胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 腹膜 転移

胃がん腹膜転移

膵がんは初期には無症状のことが多いため、早期には極めて発見しにくいがんです。症状があっても食欲不振やだるさ、体重の減少などで、いずれも膵臓がん特有の症状ではなく、胃腸の調子が悪い程度のもので見過ごしてしまいがちです。膵管がんが進行してくると、上腹部痛、体重減少、黄疸の症状がでてきます。上腹部痛は最も多く見られる症状です。また背中の痛みが激しく続くのが特徴的です。膵臓の周囲にはたくさんの神経が分布しているため、がんが浸潤すると神経を侵しやすく、そのため痛みも強くなります。体重減少は特徴的な症状で、がん細胞の増殖によって悪液質(栄養不良のためやせて、衰弱した状態)や十二指腸への浸潤、消化酵素の分泌低下、食欲減退などが進行するとともに激しくなります。
すい臓ガンの症状は、がんのできている部位によっても違います。十二指腸に近い膵臓の部分の膵頭部にがんができると、まず、みぞおちのあたりの上腹部が痛みます。
また食欲がないとか、時には黄疸のあらわれることもあります。ある程度進行すると、はっきり黄疸が出たり、腹痛も強くなり、背中や腰に痛みが走り、体重の減少もみられるようになります。これは膵頭部のがんが膵管をふさぎ、膵液を出そうとして圧力が高くなり腹痛を起こすことと、膵液が出ずに消化不良を起こすため、やせるのです。黄疸が出るのは、がんが胆管をふさいでしまい胆汁が十二指腸に流れないため、血液に胆汁の中の成分が逆流するためです。
膵臓の尾部にがんが発生した場合には、患部が胆管とは離れているので黄疸は出ません。この場合は、食欲不振や腹痛などの症状が出ます。
また、糖尿病との関係についても注意してください。膵臓は血糖を調整するホルモンを分泌しているため、膵臓がんになると血糖値のコントロールができなくなり急に糖尿病になったり、すでに糖尿病であった人は状態が急に悪化することがあります。血糖値のコントロールができなくなったことから膵臓がんが発見されることもあります。糖尿病から膵臓がんになることはありませんが、すい臓ガンが糖尿病を併発するということはあります。最近、糖尿病が出てきたという人、あるいは、かねてからの糖尿病が、最近急に悪くなってきたという人などは、膵臓がんを疑ってみる必要があります。生化学的検査血液検査で膵臓の酵素や腫瘍マーカー値、ビリルビン値の動きをみることにより膵臓機能の異常、膵がんを発見できることがあります。
膵がんにより膵管がつまると、膵管を流れている膵液がたまり、アミラーゼ、リパーゼ、エラスターゼなどの膵臓の酵素が血液中にでてきます。そのため、血液検査でこれらの酵素が高値を示したときは、膵臓の病気の疑いがあります。
また、ALP、γ‐GTPなどの胆道系酵素の上昇もおこるので、このような結果が出たときは、胆道系疾患だけでなく膵頭(すいとう)部の異常も疑う必要があります。
腫瘍マーカーは腫瘍が大きくなるにつれて、血液中の濃度が上昇します。しかし、膵がんだけに特異的なマーカーではなく、膵炎でも陽性となることがあるので注意が必要です。CT検査CT検査は身体にあらゆる角度からX線照射し、得られた情報をコンピューターで解析するものです。
造影剤を使う場合と使わない場合がありますが、造影剤を用いる方法では病変がより鮮明に描き出され、検査したい臓器やその周辺をミリ単位の断層写真として観察できます。
CT検査の結果はX線検査や内視鏡検査の結果と総合して病気を判定することに役立っています。
また、がん治療(化学療法や放射線療法など)の効果の把握などにも用いられています。膵臓の場合は造影剤を静脈から注射して行うダイナミックCT検査によって、鮮明な画像を映し出すことができるようになりました。膵がんの診断だけでなく、膵がんで心配な肝臓やリンパ節への転移や、周りの臓器への浸潤(しんじゅん)の確認が可能です。また、手術の判断にも役立っています。
膵頭(すいとう)部がんでは、腫瘍部がやや黒くなり、それより末梢の主膵管がやや拡張します。膵体(すいたい)がん、膵尾(すいび)部がんでも同じ像が映し出されます。これにより腫瘍部より先にどのくらい正常組織が残っているか推測できます。腹部超音波検査腹部にゼリーを塗って体表から生体内に超音波パルスを入射し、体内の組織から反射してくる超音波を感知し、その強弱差を画像にする検査方法です。
