胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 種類

胃がん種類

症状があらわれるようになると日常生活に支障をきたすこともあるため、適切な治療が必要になります。
一方、前立腺がんは、主に外腺(尿道から離れた部分:辺縁領域)に発生するため、早期では自覚症状はあらわれません。がんが進行し、尿道や膀胱を圧迫するようになると、排尿時の症状や血尿などがあらわれるようになります。
スクリーニング検査のなかで、とても精度が高く、簡単に行うことができるのがPSA検査です。
PSA
とは前立腺に特異的なたんぱく質の一つです。PSAは健康な時でも血液中に存在していて、前立腺がんが発症すると、大量のPSAが血液中に流れ出します。
PSA
検査とは、血液検査によりPSAの値を調べる検査です。PSAの値が正常の時よりも高ければがんの可能性があり、値が高くなるにつれてがんの確率も上昇します。
しかし、PSA値が正常の値より高いからといって、100%前立腺がんであるとはいえません。前立腺肥大症や前立腺炎でもPSAの値が高くなることもあります。
ですので、PSAの値が高い場合は、さらに前立腺がんである可能性を調べるために、直腸診・超音波検査・針生検等を受けてみましょう。最近では日本人の高齢化により、前立腺がんの発症率が増加していま直腸診とは、前立腺の背部に接している直腸へ肛門から指を入れて、前立腺に状態をふれることで確認する検査をいいます。
直腸診によって、前立腺の全体の大きさや硬さ、痛みがないか、表面なめらかさ、などを調べます。石のように硬いとがんの可能性が高いと考えられます。
超音波検査は、肛門から棒状の超音波探子を直腸に挿入し、画像として前立腺内部を観察します。
がんがあると、画像上に黒い影として映し出されます。
また、前立腺の被膜が鮮明でない場合や形が左右対称でない場合などにはがんの可能性があります。す。高齢化の他にも食生活の欧米化があると言われています。早期に発見し、適切な治療を行うことが重がんは異常な細胞がコントロールを受けずに増殖し広がる病気です。人間の体は無数の細胞からできています。細胞は分裂して自己複製することにより増殖します。組織の新陳代謝が起こるのも傷が治るのもそのおかげです。異常に増殖した細胞の集団を腫瘍と呼び、それには良性腫瘍と悪性腫瘍があり、悪性腫瘍をがんといいます。
 良性腫瘍は大きくなって体の機能を妨げることはありますが、命を脅かすことは滅多にありません。一方、がんは正常組織に浸潤して破壊します。転移とは、細胞が腫瘍から離れて血管やリンパ管を通って体の他の部位に移動して別の腫瘍を形成することです。がんの増殖や転移には早いものもあれば遅いものもあります。前立腺がんは一般的には増殖の遅い部類に入るがんです。 要です。前立腺は男性だけにあり、栗くらいの大きさの分泌腺です。膀胱のすぐ下にあり尿道(排尿中に膀胱からの尿が通る管)の一部を囲んでいます。前立腺の主な役割は射精のために必要な液体の一部を産生することです。 前立腺がんはアメリカの男性の中で2番目に死亡数が多いがんです。日本においては、男性のがんの中で死亡数は9番目ですが徐々に増加しています。前立腺がんは高齢者に多く40歳代からみられ50歳以上で多くなります。 多くのことが近年の遺伝子解析でわかってきましたが、前立腺がんの本当の原因はまだ分かっていません。分かっていることはがん細胞の集団である腫瘍が前立腺の中にできることから始まるということです。 前立腺がんは、早期では全く症状を伴わないません。そのため定期健診が勧められています。がんが進行すると大きくなって尿道を圧迫するようになり、膀胱からの尿の流出を妨げます。この段階で、多くの人は頻尿になりますが、尿が出に くくなったり、時々痛みを伴うこともあります。他には尿や精液に血液や膿が混じったり射精時に痛みを伴うことがあります。また、前立腺がんがリンパ節や骨などの臓器に広がると骨や関節、特に背中や腰に痛みを伴うことが多くなります。前立腺がんの症状はしばしば前立腺肥大症と似ています。いずれも高齢男性に多く、前立腺の体積が増加することにより頻尿が出現します。前立腺肥大症は前立腺の内腺が過度に増大したもので、がんではありません。前立腺肥大症か前立腺がんかを区別する唯一の方法は泌尿器科医に検査してもらうことです。 6.前立腺がんが大きくなる原因は何でしょうか 正常の前立腺の増殖や機能は男性ホルモンであるテストステロンに影響されています。テストステロンはほとんどが精巣で産生されますが副腎でもわずかに産生されます。テストステロンは前立腺がんを刺激します。テストステロンが産生されていると前立腺がんは増殖して広がり続けます。 腸診:医師が手袋をはめてゼリーをつけた指を患者さんの肛門から直腸に入れて直腸壁ごしに前立腺の大きさや形を診察します。直腸診はほとんど時間がかからず、患者さんの不快感も思ったほどではありません。 PSA検査:PSA(前立腺特異抗原)は前立腺で産生される蛋白で、血液の中にわずかにとけ込みます。血液中のPSAの値を測定することができ、この値が高いと次のような前立腺の病気の可能性があります。 (1) 前立腺肥大症 :前立腺が大きくなるもので、50歳以上の男性に多く、排尿困難になることがあります。
