胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 治療

事故米について

アフラトキシン、フモンシンなどのカビ毒汚染の現状と危険性に関するデーターベースアフラトキシン類の発ガンのメカニズムとしてはDNAや染色体に直接作用し、細胞変異修復タンパク質であるp53の遺伝子を変異させたり、細胞増殖のコントロールをするRASタンパク質の遺伝子を変異させたりすることが知られている。 フォスフィンという農薬を高濃度に与えるとアフラトキシンの生成を抑えるという報告もある。 特に最近、これらカビ毒の与える食品リスクが再び問題となり世界各国で食品や農産物におけるこれら発ガン毒素の含有量調査や危険性が2000年度においても活発に行われていることは消費者や食品メーカーは十分に知っておく必要がある。ダイオキシンと比較したときのアフラトキシンの毒性の高さから考えると現在のダイオキシン並の規制値(10ppb)では全く不十分でその10分の1以下の1ppb以下にアフラトキシンの規制値を設定する必要があろう。 そうすると、現在の食材の多数が不合格となるが、それはいかに我々がこの地上最強の天然毒のリスクを受けているかを物語っている。注: アフラトキシンB1の毒性はダイオキシンの10倍以上といわれ、また地上最強の発癌物質でもある。 人工の化学物質と誤解されがちだがよく見かけるカビの生産する天然毒である。 農薬と十把一絡げに規制されているので農薬の一種と思っている人もいる。 日本では10ppb、米国20ppb, 途上国などの国際規制値:30ppbと地域により異なることも知る必要がある。米国環境保護局(EPA)で穀類などの農産物や食品に微量含まれる発ガン性カビ毒のアフラトキシンが、妊婦の胎盤を通して胎児に移行しその代謝物が胎児の遺伝子に作用して変異を起こさせ、その結果、生まれたこどもが14歳までにガンになる主たる原因になっているとの”環境ホルモン顔負け”のリスクに関する研究プロジェクトを促進中ダイオキシンと比較したときのアフラトキシンの毒性の高さから考えると現在のダイオキシン並の規制値(10ppb)では全く不十分でその10分の1以下の1ppb以下にアフラトキシンの規制値を設定する必要があろう。 そうすると、現在の食材の多数が不合格となるが、それはいかに我々がこの地上最強の天然毒のリスクを受けているかを物語っている。トウモロコシに含まれるアレルギー可能性タンパク質と発癌物質の比較このページ下方に示す表にトウモロコシのタンパク質や発癌物質に関する最新の基礎的情報(2000年)をまとめた。 この表からわかるように、組換えタンパクが現実的なアレルギー性を持つためには既存のアレルゲンの数千倍から数万倍の強さのアレルギー性を持つ必要があるが、そのような高いアレルギー性を持たないことは種々の実験ですでに証明されている。  もっともアレルギーの可能性が高いと疑われるスターリンクのCry9Cでさえ極めて精密な実験を繰り返してもアレルギー性をいまだ証明できないことも重要な証拠である。 仮にあったとしてもその摂取量からみてとても問題になるようなものではない。  逆に見積もれば、既存のアレルゲンより比較できないぐらい低いアレルギーのリスクしか持ちえず。 すなわち、トウモロコシ中に含まれる量とリスクのファクターを掛け合わせれば、他のアレルゲンのリスクにくらべ何万分の一以下のリスクしか持ち得ないことになる。 発ガン性ではカビが生産する地上最強の発ガン化学物質であるアフラトキシンのみ示したがそのほかにも安全性未確認のカビ毒が一般のトウモロコシには多く含まれている。 BTを導入した遺伝子組換えトウモロコシでは虫の食べ後からのカビ感染症が極小であるためこのカビが生産する毒素の含有量が激減した。 一部に、BT殺虫遺伝子が変異し抗ガン作用をもつようになったと宣伝されているがこれは完全な事実誤認にもとづく誤りであり、BT−トウモロコシの耐病虫害性が遺伝子組換えで導入した安全な天然の殺虫物質で自然に高まった結果である また、もうひとつの重要なポイントとしては、ピーターコーンのようなアレルゲンを多量に含むトウモロコシのように、このようなアレルギー性遺伝子の導入は伝統育種では全く野放しであることは重要である。 当HPではほかにもアレルギー性遺伝子が伝統育種により作製(変異)、導入されたケースを把握している(いずれ公開する)。 このようなアレルギー性物質を生産する遺伝子が導入されることは、遺伝子組換えの場合においては開発段階や安全審査などではじめから排除されるスターリンクはピーナッツバターより700倍も安全昨夕17時、農水省がリリースした飼用コーン輸出検査の日・米プロトコル合意、やっとここまで来た。これを受けて一安心のシカゴ市場とUSDA。ニッポン国バイイング・パワーは健在?で、ところで、いったい我々はただゲームやってるだけ? 何の安全をまもってるのか全く不明。 要するに、普通の食品の安全性では完璧にOKのSLだが、SLを不許可にした同じ基準すなわち、”アレルギーを起こさないことを証明せよ”を適用したら殆どの食品は流通からはずされ、国民総生産以上の賠償請求さわぎに?−具体的にはSLはピーナッツ・バター(アフラトキシンとアレルゲン)よりも700倍も安全とワシントンの公聴会で研究者達が証言!なんだけど・・・実際、スターリンクが普通のトウモロコシよりアレルギー性が強いと考えるのはきわめて難しいと米国メディアが報道(解説者の中に自分自身が普通のトウモロコシアレルギーだったと告白する人も出る始末)。でも反対派(フレンドオブアースなど)は相変わらずだけどね。