肝臓、膵臓、胆道をはじめとする腹部の検査に欠かせない検査として位置づけられています。簡便で患者さんの身体に負担が少ないというメリットがあります。超音波検査では、手術前、手術後(再発)、がんの壁外への進展や肝臓への転移などのチェックをするのに役立つ検査法です。
膵頭(すいとう)部がんでは腫瘍部分が黒くなり、膵体(すいたい)部、膵尾(すいび)部の主膵管の拡張がみられます。デメリットとして、技術の差により映し出される像に差が出やすいことや、身体の構造上、腸管ガスが重なり合いやすく、膵臓全体を見ることができないことがあります。超音波内視鏡検査超音波内視鏡検査(EUS)は組織の構造が変化する部位で、音波が跳ね返ってくる現象(エコー)を利用して、跳ね返りの強さや部位を画像として映し出す検査です。
超音波内視鏡は、内視鏡先端部にエコーを送受信する「超音波振動子」を兼ね備えた内視鏡です。
特に膵臓は身体の奥にあるため、膵臓の手前にある胃や腸のなかの空気や腹壁、腹腔(ふくくう)の脂肪が邪魔をして、通常の体表からの超音波検査では、エコーをとらえにくいという問題があります。そこで、膵臓の近くの胃や十二指腸から超音波(内視鏡)検査をすることで、膵臓の詳細なエコー像を確認できる超音波内視鏡検査が役立っています。超音波内視鏡検査では、超音波が胃など体腔内に溜まったガスを透過できない為、超音波振動子と観察部位との間に水を介在させて対応(脱気水充満法等)をしています。内視鏡を用いた検査方法(1)内視鏡的逆行性胆膵管造影法内視鏡的逆行性胆膵管造影法(ERCP)は、膵液が膵管から十二指腸へ流れる出口となっている十二指腸乳頭(にゅうとう)部から内視鏡を介して造影剤を注入し、膵管をX線撮影する検査です。膵がんの大部分を占める膵管がんを見つけるのに重要な役割を果たしている検査です。描出能が優れているうえに、X線透視下で膵管の生検(せいけん)(細胞の採取)や膵液の採取なども可能で、病変部の詳細な情報が得られます。膵頭(すいとう)部がんや膵体(すいたい)がんでは膵管の閉塞(へいそく)が、膵尾(すいび)部がんでは狭窄(きょうさく)や断裂が観察され、ERCPを併用(へいよう)し、病理検査を行った結果の膵臓がんの発見率は93%と最も高率に異常を検出しています。一方、デメリットとして急性膵炎をおこす危険性や、技術的な難しさ、患者さんにとって負担が大きいなどがあります。(2)膵管鏡膵管鏡は内視鏡を膵管内に挿入して観察を行う方法で、膵管内乳頭腫瘍や膵がんの観察が可能になります。一般的に経口的に行われる膵管鏡は親子スコープという2本のスコープを用いて、十二指腸乳頭部から膵管内に内視鏡(子スコープ)を挿入して観察します。親スコープで乳頭と膵管口を切開(内視鏡的乳頭切開術)し、続いて内視鏡(子スコープ)を膵管内に挿入します。(3)MR胆膵管撮影MRI検査の一種で、MRIの機械でスキャンするだけで膵管像を見ることができます。ゆっくりと膵液の流れの動きを観察し、膵管の像を映し出します。膵がんの大部分は膵管壁から発生するため、膵管壁の異常な像を見つけだすのに役立ちます。造影剤を使わなくてよいこと、ERCPに比べると、細い分枝や画像の鮮明さにおいては劣りますが、何より患者さんの身体に負担が少なく、全体像を描き出すことができる点で有用です。また技術による診断の差があまりでないこと、主膵管ががんでつまっていても、その先の部位を観察することが可能であること、急性膵炎や内視鏡を膵管に挿入できない状況でも行うことができるなどのメリットがあります。一方、肥満や腹水がたまっていると画像が劣ることがあり、また、心臓ペースメーカーをつけている患者さんには行えないなどのデメリットがあります。腹部血管造影検査血管にカテーテル(細い管)を通して造影剤を注入し、膵臓に分布している血管をX線撮影する検査法です。
病変の範囲だけでなく、血管や周囲の臓器への浸潤(しんじゅん)を詳しく観察できるので、手術のために必要な情報を得ることができます。