(2)
前立腺炎 :前立腺の感染や炎症です。
(3)
前立腺がん  PSA検査は簡単な血液検査ですが、PSAの値だけで前立腺がんの有無がわかるわけではありません。04ng/mlを一般に正常値とみていますが、4ng/ml以上であっても前立腺がんでない人は多いですし、4ng/ml未満だからといって絶対に前立腺がんではないと断言することはできません。 50歳以上の男性は前立腺がんを早期に発見するためにPSA検査と直腸診を健診のつもりで毎年受けることをお勧めします(アメリカでは40歳以上の男性全員に勧めています)。そうすることで根治できる早期の段階で前立腺がんを発見することが可能になります。ここで重要なことは、PSA検査と直腸診を一方だけではなく両方とも行った方が前立腺がんを発見するのに効果的であるということです。
 がんを発見できない可能性もあります。がんが小さすぎる場合に直腸診で触知できずPSAも上昇していないことがあるからです。一見健康な人も前立腺がんを持っている可能性があります。PSAが高かったり直腸診でがんが疑われればさらに精査が勧められます。 超音波検査:
 医師が患者さんの直腸の中に小さな機械(プローブ)を入れて、その機械から無痛性の音波を出します。前立腺で反射して戻ってきた音波を画像に変換することにより、モニタ画面で前立腺の状態をみることができます。 針生検:
 前立腺がんが疑われれば針を用いて前立腺組織を少量とることができます。この組織を顕微鏡で検査しがん細胞があるかどうか確認します。これでがん細胞を証明することが前立腺がんと診断する確実かつ唯一の方法です。 最善の治療を選択するためには前立腺がんの広がりの程度、すなわち病期を診断することが重要です。前立腺がんの治療は病期によって異なります。治療方針を立てる場合には患者と医師が各々の治療の利点と欠点を話し合うことが重要です。これから前立腺がんの4つの病期と治療方針を述べていきます。 病期A
 がんは前立腺の中にとどまり、かつ小さいために、直腸診では発見で きず、他の診断方法で発見されることがあります。この病期では症状がないこ とが一般的で、経過観察で構わない場合もありますが、治療をすれば根治でき ると考えられます。この治療には前立腺摘除術と放射線療法があります。 病期B
 がんはまだ前立腺の中にどどまっていますが、直腸診でわかるくらい まで大きくなっています。この病期でも症状がないことがしばしばあります。 治療すれば根治できると考えられ、前立腺摘除術か放射線療法が一般的です。 病期C
 がんは前立腺からすぐ周りの部位に広がっています。この病期ではしばしば排 尿困難を伴います。治療には前立腺摘除術や放射線療法があります が、ホルモン療法もあります。この病期における治療の目的は前立腺がんの進 行を遅くすることと排尿痛や排尿困難などの症状を軽くすることにあります。 病期D
 がんは骨やリンパ節のような前立腺以外の部位に広がっています。こ の病期の主な症状には排尿困難、骨の痛み、体重減少、疲労感があり、治療の 目的はこれらの症状を軽くすることにあります。治療はホルモン療法が中心で、 症状改善のための手術を施行することもあります。 前立腺がんはテストステロンにより増殖していますので、どんなに進行していてもテストステロンを 減少させたり妨害するホルモン療法は効果があり、がんの増殖を遅くすること で腫瘍を縮小し病気に伴う症状を軽くすることができます。また、転移がない 前立腺がんに対しては、前立腺摘除術や放射線療法により根治が期待できます。 前立腺摘除術:
 前立腺をとる手術で、早期のがんを転移させない最も確実な 方法です。同時に骨盤リンパ節郭清(がんが転移しやすい前立腺の近くのリン パ節を摘除すること)も行います。前立腺摘除術に伴う合併症には勃起不全や 尿失禁などがあります。勃起に関わる神経を温存できる場合もありますが、勃 起不全は多くの患者で起こります。どんな手術にでも起こるような重大な合併 症も起こりえます。 放射線療法:
