胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

進行 胃がん

進行胃がん

に有効な手段になっています。基準値 5.0ng/ml以下
CEA
は胃がんや大腸がんをはじめとする消化器がん、膵がん、肺がんなどのさまざまな臓器由来のがんに幅広く出現するため、その診断補助および術後・治療後の経過観察の指標として有用性が認められています。基準値 75ng/ml以下
胃がん、大腸がん、原発性肝がん、 肺がん、乳がん、腎がん、白血病細胞などに高頻度に存在することが報告されており、腫瘍スペクトルの広いマーカーとして評価されています。 基準値 7.0U/ml以下
胃がん、大腸がん、膵がん、胆道がんなどの消化器系がんや肺腺がん、乳がんの各組織に極めて高率に認められる腫瘍マーカーです。NCC-ST-439は、消化器系がんをはじめとして各種がん患者血清中に増加する一方で偽陽性率が極めて低いことから、がん特異性の高いマーカーとして評価されています。基準値 4U/ml以下
CA72-4
は、胃がん等の消化器がんあるいは卵巣がんなどにおいて高頻度・高濃度に出現する一方で、良性疾患ならびに健常者の偽陽性率が極めて低いことで知られている腫瘍マーカーです。 基準値 4U/ml以下
胃がんをはじめ各種消化器がん患者血中に高頻度かつ高濃度に検出され、優れた腫瘍マーカーとしてその臨床的評価が確立しており、最もよく測定される腫瘍マーカーの一つです。良性疾患における偽陽性率は低く、その場合も100U/mlを超えるような異常高値例は比較的稀になります。早期がんの5年生存率は90%以上です。
胃がんは早期発見できればとても治療成績のよいがんですが、進行のスピードは速く、スキルス性ガンは性質が悪く進行が早いことで知られています。
胃がん(スキルス含む)の治療は、医師の治療方針、治療期間、メリット・デメリットなどの説明を十分にうけ、患者さんが自分の価値観などを考慮し 患者さんが最終的な治療方法を最終的に決定する時代になりつつあります。 医療の進歩とともに胃がんの治療方法も多様化してきており、 医師によって治療方法が異なり、主治医以外の医師の意見を聞くセカンド・オピニオンを求めることが方が多くなってきました。
胃がん(スキルス胃がんを含めて)の治療法は「外科療法(手術)」が中心となります。他に「化学療法(抗がん剤)」があります。 外科療法にはさまざまなものがあり、がんの進み具合(病期)やがんの部位などから判断されます。
胃がんの病期(ステージ) 胃がんの病期(ステージ)はがんが胃壁のどの層まで 浸潤しているかをみる進達度とリンパ節転移の程度、遠隔転移の有無によって分類されます。大腸は消化吸収された残りの腸内容物をため、水分を吸収しながら大便にするところです。多種、約2mの長さがあり、結腸と直腸、肛門からなります。小腸から大腸に移行するところに回盲弁があり、盲腸の下端に虫垂突起があります。盲腸から続いて上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸と続き、そして直腸、肛門になります。肛門に近い約20cmを直腸、それ以外の部位を結腸と呼びます。大腸癌とは、この管腔の粘膜面に発生した悪性腫瘍です。
大腸がんは、日本人に増加傾向が著しいがんです。毎年約6万人が罹患し、2015年ごろには胃がんを抜くとの予測もあります。
また、大腸がんによる死亡は、男性では肺がん、肝臓がんに次いで3番目、女性では1番目に多くなると推定されています。男性も女性もほぼ同じ頻度で大腸がんにかかります。60歳代がピークで70歳代、50歳代と続きます。欧米と比べ、10歳ほど若い傾向があります。5〜10%の頻度で30歳代、40歳代の若年者に発生し、若年者大腸がんは家族や血縁者の中に多発する傾向が認められることがあります。