しかし、近年患者さんの身体に負担の少ない検査法、CT検査やMRI検査が発達したため、役割は減少してきています。膵がんの診断以外に、炎症により膵臓や周囲臓器の血液の流れが激しく変化する膵炎の診断・治療のために行うことがあります。膵がんがどの程度進んでいるかをあらわすには病期(ステージ)というものが使われます。病期はおおまかにIからIVの4段階に分類されています。ただし、日本の膵臓学会が定めたものと国際的に使われているもの(UICC分類)では内容が多少異なっています。現在は両方とも使われているので、それぞれについて簡単に説明します。胆管は、肝臓で作られる胆汁を十二指腸まで導く導管で、肝臓内を走る肝内胆管と、肝臓の外から小腸までの肝外胆管とがあります。肝内胆管は、肝臓内を網目状に走る細管です。肝内胆管は次第に一つに合わさっていき、一本の肝外胆管となります。肝外胆管は長さが約8cmの管で、肝門部・上部・中部・下部胆管に分かれます。肝外胆管の途中には、胆汁を一時貯めて置く胆嚢という小さな袋があります。肝外胆管の出口は、すい臓内で膵管の出口と合流し、十二指腸乳頭部へつながっています。胆管がんは、胆管の上皮から発生する悪性腫瘍です。発生部位によって、肝内胆管がんと肝外胆管がんと分かれますが、一般的には、肝外胆管がんを「胆管がん」と呼びます。
胆管がんと胆嚢がんを合わせて「胆道がん」と呼びますが、胆道がんの発生は年々増加しており、1985年の死亡者数はおよそ9500人、1990年は12000人、1999年には15000人に及んでいます。そのうち、胆管がんの死亡者数は8500人でした。胆嚢がんは女性に多く、胆管がんは男性に多く発生します。
胆管がんは、明確な腫瘍としての塊を作ることは少なく、胆管粘膜上を、周辺に向かってしみこむように浸潤していくという特徴があります。胆管がんの原因ははっきりわかってはいませんが、膵管胆管合流異常症,先天性胆道拡張症という病気では,胆管がんが高率に発生することが知られています.この病気では膵液が胆管・胆嚢内に逆流しやすいために胆管がんが発生すると考えられています。
また、肝内胆管に結石が発生している場合は、約10%にがんが発生するといわれています。胆嚢内に結石のある場合は、57%にがんが発生します。よって、高齢で、胆石のある人、特にビリルビン結石よりもコレステロール結石のある人に多く発生します。黄疸胆管がんになると、胆管内が閉塞し胆汁が流れなくなります。流れなくなった胆汁は逆流して血管内に入り、その時胆汁内に含まれるピリルビンという黄色い色素のために、皮膚や白目の部分が黄色くなります。これを閉塞性黄疸といいます。閉塞性黄疸では、うっ滞した胆汁が細菌感染することがあり、そのために発熱や悪寒が起こることがあります。また、閉塞性黄疸が長引くと、細菌が血液中に入って敗血症になり、ときにショック症状に陥ることがあります。白色便胆汁が腸内に流れなくなると、便が白っぽくなります。黄色人種である日本人は黄疸の症状に気づきにくく、白色便で初めて胆管がんに気がつくことがあります。黄疸尿血液中のピリルビン濃度が高くなると、ピリルビンが尿中に排泄されるようになり、尿の色が茶色っぽく濃くなります。痛み・かゆみ胆管がんでは、みぞおちから右わき腹にかけて、鈍い痛みを起こすことがあります。また、胆汁が血管内に逆流すると、ピリルビンと一緒に胆汁酸という物質が流れ出し、そのため皮膚にかゆみが起こることがあります。胆管がんは、明瞭な種瘤をつくることが少ないため、正確に診断することは容易ではありません。以下のような方法で診断します。超音波検査胆管の拡張を調べるのに適しており、胆管の閉塞部を推測することができます。胆管がんでは閉塞性黄疸が起こることが多いので、まず最初に行うべき検査です。CT(コンピュータ断層撮影)胆管の拡張程度や、腫瘍の存在部位を調べることができます。また造影剤を使うことによって、腫瘍がどの程度周囲の血管に浸潤しているかも推測できます。PTC(経皮経肝胆道造影)胆管の上流に直接針を刺して造影剤を注入する方法です。胆管内の様子が詳しくわかり、腫瘍の存在部位や拡がりの診断に効果的です。同時に黄疸の治療として、流れの止まった胆汁を体外に導出する措置をとります。これをPTCD(経皮経肝胆道ドレナージ術:ドレナージとは「水などをある場所から導きだす」という意味です)といいます。取り出した胆汁を調べることで、腫瘍の確定診断に有用です。また、組織片を採取して、生検を行うこともあります。ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影法)内視鏡を胆管と膵管の出口である十二指腸乳頭部まで入れ、またカテーテルを膵管に挿入して造影剤を注入します。つまっている胆管の下流部を調べることができ、PTCと併用することによって、より詳細な状況を把握できます。左右1個ずつあるソラマメ状の臓器で背骨の両側で腰の高さに位置しています。老廃物(ろうはいぶつ)の排泄人間の身体を作る細胞が活動し生まれる老廃物と 過剰に摂取した物質を体から「尿」として排泄する働きをしています。(18001500cc)この老廃物は細胞から血液に入り、腎臓で血液から尿に捨てられます。