 高エネルギーのX線を用いて前立腺のがん細胞を殺します。放射 線療法は前立腺摘除術に伴う勃起不全や尿失禁の可能性を避けたい患者に適し ています。副作用には疲労感、照射域の皮膚反応、頻尿や排尿痛、胃部不快感、 下痢、直腸の刺激症状や出血などがあります。これらの副作用の多くは治療を 中止すると消えます。また、放射線療法には前立腺に照射する根治的治療のほ かに、再発巣や転移巣に照射して症状を緩和する治療もあります。 精巣摘除術:
 進行性前立腺がんに対して古くから行われている治療法で、両方 の精巣をとることによりテストステロンが効果的・永久的に減少します。精巣 摘除術は簡単な手術で、ほとんどは腰椎麻酔による下半身麻酔で行います。主 な副作用は勃起不全と体のほてり感です。 LH-RHアナログ:
 LH-RHアナログは精巣からのテストステロン産生を促す LH-RHという天然のホルモンを人工的に作ったものですが、毎月注射すると精 巣を刺激するホルモンを抑えることができ、精巣からのテストステロン産生が 減少します。外科的去勢である精巣摘除術に対して薬物的去勢ともいわれます。 この治療のためには月に1回注射のために病院に来なければなりません。主な 副作用は精巣摘除術と同様に勃起不全と体のほてり感です。また、治療の最初 の数週間に排尿困難や排尿痛などの症状が一時的に増強することもあります。 女性ホルモン:
 女性ホルモンであるエストロゲンを投与する比較的簡単な治療 法で、薬を毎日内服する方法もあります。エストロゲンも精巣を刺激するホル モンを抑えることで精巣からのテストステロン産生を減少させます。この作用 に加えて前立腺がん細胞に直接作用する薬もあります。副作用には上記2つの 去勢療法とは異なり、浮腫、乳房の腫大や疼痛、胃部不快感、嘔気嘔吐があり、 また、重大な心臓や血管の病気(血栓症や心臓発作など)を引き起こしたり増 強することがあります。 抗アンドロゲン薬:
 テストステロンが前立腺がん細胞に作用するのを妨害するので副腎から産生される少量のテストステロンの作用も抑えることが期待でき ます。抗アンドロゲン薬は毎日内服します。先に述べた去勢と併用すると効果的であるとしてLH-RHアナログとの併用を勧めることもあります。この併用療法の副作用には体のほてり感や勃起不全のほかに嘔気嘔吐や下痢、肝障害があります。 副腎皮質ホルモン:
 この薬を内服すると副腎を刺激するホルモンを抑えることで副腎からのテストステロン産生能が抑えられると言われています。今までの ホルモン療法で効果がなくなった場合に使われることがあります。この副作用 には顔が丸くなったり太ったりするほかに糖尿病の原因になったり感染に対する抵抗力が低下することがあります。また、胃に負担がかかったり、骨がもろ くなったり、皮膚が薄くなることもあります。 化学療法:
 抗がん剤を血液とともに全身を循環させて増殖の早い細胞を殺す方 法です。これによりがん細胞の他に正常の健康な細胞も障害を受けます。健康 な細胞への害を減らすために抗がん剤は使用量と使用頻度のコントロールに注 意がはらわれます。いろいろな抗がん剤があり他剤と併用して用いられること もあります。これらはおもに進行性前立腺がんの症状を軽くするために用いら れます。現在のところホルモン療法ほどの確実な方法がなく、化学療法には多 くの副作用があり、最初からは使われません。前立腺の疾患で問題が起これば泌尿器科医と呼ばれる専門家に紹介されるこ とになるでしょう。泌尿器科医は尿路性器系の病気の診 断と治療について専門的にトレーニングされた医師です。泌尿器科医は患者の 前立腺の症状の原因が前立腺肥大症にあるのか前立腺がんにあるのかを診断し ます。医師と十分に話し合い治療の選択肢を理解して納得した治療を受けられ るようにしてください。 Q:遺伝子治療臨床研究とは?A:従来になかった、新しい治療法である遺伝子治療を実際に患者さんに施行し、その安全性を中心に、治療効果などを検討する研究計画です。Q:遺伝子治療とは?A:治療に必要な遺伝子を細胞に導入し、その遺伝子が細胞において治療に必要な蛋白を合成することにより、病気を治療する治療法です。Q:今回、対象となる患者さんは?A:今回、対象となる患者さんは前立腺癌の患者さんで、具体的には以下のような患者さんたちです。1、            前立腺癌で前立腺の摘出術を受けたが、その後、癌が骨、リンパ節などに再発し、ホルモン療法を受けた。しかし、現在そのホルモン法が効いていない患者さんで、癌の再発個所がCT、MRIなどで確認できる患者さん。