大腸がんができやすい部位は直腸とS状結腸で、全体の約70%をしめています。特に直腸は全大腸がんの約50%が発生するほどがんができやすい場所です。2番目に多いのは便が長い間貯留しているS状結腸です。
正確な理由はわかりませんが、一つには、内容物(便)が硬くなってきている部位では粘膜面の細胞の剥がれ落ちる数が多く、その分補強される数も多い(細胞分裂が盛んである)ためと考えられています。大腸がんの発生には、遺伝的因子よりも環境的因子の比重が大きいと考えられています。食生活の急激な欧米化、特に動物性脂肪やタンパク質の取り過ぎが原因ではないかといわれています。動物性の脂肪を摂ると、消化を助けるために胆汁酸が多く分泌されます。脂肪の消化の際に発生する物質のなかに発がん物質があり、大腸の粘膜にがんが発生すると考えられています。しかし、5%前後の大腸がんは遺伝的素因で発症するとされています。大腸がんにかかりやすい危険因子として、大腸ポリープになったことがある。 血縁者の中に大腸がんにかかった人がいる。 長い間潰瘍性大腸炎にかかっている。 治りにくい痔瘻(じろう)。 などの因子が指摘されています。大腸内視鏡を用いた精度の高い検査では、大腸ポリープはかなりの頻度で見つかります。一部のポリープはがんになることがありますが、多くはがんにはなりません。ポリープが見つかった場合は専門医に相談し、大きさ、かたち、色調を診てもらい、内視鏡的ポリープ切除などの適切な処置を受ける必要があります。早期のがんは、症状はまずありません。血便のある場合はがんの注意信号です。がんの表面が潰瘍で出血しやすくなっているためです。肛門に近い部位にがんができた場合排便の際に肛門から出血する場合もあります。この症状は痔核と思われて放置されることがあります。がんによる血便では肛門痛がなく、暗赤色の血液が便に混じったり、ときに黒い血塊が出るなどの特徴があります。痔核と診断するためには大腸がんでないことを確認する必要があります。大腸は長い臓器であるため、部位によって症状が異なります。
大腸を右結腸、左結腸、直腸の3つに大別して比較してみると、右結腸では腹部症状(腹鳴、腹満など)が多く、次いで貧血、便通異常であり、左結腸では下血、便通異常(便秘、下痢)、腹部症状、の順であり、直腸では大半が下血で、便通異常、肛門部症状です。症状によって病気のおおよその部位の見当をつけることができます。腸閉塞をきたすのは左結腸で、右側の貧血と併せて大きな特徴でもあります。また,大腸の症状も嘔吐などの腸閉塞症状がはじめての症状であったり,腹部や頚部の腫瘤が初めて気づく症状であることもありますがこれらの症状はがんがかなり進行していることを意味しています。
最近は検診の普及で、便潜血反応検査で陽性に出たことで発見される率が増加してきています。いわゆる、無症状検診発見例です。90年後半では,半数近くが無症状で発見されています。 大腸がんは、早期に発見されればほぼ100%近く完治しますが、一般的には自覚症状がないため、無症状の時期に発見することが重要となります。
大腸がんの検診の代表的なものは、便潜血反応検査で、食事制限なく簡単に受けられる検査です。この検査だけでは大腸がんを確定することはできませんが、健康な集団の中から、大腸がんの精密検査が必要な人を拾いあげる最も有効な検査法です。
大腸がんの確定診断のためには、注腸X線と大腸内視鏡が必須です。どちらの検査も下剤で便を全部排出しないと精度の高い検査はできません。また、レントゲンや内視鏡ができる状態でない腸閉塞状態でも、CT検査で腫瘍の状態を把握することができます。