※老廃物=尿毒(にょうどく)とも呼びます。クレアチニン、尿素、尿酸などの有害物質で、 特に糖や蛋白、白血球や赤血球、細菌やがん細胞は尿に含まれていてはいけません。水分の調整人間の体の中でろ過された水分の99%が体の中に再吸収されます。
この働きにより血液中のナトリウムイオン、カリウムイオン、塩素イオン、 重炭酸イオンなどの電解質の濃度を一定の弱アルカリ性に保っています。血圧の調整レニンと呼ばれる一種の酵素を分泌し、アンジオテンシンとよばれる物質が作られます。アンジオテンシンは血管を収縮させて血圧を上げる働きをします。このため、腎臓病になるとレニンの分泌が多くなり、血圧が高くなります。造血ホルモンの分泌エリスロポチンは骨髄に働きかけ赤血球を生産させる。(このため腎臓病末期には貧血が見られます)他に、血圧調整ホルモンの分泌、カルシュウム(VD)の調整、 血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分解など。尿を作り、造血ホルモンや血圧調整ホルモンを分泌する臓器である腎臓にできる腫瘍です。腎臓に出来る腫瘍は腎細胞ガンと呼ばれ、 尿が通過する腎盂、尿管、膀胱、尿道の一部は移行上皮ガンと呼ばれます。
また、分類としては他にも 50歳以上に多い悪性腫瘍と小児に発生するウィルム腫瘍があります。
腎臓には良性の腫瘍ができることもあります。
腎臓がんでは、遺伝的に発生しやすい家系があることが確認されています。
初期の小さいうちはほとんど症状がないため早期発見の難しいがんですが、最近では人間ドックや超音波検査により初期段階で見つかるようになってきましたが、約30%は発見時転移が見られるというデータがあります。正常細胞が何故がん化するのか?という問いに、未だ正解は出ておらず、 腎臓がんが何によってもたらされるかは特定されていません。
国際がん研究機関や 国立医薬品食品衛生研究所の調べでは、塩化ビニルの軟化剤であるフタル酸化合物や食品添加物であるアカネ色素や、かびの一種ペニシリウムが原因の 一種であると発表しています。主な症状は血尿、背中やわき腹の痛み、腹部の腫瘤ですが、これらの症状は必ずしも初期ではあらわれません。 時には体重減少、食欲不振、発熱等の全身症状で見つかる場合もありますし、また転移した部分の症状で見つかることもあります。
また、腫瘍が大きくなると、血尿や疼痛の症状が出てきます。貧血、体重減少などの諸症状があらわれることもあります。
しかし、腫瘍が大きくなると、リンパ節、肺、骨などの他の臓器に転移しやすいため、注意が必要です。腎臓がんの診断法の主体は画像診断です。主に行なわれる方法は腹部エコー検査(超音波検査) CT検査(断層撮影検査) MRI(磁気共鳴映像法) などがあります。その結果、がんが発見されるとCT、胸部X線検査、骨シンチなどが行なわれ、多臓器への転移の有無を検査します。
過半数以上の腎臓ガンが健康診断や、他の病気の検査の際に偶然発見されます。
また、早期腎臓ガンにおいては血尿を伴わないパターンもあるため、 健康診断や内科の一般検査のときには尿検査に加えて スクリーニング検査として腹部超音波検査を行うことは大変良い考え方です。膀胱は、腎臓で作られた尿が尿管を経由して運ばれた後、排尿されるまでの間一時的にためておく袋の役目を持っています。一定量がたまると膀胱の表面が伸展し尿意が起こり、排尿されます。 膀胱癌は男性に多く人口10万人あたり、男性が6から7人、女性が1から2人くらいです。50歳以上の方に多く、ピークは65歳くらいです。泌尿器系の癌では、前立腺癌に次いで多い癌となります。喫煙や、化学物質を扱う職業の人に発生率が高いといわれています。
移行上皮がんは、上皮組織に乳頭を形成する乳頭タイプが多く、膀胱粘膜表面に留まり、転移や浸潤しにくいものです。
非乳頭がんで、瘤のように盛り上がったものや、粘膜下に浸潤して膀胱の壁外組織へ浸潤するタイプのものでは、同時に転移しやすい性質を持っています。痛みの伴わない血尿で、特に見た目で尿に血が混じっている場合は要注意です。顕微鏡で調べると血が混じっているのがわかるという場合も、要注意ですので、専門家の検査が必要です。
排尿痛や頻尿、残尿感などが続く場合もあります。
血尿は鮮やかな紅色から、薄いピンク状、コーヒーのような焦茶色の場合など様々です。