2、            前立腺癌で、骨、リンパ節などへの転移または高などの理由によって、前立腺の摘出術を受けることができず、ホルモン療法を施行され、現在そのホルモン療法が効いていない患者さんで、癌のある個所がCT、MRIなどで確認できる患者さん。 Q:今回の遺伝子治療は、どういった治療法?A:患者さんの体にある癌細胞に、遺伝子を導入し癌細胞を死滅させます。 Q:どうやって遺伝子を癌細胞に導入するのですか?A:風邪のウイルスの一種であるアデノウイルスに、治療に必要な遺伝子を組み込み、そのアデノウイルスを患者さんの癌細胞に直接注射することにより、遺伝子を導入します。Q:どのような遺伝子を導入するのですか?A:聞き慣れない名前ですが、自殺遺伝子と呼ばれる、癌の遺伝子治療によく使われる、単純ヘルペスウイルスから抽出したチミヂンキナーゼ遺伝子を導入します。単純ヘルペスウイルスのチミヂンキナーゼは、通常のヒトの細胞では無毒な抗ウイルス薬の一種アシクロビルを細胞毒性を持つ物質に変換することができます。したがって単純ヘルペスウイルスのチミヂンキナーゼを産生する癌細胞にアシクロビルを作用させると、癌細胞は有毒な物質に変換されたアシクロビルによって殺傷されます。もちろん、単純ヘルペスウイルスのチミヂンキナーゼ遺伝子を導入されていない正常細胞に、アシクロビルが作用しても無毒です。 Q:癌細胞以外の正常細胞に遺伝子が導入されてしまったらどうなるのですか?A:遺伝子治療は基本的には、導入された遺伝子から、治療に必要な蛋白が合成されて初めて治療効果が得られるのであって、遺伝子が導入されても蛋白が合成されなければ、効果はありません。今回の遺伝子治療では、その遺伝子から蛋白が合成される過程において、前立腺癌細胞でだけ蛋白が合成されるように工夫されています。遺伝子から蛋白を合成させるにはプロモーターという遺伝子の働きが必要であり、一般的にはどんな細胞においても機能するプロモーターが遺伝子治療に用いられてきました。今回、私たちがアデノウイルスに組み込んだプロモーター遺伝子は、臓器特異性、オステオカルシン‐プロモーターと呼ばれる前立腺癌細胞だけにおいて機能するプロモーターで、このプロモーターを使用したことにより、前立腺癌細胞以外に遺伝子が導入されても蛋白は合成されず、治療の安全性が高まることが期待されています。 Q:具体的にはどういった治療法が行われるのですか?A:CTや超音波で癌を描出しながら、癌に直接、アデノウイルスが注射されます。アデノウイルスの注射は1週間の間隔をあけて、計2回注射されます。最初のアデノウイルスの注射から、21日間連続でアシクロビルの内服薬を患者さんに服用してもらいます。 Q:どうしたら遺伝子治療が受けられるのですか?A:遺伝子治療臨床研究を患者さんに実際に施行するには、神戸大学医学部附属病院内の遺伝子治療臨床研究審査委員会をはじめ、厚生労働省、文部科学省などの多くの機関の承認を受けなければ開始することはできません。現在、私たちは研究の申請書を神戸大学医学部附属病院に提出しただけの段階ですので、患者さんの具体的な選択は、現時点ではおこなっておりません。今後、申請の審査進行状況を本ホームページや各種報道機関を通じて公表してゆきますので、具体的な患者さんの選定を行う時点で、連絡先などの情報をお知らせする予定です。 最近、男性特有の前立腺ガンの死亡者が増えています。厚生労働省の人口動態統計によると、2003年度の前立腺ガンによる年間死亡者数は8,400人に達しています。今後、死亡者数の増加率は胆道や肝臓、結腸のガンを抜き、すべてのガンの中でもっとも高くなるのではないかと懸念されていますが、ある研究結果で、緑茶が前立腺ガンのリスクを軽減する働きがあることがわかりました。
前立腺は、男性にだけあるクルミぐらいの大きさの分泌腺で、膀胱から出た尿道を取り巻くように存在しています。前立腺に起こる病気は、主に「前立腺肥大」と「前立腺ガン」に分けられます。前立腺肥大が良性なのに対し、前立腺ガンは悪性で、二つはまったく別の病気であり、同時に発生することはあっても肥大症がガンに変化することはありません。
前立腺ガンとは、前立腺の中にガン細胞が発見される病気で、前立腺ガンの発生には、男性ホルモンが関与しており、加齢によるホルモンバランスの変化が影響しているものと考えられています。1998年に厚生労働省(当時は厚生省)が発表した、人口10万人あたりの前立腺ガン罹患率によると、前立腺ガンになる人は65歳を過ぎると増え始め、75歳以上になると急増します。前立腺がんが進行すると、トイレが近い、尿の出が悪く、排尿に時間がかかる、残尿感があるなどの症状が出てきます。ほかの臓器のがんとは異なり、ゆっくりと進行するため、早期に発見できれば、ほかのがんに比べて治りやすいがんであるといえます。
