胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 治療 ガイドライン

胃がん治療ガイドライン

寛解にならなければ2回以上同じ治療を繰り返し行います。
寛解時の治療急性白血病の治療
完全寛解になると骨髄や血液の中には、ほとんど白血病細胞が見られなくなりますが、それでもまだ1億以上の白血病細胞が残っていると考えられます。そのため寛解後療法として地固め療法「維持・強化療法と呼ばれる化学療法を引き続き数年間行います。
地固め療法は導入療法と同様の強力な抗がん剤を使用するため、入院のうえ行われます。維持・強化療法は再発を予防するために行う治療で、通院でも行うことができます。
白血病細胞に特定の染色体異常があったり、寛解までに時間がかかった場合には再発してしまう可能性が高くなります。
患者さんの年齢が50歳くらいまでで全身状態が良好で臓器機能が正常であれば、白血球の型(HLAといいます)が一致した健康な方(ドナー)から正常な造血幹細胞を採取し、静脈から輸血をするように体内に入れ破壊された骨髄と入れ替えていく「造血幹細胞移植」が行われることもあります。
急性白血病で行う造血幹細胞移植には大量の抗がん剤と放射線を用いて、体内にある全ての白血病細胞とそのほかの正常な血液細胞を壊す必要があるため、体力がなければ治療に耐えることができないため対象となる年齢が50歳くらいまでに制限されてしまいます。
再発時不応時の治療急性白血病の治療
白血病の再発時には前回効果が見られた治療法を再度行うことがあります。
それでも効果が出ない場合、または不応時には治験薬(実験段階の薬)を使うなど新しい治療を試みます。
性白血病は、白血病細胞が分化・成熟する力を保っていて増殖スピードも穏やかです。4〜5年の初期段階ではほとんど症状が無くゆっくりと進行するため慢性期と呼ばれていますが、その後は急性に転化し、症状が現れるようになります。
急性白血病と違い、慢性白血病は治癒させることが困難な病気です。
慢性白血病の初期ではほとんど無症状です。この時期には健康診断などの血液検査で白血球数が異常に増加しているために発見されることが多いようです。
慢性白血病により白血球数が増加するに従い、全身倦怠感、夜間の異常発汗、体重減少や脾臓が腫れて胃腸を圧迫し腹部の膨満感が現れることもしばしばあります。
慢性リンパ性白血病では急性白血病同様の白血球や赤血球、血小板の減少による症状が現れることがあります。
急性白血病と同様、血液検査と骨髄穿刺が行われます。
慢性白血病の治療は、医師の協力の下で治療方針、治療期間、メリット・デメリットなどの説明を十分にうけ、患者さんが自分の価値観などを考慮し 患者さんが最終的な治療方法を最終的に決定する時代になりつつあります。
また医療の進歩とともに白血病の治療方法も多様化してきており、 医師によって治療方法が異なることは珍しくなく必要な時代になってきました。
慢性骨髄性白血病は急性転化してしまうと、現在では有効な治療法がないため、急性転化を食い止めることが治療の目標になります。
慢性骨髄性白血病の場合は、造血幹細胞移植が治癒を期待できるほぼ唯一の方法ですが、大量の抗がん剤などを使用するため副作用が強く、高齢者などには適応できません。
慢性骨髄性白血病の患者さんで造血幹細胞移植が受けられなかったり、移植しても効果がなかった場合には「インターフェロンα:商品名IFN-α、OIF、スミフェロンなど」を使って白血球数を抑える薬物療法や2001年12月から発売されている「メシル酸イマチニブ:商品名=グリベック」を使って慢性骨髄性白血病の原因となる異常なタンパク質の働きを抑えがん細胞を死滅させる方法があります。
インターフェロンを使った慢性骨髄性白血病の治療は毎日皮下注射を続けることになりますが、副作用が強くインフルエンザに似た症状が現れます。また抑うつ状態になることがあり、この場合には注意が必要となります。
メシル酸イマチニブを使った慢性骨髄性白血病の治療は、副作用が少なく効果も高いため今後が期待される治療方法ですが現時点では長期的な効果は不明であるため、現在受けている治療の効果があればその治療を続けたほうが良いとされています。
慢性骨髄性白血病が移行期になると造血幹細胞移植をおこなっても治癒率は下がります。さらにすすんだ旧制転化期ではさらに治癒率は下がってしまいます。そのため早期に発見して造血幹細胞移植を行うことが慢性骨髄性白血病を治癒させるほぼ唯一の方法と言われています。
慢性リンパ性白血病では化学療法が行われることが一般的です。他に放射線療法や造血幹細胞移植が行われることもありますが、高齢者に多い白血病であるためQOL(生活の質)を考慮して強力な抗がん剤を使った治療を行わない場合も多いようです。
慢性リンパ性白血病の0期〜II期で無症状の場合には治療を行わずに経過観察をすることが多いようです。
0期〜II期の症状が出ている場合では「シクロホスファミド:商品名=エンドキサン」を数ヶ月間使い症状が改善された場合には一度治療を中止するという方法が取られることが多なります。
慢性リンパ性白血病のためにリンパ節が腫れたり、脾臓が腫れている場合には放射線療法が行われることもあります。
慢性リンパ性白血病のIII期〜IV期になると抗がん剤で症状を改善することが難しくなってきます。その場合は新しい治療法などが試される場合があるようです。