血尿が見つかった場合、結石や膀胱炎、腎炎、ネフローゼなどとの区別のためにも、泌尿器科医の診察が重要です。膀胱鏡を行うことでほとんどの診断が可能です。尿にがん細胞が混じっているかどうかを調べるための尿細胞診も有効ですが、最終的には、膀胱粘膜細胞を採取して生検を行います。T分類→局所でのがんの進展度 N分類→所属(骨盤内)リンパ節転移の有無と程度 M分類→他臓器への転移の有無 (T分類)局所でどれくらい進展しているかTis→上皮内がん Ta→がんが粘膜内に限局している。 T1→がんが粘膜下まで浸潤しているが、膀胱筋層にはおよんでいない。 T2→がんが筋層まで浸潤している。 T3→がんが筋層を越えて浸潤している。 T4→がんが前立腺、子宮、膣、骨盤壁、腹壁、直腸など近接の臓器にまで浸潤している。 (N分類)リンパ節に転移がないかN0→リンパ節に転移はない。 N1→骨盤内に2cm以下のリンパ節転移が1個ある。 N2→骨盤内に2cm以上5cm以下のリンパ節転移が1個あるか、5cm以下のリンパ節が複数個ある。 N3→骨盤内に5cmを超えるリンパ節転移がある。 (M分類)他の臓器に転移がないかM0→他臓器に転移がない。 M1→他臓器に転移がある。大腸ガン、乳ガンとならんで欧米に多いガンといわれ北欧では前立腺ガンの死亡数が全てのガンの中で第1位、 1991年以降のアメリカでも、死亡率が肺ガンを抜き男性のガンのトップに立ってます。
前立腺に発生する男性特有のガンです。
外腺より発生すると考えられており95%が腺ガンです。
初期には特有な症状はなく直腸指診のみで発見されます。
前立腺炎の検査中や血液検査中の腫瘍マーカーによって検出されやすい他、 PSAなどの腫瘍マーカーの上昇をきっかけとした発見、 「腰痛」や「背部痛」などの精密検査で診断される場合や 隣接した臓器に浸潤して生じる症状、 また、前立腺肥大症と合併して起こる膀胱刺激症状や閉塞によって発見される事もあります。
自覚症状が出て受診した時点で、ガンが既に進行・転移している患者が7080%を占めています。年をとると、前立腺機能が低下して、前立腺細胞が通常の細胞増殖機能を失い、 無秩序に自己増殖を繰り返す事により発生します。
現在、未だに『正常細胞がなぜがん化するのか?』 は解明されていません。
他のガンと同様に、前立腺ガンもまた早期発見が治癒への大きな鍵となります。
前立腺がんの約9割は自らの男性ホルモンに依存して増殖します。原因としては平均寿命が高くなって高齢者がふえた事 動物性脂肪の摂取量増加 遺伝的要因 などが挙げられています。
もともと前立腺ガンは7080代のガンであり、45歳以上の男性では20%程度、 患者の9割は60歳以上といわれています。
加齢に併行して増加する傾向にある病気が、高齢者社会に増えるという仕組みです。また食生活の変化、特に脂肪の多い肉食を多く摂取していたり緑黄色野菜の少ない食生活環境においては 前立腺がんが早く、多く発生したという報告が多くあがっています。
また人種や遺伝も原因の一つとして考えられており、 概ねネグロイドやコーカソイドは前立腺ガンの危険率が高く、モンゴロイドは低いといわれています。尿道無力化 排尿困難 頻尿 残尿感 尿意切迫 痛み 夜間多尿 肉眼的血尿 下腹部不快感 等が表れ、さらなる進行に伴い血尿や尿失禁、閉尿など、前立腺が尿道を圧迫した結果「排尿障害」が起きます。膀胱にガンが進むと、膀胱刺激症状が強まり尿失禁状態に。体表のリンパ節に転移するとその部位の腫脹や疼痛に。骨に転移すると対象部位に痛みを生じ、転移部位の骨が弱くなり骨折する可能性があります。骨転移しやすい部位は骨盤骨や腰椎、胸椎などです。骨転移が広範囲に拡がると骨髄で血液を作る作用が支障をきたし貧血になります。
更に血液に広がり消化管出血が生じることもあります。前立腺がんの診断は、直腸指診を行います。
肛門から直腸の中に指を入れて、前立腺の状態を調べる検査です。
前立腺の左右対称性、各領域の境界の判別、ご不整の有無、かたさ、痛みの有無などを触診します。
一般的には同時に採血があり、PSA(前立腺特異抗原)の値を測定します。
(γ-SMを測定する事もあります) 何れも前立腺ガンができると,陽性率が高まり 数値も上昇する腫瘍マーカーであり、病期までも予測が可能です。
一般的にはPSA値が4・1ngmlを超えると異常値で、4・0ngml以下ならば正常値です。しかし、PSAは前立腺肥大症や前立腺炎でも上昇することがしばしばあります。
前立腺肥大症と前立腺ガンとの鑑別は、生検を行い組織を顕微鏡で調べた結果で、 最終的に決定します。


