検査)で濾胞がんと診断されることもあります。甲状腺がんの約12%で稀ながんです。その約1/3は遺伝性で副腎や副甲状腺などに病変を伴うことがあり、今後は遺伝子診断が重要になると考えられています。遺伝性の髄様がんでは原則的には甲状腺全摘(甲状腺をすべて切除)と頚部リンパ節切除が必要になります。甲状腺がんの約1%で非常に稀ではあるが、他の甲状腺がんと異なり極めて悪性度が高く、手術、放射線治療、抗がん剤などを組み合わせて治療を行うが、治すことがとても難しいがんです。甲状腺がんの診断には超音波検査が役に立ちます。超音波検査は無侵襲で手軽に繰り返し行うことができ、主に甲状腺がんの大きさ、甲状腺外への浸潤の有無、リンパ節転移の有無などを調べることができます。その他の検査としてはCTMRI、核医学検査などがあり、必要に応じて超音波検査と組み合わせて行います。以上の画像診断で甲状腺がんが疑われる場合には、次に細胞診を行います。これは細い針を皮膚の上から腫瘍まで刺して細胞を吸引採取する方法です。これによって甲状腺がんの診断を行いますが、分化がんでは良性、悪性の鑑別が難しい場合もあり、特に濾胞がんでは手術前に診断することができないこともあります。甲状腺がんの治療は一部の未分化がん以外では外科手術が有効です。甲状腺全摘(甲状腺をすべて切除)と頚部リンパ節切除を行う手術方法から甲状腺部分切除(がんを含む甲状腺を部分的に切除)のみを行う手術方法まであり、がんの種類、大きさ、個数、リンパ節転移の有無、他臓器への転移の有無などから適切な手術を選んで行います。すなわち、がんが小さく、リンパ節や他臓器に転移を認めないものは部分切除を行い、がんが甲状腺全体に拡がっていたり、他臓器に転移している場合には全摘を行い、手術後の放射性ヨード治療ができるようにするなどです。また近年、がんの大きさが1cm以下の甲状腺がん(微小がんと呼びます)は性質がおとなしく、生涯にわたりがんの進行がほとんど見られない場合もあり、手術を行わず、経過を定期的にみることもあります。 今回紹介しましたように、甲状腺がんの約97%は分化がんであり、低悪性で最も治ることが期待できるがんです。とはいっても適切な治療、管理があってはじめて可能になりますので、自分だけで判断せずに外来受診して下さい。甲状腺がん専門医 前立腺がんの統計
年齢別にみた前立腺がんの罹患(りかん)率は、65歳以上で増加します。罹患率の年次推移は、1975年以降増加していますが、その理由の1つは、による診断方法の普及によるものです。こ
の方法によって、従来の直腸指診では困難であった早期のがんが発見されるようになりました。
死亡率の年次推移は、1950年代後半から90年代後半まで増加し、その後横ばい状態です。
日本人の罹患率は、欧米諸国およびアメリカの日系移民より低く、欧米諸国の中ではアメリカ黒人の罹患率が最も高い傾向があります。
前立腺がんの発生
がんは、前立腺の細胞が正常の細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することにより発生します。最近、遺伝子の異常が原因といわれていますが、正常細胞がなぜがん化するのかまだ十分に解明されていないのが現状です。がんは周囲の正常組織や器官を破壊して増殖し、他の臓器に拡がり腫瘤(しゅりゅう)を形成します。他の臓器にがんが拡がることを転移と呼びます。前立
腺がんが、よく転移する臓器としてリンパ節と骨があげられます。
前立腺がんとラテントがん
前立腺がんは、年をとることによって多くなるがんの代表です。前立腺がんの中には比較的進行がゆっくりしており、寿命に影響を来さないであろうと考えられるがんも存在します。もともと前立腺がんは欧米に多い病気ですが、実はこのようなおとなしいがんに関しては欧米でも日本でも地域差はないといわれています。他の原因で死亡した男性の前立腺を調べてみると日本人でも70歳を超えると2〜3割、80歳を超えると実に3〜4割に前立腺がんが発生しているとされています(このようながんをラテントがんと呼んでいます)。このような高齢者に発生する前立腺がんの25%から半数程度はお


胃がん末期

そらく寿命に影響を及ぼさないがんと考えられています。がんの中にもこのような生命に異常を来す可能性の低い場合もあるということです。一方で悪性度の高いがんは時間の経
過とともに進行し、臨床的に診断されるようになります。この頻度には人種差があり、米国黒人ではもっとも頻度が高く、次に白人が高いとされています。


胃がん末期

前立腺がんの原因と予防
前立腺がんの確立したリスク要因は、年齢(高齢者)、人種(黒人)、前立腺がん家族歴とされています。動物実験などから、アンドロゲンが前立腺がん発生に重要な役割を果たしているのではないかと考えられてき


胃がん末期

ましたが、現在のところ、疫学研究日常生活上の注意

胃がん末期

橋本病は病気というよりもむしろ体質ですので、根本的には治りにくい面があります。

甲状腺ホルモンの不足が明らかな方では、大抵の場合、内服は生涯続けなければなりませんが、定められた量を飲んでいるかぎり、副作用やほかの薬との飲み合わせの心配はありません。朝食後に11回、忘れずに


胃がん末期

飲んでください。薬を飲んでいるほうが、必ず調子は良いはずです。食物のひとつと思って続けてください。

胎児への影響もありません。むしろ妊娠前よりきちんと薬をのんでおくことが大事です。

胃がん末期


ホルモンが正常に調節されている状態では、正常と全く変わるところはなく日常生活の制限もありませんが、コンブの食べ過ぎだけは注意してください。コンブに豊富に含まれるヨードという成分が甲状腺機能低下を助長することがあります。ヨードを大量に含むうがい薬
(イソジンガーグル)も要注意です(うがいをした後、水ですすいでおけば大丈夫です)バセドウ病

胃がん末期

甲状腺に対する自己抗体の作用で甲状腺が刺激され、甲状腺全体が腫れて甲状腺ホルモンが過剰に分泌されます。 
10歳代後半から50歳代までの女性に多くみられます。 1.症状甲状腺機能亢進により、新陳代謝の促進が起こり、脈が速くなって動悸がし、汗をやたらにかきます。


胃がん末期

体温もあがることが多いです。食欲があってよく食べるのに、体重は減ってしまいます。手指の震えもよくある症状です。新陳代謝がよすぎる状態で一見元気そうですが、かえって疲れやすくなる場合もあります。女性は月経が減り、妊娠しにくくなります


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。