しかし、初期には自覚症状がほとんどないため、発見が遅れることがあります。進行すると最終的には骨やほかの臓器にまで転移することがあるため、早期に発見し、適切な治療をおこなうことが大切になります。前立腺ガンには、「手術療法」、「放射線療法」、「ホルモン療法」など、さまざまな治療法がありますが、そんな中、前立腺ガンリスクの高い男性が1年間、緑茶カテキンを摂取したところ、ガンのリスクが低くなったという研究発表がありました。
これは、第96回米国癌研究会議の定例会議にて、イタリアの研究チームが、前立腺ガンのリスクの高い男性へ、緑茶カテキンを数年間にわたって経口摂取したところ、対照実験(注1)では30人中9人であったのに対して、緑茶カテキン摂取の実験では32人中たった1人にしかガンの発症が見られなかったとのことです。なお、この研究の被験者は、1年以内に前癌性の病巣に前立腺ガンの兆候が見られ、何の治療もなされていない4075歳の男性です。
(注1) 対照実験とは、実際の実験とは別に、実験の対象に対する一定の因子や操作の効果、影響などを調べる実験のこと。対照実験の結果と実際の実験の結果を比べることで実験の結果が正しく分かります。緑茶カテキンあるいは、純粋なEGCG(注2)が、ガン細胞の成長を抑制し、良性の細胞を損傷することなく、特に前立腺のガン細胞を標的にする一方で、さらに細胞の消滅、あるいは消滅するとされる前立腺の細胞に関わる最も重要な遺伝子群が、カテキンの働きの仲介役にふさわしいということもわかりました。
(注2EGCGは、お茶の渋み成分であるカテキン(ポリフェノール)中の5060%を占め、1g中の緑茶中に50100mg含まれます。年配者や前立腺ガンの病歴がある家族を持つ人などのように、前立腺ガンのリスクが高い男性たちにとって、緑茶カテキンが前立腺ガンの予防に繋がるとのことです。
皆さんも、毎日緑茶を飲む習慣をつけてみてはいかがでしょう。2005421日 前立腺ガンリスクの高い男性が1年間緑茶カテキンを摂取したところ、ガンのリスクが低くなったという新しい研究のおかげで、緑茶が再び注目されている。
96American Association for Cancer Researchの定例会議にて、昨日ある研究が発表された。前立腺ガンのリスクの高い男性が緑茶カテキンを数年間にわたって経口摂取したところ、対照実験では30人中9人であったのに対して、緑茶カテキン摂取の実験では32人中たった1人にしかガンの発症が見られなかったという。
イタリアの研究チームを導いたサヴェリオ・ベットゥッツィ博士は「私たちの実験も含め、多くの初期の実験は、緑茶カテキンあるいは純粋なEGOG(緑茶カテキンの主要成分)がガン細胞の成長を抑制すると、実験室の模型で説明していた。」と述べている。「私たちはカテキンが男性のガンを予防することができかどうかを知るために、臨床実験を行ないたかった。そしてはっきりと実証する
ことが出来た」
研究者たちは、EGCGが良性の細胞を損傷することなく特に死を招く前立腺のガン細胞を標的にすると新たに明らかにした一方で、初期の研究は主として緑茶カテキンの人間への使用が安全で
あることを主として説明していたと言っている。
そしてさらに彼らは、細胞の消滅あるいは消滅するとされる前立腺の細胞に関わる最も重要な遺伝子群がカテキンの働きの仲介役にふさわしいということも明らかにした。「EGCGは遺伝子群の
発現を促しながら、普通の細胞ではなくガン細胞の消滅を促した」とベットゥッツィは言った。
この研究の被験者は、前立腺の上皮細胞中の腫瘍形成の程度が高い、すなわち1年以内に前癌性の病巣に前立腺ガンの兆候が見られ、ほとんど三段階の症例で何の治療もなされていない
40
75歳の男性である。
62
人のボランティアのうち、32人が13錠、200mgの緑茶カテキンを摂取し、残りの人々はプラセボを与えられた。研究者たちは、生検材料の追跡調査を6ヶ月後と12ヶ月後に実行した。1
600mg
の緑茶カテキンを摂取している中からは1人だけ、一方治療されていないグループからは9人の前立腺ガン患者が診断された。管理下での30%の発生率は以前の発見と矛盾はなく、目立った副作用も全くなかった。
1
600mgのカフェインフリーの投薬量、すなわちその研究の被験者に与えられた全てのカテキン(そのうち50%はEGCG)の量は、中国で毎日消費されている通常1日あたり1020の緑茶の量の12倍である