術前検査で大事なことは、がんがある周囲のリンパがはれていないかを検査すること、また肝や肺に転移していないかを検査することです。これらはCT,MRI,超音波などを用いて検査します。便潜血反応検査大腸がんでは、大腸粘膜にできたがんに便が接触し、出血するため、便に血液が混ざる特徴があります。便潜血(べんせんけつ)検査はこの出血を見つける検査です。直腸指診・肛門直腸鏡検査排便時の出血や便潜血反応検査の結果により、大腸がんの疑いがあれば、直腸指診と肛門直腸鏡検査が行なわれます。直腸がんの約80%は直腸指診によって見つかるといわれています。直腸がんだけでなく、膀胱や子宮、卵巣、前立腺の異常も調べられます。肛門直腸鏡検査は長さ約10センチの金属筒状の肛門鏡を挿入し、直腸内を直接観察するものです。注腸X線検査肛門からバリウム溶液と空気を入れて膨らませ、大腸にバリウムを付着させ、X線写真を撮る方法で、様々な大腸疾患の診断に役立っています。大腸の形、大きさ、内径、位置、粘膜の様子から大腸の全体像を診断できます。
正常な大腸はその輪郭が滑らかな曲線を描きます。これに対して、腫瘍があると腸管の壁が変形していたり、粘膜のひだや模様の異常を見つけることができます。注腸X線検査の欠点として、盲腸や直腸、S状結腸の病変で腸の重なりのある場合やバリウムがたまっていると病変を見逃す危険があります。大腸内視鏡検査内視鏡検査はファイバースコープや先端にCCD(固体撮影素子)を搭載した電子スコープを用いて、直接、消化器粘膜を観察する方法です。
内視鏡検査は病巣(びょうそう)部を直接観察できることが大きな特徴です。主病巣の位置や大きさだけでなく、病巣の拡がりや表面の形状(隆起(りゅうき)や陥凹(かんお))、色調などから、病巣の数やある程度の深達度(しんたつど)が判断できます。もう1つの内視鏡検査の大きなメリットは、直接細胞を採り(生検)、病理検査ができるため、病気の判定に役立っています。
大腸内視鏡検査は、事前に腸内を空にしてから行います。肛門から大腸内視鏡を挿入し、腸粘膜表面の様子をモニターで観察します。大腸がん、大腸ポリープ、大腸炎などの疑いがあれば、一部を採取し組織検査をします。進行型大腸がんの約80%は潰瘍型なので、潰瘍とそれを囲む堤防様にがんができていることが発見できます。しかし、全体像をとらえにくく、がんで腸管のなかが狭くなってしまっている場合は、挿入不可能なこともあります。また、大きな腫瘤(しゅりゅう)型がんの場合は接触して出血することもあります。さらに、粘膜下層への進行の深さを調べるため、大腸用超音波内視鏡が用いられることもあります。CT検査・MRI検査・超音波検査CT検査は身体にあらゆる角度からX線照射し、得られた情報をコンピューターで解析するものです。造影剤を使う場合と使わない場合がありますが、造影剤を用いる方法では病変がより鮮明に描き出され、検査したい臓器やその周辺をミリ単位の断層写真として観察できます。CT検査の結果はX線検査や内視鏡検査の結果と総合的に判断することに役立っています。また、がん治療(化学療法や放射線療法など)の効果の把握などにも用いられています。
MRI検査は磁気による核磁気共鳴現象を利用して画像に描き出すものです。患者さんが被爆しないこと、いろいろな断層面が撮影できるというメリットがありますが、血液の流れや呼吸、消化管の動きがノイズとなって影響し、画質が劣化する欠点もあります。