 わかりやすく言えばスターリンクの組換えタンパクは日本人がよく食べるピーターコーンよりはるかに安全であることはまちがいなし。
世界の食料の供給と安全を脅かすのはスターリンクでも遺伝子組換えでもない、ご存知狂牛病である。 硬直化したGM論争がそれに拍車をかける。 この問題でEUは完全にといっていいぐらいニッチもサッチもいかない状況で牛肉が市場から消滅の危機に。 頼みの東欧では今年はトウモロコシが不作。 スターリンク問題で日本がトウモロコシ買い付けにはしれば食料パニックに拍車をかけ非難されかねない。 EUでは牧畜すらできない状況が生じている。 畜産品も輸入している日本はどうしてこのEUの危機的状況を憂えないのか不思議です。 EUでは児童を狂牛病の感染から守るために学校給食から牛肉のみならずその加工品、ハム、ソーセージなども排除しているところもあるのです。  日本にこれら加工品が入っていないか点検しているのでしょうか。 EUではすでに2000年4月から大問題になっており、同年の7月ごろには若い人の狂牛病感染源だとして学校<< 給食から>> 危険性のあるハム、ソーセージの類を追放したところもある。<strong>アフラトキシン</strong> <strong>メタミドホス</strong> <strong>アセタミプリド</strong> <strong>汚染米</strong>ドイツは大騒ぎの挙げ句責任の押しつけ合い。ドイツは動物性原料を用いた飼料を禁止したが、畜産業者は動物性飼料しか現在持っていない。<strong>アフラトキシン</strong> <strong>メタミドホス</strong> <strong>アセタミプリド</strong> <strong>汚染米</strong>一方、憲法で動物愛護上家畜に飼料を与えなければならず、このままでは皆が憲法違反で逮捕される!代替に植物蛋白源を緊急輸入しなければならないが、そこで登場した「専門家」と称する人が、「けれども大豆の90%はGMだぞ」と叫んでいた。<strong>アフラトキシン</strong> <strong>メタミドホス</strong> <strong>アセタミプリド</strong> <strong>汚染米</strong>  現在、東欧はトウモロコシが不作。 日本ではスターリンク問題で動物飼料にすらスターリンク非含有を要求。 それで米国以外に買い付けに走るが、南アや米国では分別してやるが余計にかかる経費は払ってくれといわれるなど、ままならぬ状況。 <strong>アフラトキシン</strong> <strong>メタミドホス</strong> <strong>アセタミプリド</strong> <strong>汚染米</strong>アルゼンチンもGM大国である。 かといって熱帯、亜熱帯地域などではいまだにDDTやBHCを農薬として使っているところがあるし、遺伝子組換えを避けるためだけの目的で品質の悪いものにでも手を出さるおえず、するとこんどは、DDTやBHC、PCBにダイオキシン、それに加えて地上最強の発癌物質であるアフラトキシンや神経毒のアルカロイドを含むようなものが混じっている可能性がたかまり、たちまち肝臓ガンなどの脅威に人間や動物ともどもさらされる。<strong>アフラトキシン</strong> <strong>メタミドホス</strong> <strong>アセタミプリド</strong> <strong>汚染米</strong>  しかも畜産にEUが狂牛病の問題で植物性原料を使い出したら、たちどころに世界的穀物不足がおこり、日本のように品質を要求する国には売るものがなくなる事態もありえる。  いったい食品のリスクとはどうとらえたらいいかみんなで真剣に考えないと大変なことになるかも。 いずれにしても、食料に関しては今がわれわれのもっともよき時代だろう。<strong>アフラトキシン</strong> <strong>メタミドホス</strong> <strong>アセタミプリド</strong> <strong>汚染米</strong>これまで行われている遺伝子組換え安全性議論には根本的な問題点がある。 すなわち、遺伝子組換えによってすべて”正”のリスクが現在の我々の環境や食生活にもたらされるということを前提とした観点である。  この包括的な観点は、少なくとも食とか環境というすでに進行して止めることのできない行為に対しては正しくない。 また、このような議論は我々が求めたい”食や環境への安全”を無視したものである。 <strong>アフラトキシン</strong> <strong>メタミドホス</strong> <strong>アセタミプリド</strong> <strong>汚染米</strong>


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。