胃がん種類

と科学者は言った。

ベットゥッツィは、年配者やアフリカ系アメリカ人、または前立腺ガンの病歴がある家族を持つ人などのように、前立腺ガンのリスクが高い男性たちにとって、緑茶カテキンが前立腺ガンの予防に利用可能であ


胃がん種類

ると示して話を結んでいる。前立腺がんは、前立腺肥大症とともに、中高年の男性において注意すべき前立腺の病気のひとつです。


胃がん種類

前立腺がんの発生には男性ホルモンが関与しており、加齢によるホルモンバランスの変化が影響しているものと考えられています。
前立腺がんは外腺に発生します。他の臓器のがんとは違い、進行がゆっくりなため、早期に発見することができれば、他のがんに比べて治りやすいがんであると言えます。


胃がん種類

早期の前立腺がんには、がん特有の初期症状はありません。
がんが進行すると、尿が出にくい、排尿時に痛みを伴う、尿や精液に血が混じる、などの症状がみられることがあります。

胃がん種類


さらに進行すると、がんが臀部と腰の骨を中心とした体内のほかの部位にまで転移します。
骨に転移すると、骨痛があらわれることがあります。しかし、自覚症状が初期にはほとんどないため、発見するのが遅れることがあります。進行すると最終的には骨や他の臓器にまで転移することがあるため、


胃がん種類

前立腺肥大症は、前立腺の病気のなかでもっとも多くみられる病気です。
前立腺の肥大には、加齢によるホルモンバランスの変化が影響するものと考えられています。


胃がん種類

前立腺肥大症は内腺に発生する良性腫瘍です。悪性腫瘍である前立腺がんとは異なり、周囲に広がったり、骨やほかの臓器に転移することはありません。また、前立腺肥大症から前立腺がんに進むことはないと考えられています。

胃がん種類


前立腺が肥大していても症状がみられない人もいますが、前立腺肥大症は内腺(尿道を取り囲む部分:移行領域)で発生するため、尿道が圧迫され狭くなることで、尿がでにくい、トイレの回数が多くなる、尿をしたあとすっきりしない、などの自覚症状があらわれます。排尿に関連する



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。