超音波検査は、手術前、手術後(再発)、がんの壁外への進展や肝臓への転移などの判定に役立つ検査法です。CT検査やMRI検査、超音波検査の結果はX線検査や内視鏡検査の結果と複合して、総合的な診断を行うことができます。また、がん治療(化学療法や放射線療法など)中に効果がどのくらいでているか、などの判断要素も得られ、その後の治療方針を選択するうえでの重要な情報をえられます。大腸がんにおいては、腹部の超音波検査、胸部・腹部のCT検査、あるいはMRI検査で肺転移、肝臓転移、がん性腹膜炎、リンパ節転移、卵巣転移、骨転移などについて調べます。大腸がんでは特に肝臓に転移する確率が高いので、治療後も注意深く経過観察していきます。 直腸は身体の消化器管の一部です。消化器管は食道、胃、小腸、大腸からなっています。大腸の最後の約12.5cmが直腸と肛門管です。肛門管の端が肛門です(大腸が体外に開口しています)。直腸がんは、直腸の粘膜にできた悪性の腫瘍です。結腸がんとともに最近増えているがんの一つです。特に40歳台から増加して60歳台が最も多くなっています。
また、直腸ガンは一般的に男性に多いといわれています。
日本の死亡原因はがんが第1位で、大腸がん(結腸がん,直腸がん)は、年々増加しています。肉食の多い欧米人に大腸がんあるいは直腸ガンの発生が多いことから、動物性脂質や動物性タンパク質の摂取量が増えたのに対し炭水化物や食物繊維の摂取量が減っているため便が大腸内に留まる時間が長くなり、食物に含まれていたり、代謝によって発生した発癌物質が大腸粘膜に接している時間が長くなったためであると考えられています。
また粘膜に発生した良性のポリープががんに変化することも知られているようです。しかし遺伝的な発症とされている例もあるようです。発生しやすい因子として大腸および直腸ポリープ経験、家族内の発症、潰瘍性の大腸炎またはクローン病の既往歴、治りにくい痔などが指摘されています。直腸がんの初期には自覚症状がありませんが、ある程度がんが大きくなると血便や排便異常、残便感、腹痛、下痢と便秘、腹部のはり、貧血症状などが出てきます。肛門に近い部分にある直腸がんでは赤いはっきりとした血便が多く認められます。排便異常や残便感、腹痛などは大腸の内腔が、がんで狭められたときに現れやすい症状になります。
これらの症状も血便と同様肛門近くにできたがんに表れやすい症状になります。他に腸閉塞気味になるために起こる嘔吐で発見されることもあります。
さらにはがんが進行して肺や肝臓に転移したことで呼吸が苦しくなったり、咳がでたり、背中や腹部が張ったり痛くなったり、食欲不振になったり黄疸症状が出て気が付く場合もあります。直腸がんを発見し診断する検査、および病期の診断の検査には以下のようなものが挙げられます。便潜血検査便(固形便)中に血液があるかを顕微鏡下で調べます。便検体を指定の用紙に採り、医師や研究所が検査します。血液検査簡単にできる検査としては血液検査の腫瘍マーカーもあります。腫瘍マーカーとは、がん細胞がつくる物質、またはがん細胞と反応して体内の正常細胞がつくる物質のうち、がんの診断または治療の目印として役立つものであり、大腸がん(大腸癌)の場合にはCEAという腫瘍マーカーを使います。直腸指診直腸の検査で、医師あるいは看護師が薄い手袋を着用して指を直腸に挿入し、しこりや異常な箇所がないかを調べます。注腸造影検査直腸のX線写真で、肛門からバリウム溶液と空気を入れて膨らませ、大腸にバリウムを付着させ、X線写真を撮る方法です。腫瘍があると腸管の壁が変形していたり、粘膜のひだや模様の異常を見つけることができます。欠点としては、盲腸や直腸、S状結腸の病変で腸の重なりのある場合やバリウムがたまっていると病変を見逃す危険があります。S状結腸鏡検査直腸およびS状(下方)結腸の内部にポリープ、異常な箇所、がんがないかを調べます。S状結腸鏡(細く、ライトの付いた管)を、直腸を通じてS状結腸に挿入します。ポリープや組織サンプルを生検に用います。大腸内視鏡検査大腸内視鏡検査はファイバースコープや先端にCCD(固体撮影素子)を搭載した電子スコープを用いて、直接、消化器粘膜を観察する方法です。病巣(びょうそう)部を直接観察できることが大きな特徴です。