胃がん腹膜転移


前立腺肥大症は『内線の肥大,増殖し,結節性腫瘤ができた』状態のものですが、 前立腺ガンは外腺から発生したものです。
PSAが異常値の場合、直腸からの触診と、超音波検査の際に経直腸的前立腺生検をおこないます。肛門に超音波発信機を入れて直腸を通し,前立腺の画像にあらわして検査、診断します。


胃がん腹膜転移


ガンの疑いがあれば確定診断として生検を実施します。
超音波画像を見つつ前立腺へ針を挿入し,組織を採取し、顕微鏡でガン細胞の有無を確認します。


胃がん腹膜転移


また、ガンが確認される(異常値を示す)と、他への転移を有することが多いので 骨シンチグラムやCTスキャンリンパ管造影、超音波断層撮影などで転移の有無を検査します。乳房の仕組み乳房の発育に影響を及ぼすものは卵巣から出る卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。乳房は、乳頭、乳輪、乳腺葉、乳腺により構成されています。

胃がん腹膜転移


乳 頭乳房の先端部分です。1520本の乳管が開口していて、そこから乳汁が分泌されます。

胃がん腹膜転移


乳 輪乳頭の周囲を取り囲み輪状で色素に富んでいます。ここには乳輪腺(モンゴメリー腺)、汗腺、脂腺が通っています。

胃がん腹膜転移

乳腺葉 乳房内に無数にあり、乳汁を分泌します。

胃がん腹膜転移

乳 腺 乳腺葉で分泌された乳汁は乳腺汗を通り、乳管、乳頭へ至ります。この部分のことをまとめて乳腺と言います。 乳房の働き

胃がん腹膜転移

出産後、赤ちゃんの栄養源として乳汁はとても大切なものです。乳汁は下垂体の乳汁分泌されます。
赤ちゃんが乳頭に吸い付くと間脳から下垂体後葉に刺激が伝わりホルモンが分泌され、乳腺周囲の筋肉が収縮し乳汁が分泌されます。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。