主病巣の位置や大きさだけでなく、病巣の拡がりや表面の形状(隆起や陥凹(かんおう))、色調などから、病巣の数やある程度の深達度が判断できます。もう1つの内視鏡検査の大きなメリットは、直接細胞を採り(生検)、病理検査ができるため、病気の判定に役立っています。
さらに、粘膜下層への進行の深さを調べるため、大腸用超音波内視鏡が用いられることもあります。大腸内視鏡はS状結腸鏡とよく似ていますが、もっと長く自由に曲げられるようになっています。生検細胞や組織を採取し、顕微鏡下でがんの徴候があるか調べます。超音波内視鏡検査(EUS内視鏡(細く軽い機器)を体内に挿入する方法です。内視鏡は体内の組織や臓器に高エネルギーの超音波を流し、エコーをつくります。エコーは体内組織をソノグラムと呼ばれる像に変えます。
この方法は内視鏡超音波検査とも呼ばれています。CT検査CT検査は身体にあらゆる角度からX線照射し、体内の詳細な像を連続的に撮影します。像はX線撮影装置と連動したコンピューターにより作られます。造影剤を静脈内に注入または飲み込むと、臓器や組織がよりはっきり示されます。CT検査の結果はX線検査や内視鏡検査の結果と総合的に判断することに役立っています。MRI(磁気共鳴イメージング)検査磁気による核磁気共鳴現象を利用して体内の詳細な像を連続的に撮影します。患者さんが被爆しないこと、いろいろな断層面が撮影できるというメリットがありますが、血液の流れや呼吸、消化管の動きがノイズとなって影響し、画質が劣化する欠点もあります。肝臓は人間の体の中で最も大きな臓器です。
体重の約50分の1に相当し、重さが1キロ〜1.5キロもあります。
その働きは大変重要で、現在確認されているだけで、下記にあるような約500種類の化学工程を短時間で処理する人体内の「化学工場」といえます。胆汁の生成 栄養素の貯蔵と加工 解毒作用 生体防御作用 血液凝固作用物質の産生 造血・血液量の調節 肝臓は予備能力が大きく、全体の80%程度が障害されて初めて機能不全になるほどの強さです。そのため「沈黙の臓器」と呼ばれます。また、正常な肝臓であれば70%を切除しても、ほぼ元通りの大きさに回復することができます。肝臓がんは現在、日本の男性のがんによる死亡率においては、肺がん、胃がんに次いで第3位に位置します。大きく分けて、肝臓で発生する原発性のものと、他の臓器の がんが肝臓に転移する転移性のものがあります。原発性肝臓がんには、肝臓の大部分を占める肝細胞ががん化して起こる肝細胞がんと、肝臓内の胆管細胞から発生する胆管細胞がんがあります。日本を含む極東・東南アジア地域では肝細胞がんが90%以上を占め、残り数%が胆管細胞がんです。
肝細胞がんは正常な肝臓に発生することはまれでB型肝炎・C型肝炎・肝硬変などの慢性肝疾患の人に発生するケースがほとんどです。肝臓がんの原因として特に考えられるは、肝炎ウイルスです。
肝臓がんの患者の約20%はB型肝炎ウイルスに、約70%の人はC型肝炎ウイルスに感染しています。B型あるいはC型肝炎ウイルスの作用によって、正常な肝細胞に突然変異が起こり、細胞ががん化するのではないか と推定されています。例えば、C型肝炎から肝硬変になった人は、年率7%の割合で肝臓がんになります。肝硬変の人にとって、肝臓がんへの移行は、深刻な問題です。
B
型、C型肝炎ウイルスの感染者や慢性肝炎患者、なかでも肝硬変の人は、肝臓がんになりやすいハイリスク・グループといえます。
また、統計的にみてハイリスクの人が多量の飲酒を続けると、肝臓がんを発病しやすくなります。
アルコール性肝硬変から肝臓がんになるケースもみらます。
なお、胆管細胞がんの原因は、現在のところ不明です。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど障害があっても症状が出ません。
また、肝がんに特有の症状は少なく、 肝炎・肝硬変などによる肝臓の障害としての症状が主なものです。
わが国の肝がんは、肝炎ウイルスの感染にはじまることが大部分であり、 肝炎・肝硬変と同時に存在することが普通です。
肝炎・肝硬変診察を受けた際に、肝がんが発見されるという場合が多くみられます。
食欲不振、全身倦怠感、腹部膨満感、便秘・下痢など便通異常、尿の濃染、黄疸、吐下血、突然の腹痛、貧血症状(めまい・冷や汗・脱力感・頻脈など) あげられます。
肝がん特有の症状といえば、「みぞおちにしこり」を感ずることです。これは肝がんが肝臓の左半分の部分に発生した時にみられ、医学用語では 「心窩部腫瘤(しんかぶしゅりゅう)」といいます。
突然の腹痛、貧血症状は、肝臓病の症状としては肝がんが破裂・出血した時に 起こるものです。
「心窩部腫瘤」や「突然の腹痛、貧血症状」などの症状が出た場合は、 肝がんがかなり進行した段階といわざるを得ません。原発性肝臓がんの多くは慢性肝炎や肝硬変で検査を受けた際に発見されます。
これらの疾患のある人は、CT検査、腹部超音波検査、腫瘍マーカー検査など定期的なチェックをする必要があります。
また転移性肝臓がんも腹部超音波検査、腫瘍マーカー検査などで比較的容易に発見されるようになりました。他のがんにかかったことのある人は定期検査を受けてください。CT検査肝臓の横断面を画像としてとらえることができるので、特に肝細胞がんの診断にはCT検査が有効です。腹部超音波検査検査技術が向上し1センチ程度の小さながんも超音波検査で発見できるようになりました。身体への負担がほとんどないので繰り返して検査できるのが超音波検査の特長です。血管造影検査鼠径部(腿の付け根から)肝動脈へ、カテーテル(合成樹脂でできた細長い管)を挿入し、肝臓の周辺および内部の動脈へ造影剤を注入してから肝動脈を撮影し、コンピュータ処理し,画像としてとらえます。肝臓のごく小さな腫瘍、特に微小な肝細胞がんの発見に有効です。腫瘍マーカー検査血液検査を行い、肝臓がんの腫瘍マーカーであるAFPPIVKA-2の数値を出します。AFPはアルファフェトプロテインの値ですが、これは肝硬変などでも上昇することがあります。 PIVKA-2は異常プロトロンビンの値ですが、もともとビタミンKが不足している人は肝臓がんではなくても陽性になることがあります。 GOT GPT 血清トランスアミナーゼ値アミノ酸の代謝を助ける酵素であるトランスアミナーゼ(GOTGPT)は肝臓に多く分泌していますが、肝細胞が障害を受けると肝臓内のGOTGPTが血液中に流れ出てきますので、この値を計ると、肝臓に障害があるかどうかが分かります。肝臓がんの他、肝炎、肝硬変の発作などでもこの値は上昇します。膵臓は胃の後ろにある長さ20cmほどの細長い臓器で、右側は十二指腸に、左側は脾臓に接しています。右側はふくらんだ形をしているので頭部と呼び、左端は細長くなっているので尾部といいます。頭部と尾部との間の1/3ぐらいの大きさの部分を体部と呼びます。
膵臓の主な働きは、大きく二つに分けられます。その一つは、外分泌機能です。アミラーゼなどの大切な消化酵素を大量に含んだ膵液を一日に約二リットル排出します。膵液は膵臓の中を網の目のように走る膵管という細い管の中に分泌されます。細かい膵管は膵臓の中で主膵管という一本の管に集まり、肝臓から膵頭部の中へ入ってくる総胆管と合流した後、十二指腸乳頭というところへ開いています。肝臓でつくられた胆汁と膵臓でつくられた膵液はこうして一緒に十二指腸の中へ流れ込み
ます。これらの酵素によって食物が分解され、吸収されて栄養となり、私たちが生きていくためのエネルギー源となります。
もう一つのはたらきは、内分泌機能です。膵臓でつくられるホルモンは、血糖を下げるインシュリンや逆に血糖を上げるグルカゴンなどで、これらは血液の中に分泌され、血糖値を調整する働きをします。

進行胃がん

膵臓から発生したがんのことを一般に膵がんと呼びます。膵がんは5070歳、特に高齢の男性に多いがんです。わが国では、毎年18,000人以上の方が膵がんで亡くなっています。がん死亡率の最近のデータをみても、胃がんや子宮がんは減少しているのに対し、膵臓がんの死亡率は増加の一途をたどっています。膵臓がんは、膵臓が体の奥深くにあるため、検査がしにくく、特有の症状が現れにくいため、早期発見が簡単にはできない、治療困難ながんの一つとなっています。膵臓にで


進行胃がん

きるがんのうち90%以上は外分泌に関係した細胞、特に膵液を運ぶ膵管の細胞から発生します。これを特に膵管がんといいます。普通、膵がんといえばこの膵管がんのことを指します。膵管がんは膵管上皮細胞の過形成(かけいせい)や異形成(いけいせい)から、前がん状態を経て発がんし、膵管上皮内癌になり浸潤(しんじゅん)癌へと進展していくと考えられています。

進行胃がん


すい臓ガンの原因は明らかではありませんが、食生活の欧米化による動物性脂肪やたんぱく質、アルコールなどの過剰摂取、あるいは喫煙などがリスクファクターといわれています。その他にいろいろ議論はありますが、慢性膵炎・膵石症、糖尿病、急性膵炎の既往のある方は膵がんの高危険群と考えて、定期的な検査を受けられたほうがよいと思われます。
進行胃がん


病理組織検査で診断 転移の有無を調べるため全身の検査をします。

早期がんは内視鏡で治療も可能。基本的に手術で転移があれば化学療法。


進行胃がん

内視鏡を口から胃の中に送り込み胃の粘膜を直接観察する検査で、胃がんの大部分を見つけることができます。がんが疑われる場合には粘膜の一部を採取して顕微鏡を使って生検が行われ、確定診断が下されます。超音波内視鏡内視鏡の先端に超小型の超音波断層装置をつけて内視鏡検査と同様に検査を行いますが、胃壁の断層像からがんの深達度を判断することができたり、粘膜下層より深い部分に薄く拡がるスキルス胃がんの浸潤の範囲を調べることができます。

進行胃がん


胃がんが確定された場合には続いて病変の広がりと肉眼的分類、深達度が判定されます。また転移の有無を調べることになります。CT検査・腹部超音波検査肝臓や肺などに遠隔転移があるか、リンパ節転移があるか、周囲の臓器への浸潤があるか、などの検索がされます。

進行胃がん


大腸への転移を調べる際には<腹部超音波検査>という肛門から造影剤と空気を注入して造影検査が行われることになります。胃がん(スキルス胃がんを含めて)の場合、血液中の「腫瘍マーカー」も検索します。

これらの結果にもとづき治療法が決定されます。腫瘍マーカー
進行胃がん



腫瘍マーカーだけでがんと診断することはできません。あくまで治療後の経過を見るための目安として使用します。 以下に胃がんの検査に使用される腫瘍マーカーと基準値を示します。腫瘍マーカーとは最近、体内にできたガンの存在をキャッチする一つの方法として、腫瘍マーカーが注目を集めています。腫瘍マーカー検査とは、ガン細胞が増殖していく過程で生成される特異的な物質の検知を血液や尿を用いて行うもので、ガン診断の補助やガン手術後の経過観察等に非常


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。