抗がん剤による慢性リンパ性白血病の治療中は白血球が減るためウイルスや細菌に感染しやすくなってしまいます
骨髄異型性症候群とは、造血幹細胞の遺伝子や染色体がわずかに異常を起こし、きわめてゆっくりと血液成分全体に異常が起きて、白血球、赤血球、血小板のどの血球も減ってしまう病気です。
骨髄異型性症候群は60歳以上の高齢者に多い病気で、患者さんのうち20%程度が急性白血病に転化するため「前白血病状態」と呼ばれることもあります。
白血病化した芽球の割合が20%以上であれば急性白血病、それ以下であれば骨髄異型性症候群に区別されます。
骨髄異型性症候群では正常な血液細胞が造られないためにさまざまな症状がでるようになります。
正常な白血球は細菌やウイルスが体内に侵入した際にそれを排除する免疫の役割をもつ細胞です。骨髄異型性症候群のために白血球が減少することで感染症にかかりやすくなったり、原因不明の発熱が起こることがあります。
正常な赤血球は全身に酸素を運ぶ働きをします。そのため骨髄異型性症候群になると赤血球の減少により、動悸、息切れ、全身の倦怠感、顔面蒼白などの貧血症状が現れます。
血小板は出血を止める機能を持っています。骨髄異型性症候群のために血小板が減少すると歯茎や鼻から出血したり、出血斑ができたり、青あざができやすくなります。
急性白血病と同様、血液検査と骨髄穿刺が行われます。
骨髄異型性症候群の治療は、医師の協力の下で治療方針、治療期間、メリット・デメリットなどの説明を十分にうけ、患者さんが自分の価値観などを考慮し 患者さんが最終的な治療方法を最終的に決定する時代になりつつあります。
また医療の進歩とともに骨髄異型性症候群の治療方法も多様化してきており、 医師によって治療方法が異を求めることが必要な時代になってきました。
骨髄異型性症候群には病気分類という考えがありませんが、治療の選択の際には以下に示す病気の時期が関連します。
骨髄異型性症候群の場合、造血幹細胞移植が治癒を期待できるほぼ唯一の方法ですが、大量の抗がん剤などを使用するため副作用が強く、高齢者などには適応できません。
不応性貧血や環状鉄芽球性不応性貧血の初期では輸血をする必要も無く、無治療で経過観察をする場合が少なくありません。ビタミン12や葉酸などの薬剤は無効とされています。
貧血が進行してヘモグロビン値が8g/dl以下になると貧血症状を改善するために赤血球輸血を行います。ただし頻繁に赤血球輸血を行うと内蔵に鉄分が沈着してしまうため鉄分を除去する薬を使うことがあります。
出血傾向があるか、血小板数が2/ul以下になると血小板輸血が行われます。
白血球の減少に対しては抵抗力が弱くなり感染症を起こしやすくなるため抗生物質や抗真菌性の薬を使うことがあります。
化学療法(抗がん剤)は強力な多剤併用療法を行うか、高齢者には少量化学療法が選択されますが、いずれにせよ治療成績はあまりよくありません。
骨髄異型性症候群では造血幹細胞移植以外に治癒を望める治療法がないため、積極的に臨床試験が行われています。
不応性貧血および鉄芽球性貧血以外では予後が非常に悪く、感染症や出血が原因で命を亡くすことが多いため
卵巣がん(卵巣癌)
卵巣は子宮の両側にある一対の親指ほどの小さな臓器でが、卵子を作るとともに女性ホルモンを分泌するという重要な役割を果たしています。
卵巣にできる悪性腫瘍の事を卵巣がん(卵巣癌)といい、最近少しずつ発生頻度が増えてきています。
卵巣に発生する腫瘍にはさまざまな種類がありますが、85%ほどは良性の腫瘍であり卵巣がん(卵巣癌)はそれほど多くはありません。
卵巣は表層上皮や性策間質、胚細胞といった組織で構成され、それぞれに腫瘍が発生します。卵巣がん(卵巣癌)は表層上皮に発生する上皮性がんが9割を占めています。次に多いのが胚細胞にできるがんになります。
卵巣がん(卵巣癌)の発生する率は年々増加傾向にあり、特に都心部で生活する女性で発生する割合が高くなっており、ライフスタイルとの関連性が高いとされています。
卵巣がん卵巣癌の原因
卵巣がんの発生はあらゆる年代の女性に見られますが40歳代〜50歳代がピークです。未婚の女性、妊娠・出産の経験がないまたは少ない女性、母親や姉妹などの家族に乳がんや卵巣がんにかかった人がいる場合に多く見られます。
卵巣がんの発生には女性ホルモンのエストロゲンが大きく関与していると考えられています。
現代の日本女性は、食生活の欧米化によって発育も体格もよくなりました。そのため初経昔より早く、逆に閉経は遅くなっています。また未婚の女性が増え出産の機会も減りました。これらはエストロゲンにさらされる期間が長くなったことを意味します。こうした背景から、卵巣がんが発病しやすくなったと考えられています。
卵巣がんを引き起こす要因として遺伝も関連が深いと考えられています。三親等以内の家族・親戚に乳がんや卵巣がんの既往歴があると、卵巣がん発生のリスクは一般の人に比べて高くなります。
ただし、本当の意味での遺伝性の卵巣がん(卵巣がんにかかりやすい特定の遺伝子が親から子へ引き継がれる)はわずかで、多くは、体質や食生活などが似ている影響かと思われます。卵巣がんの予防のためには脂肪分の多い食事は避け、バランスの良い食事を心掛けると良いといわれています。
卵巣がんも他のがんと同様、初期のものほど治る率も高くなるので早期発見・早期治療が大切になります。しかし、卵巣がんは転移がしやすく症状も出にくいため気が付いたときには転移している状態であることも珍しくありません。
卵巣がんは腹膜の後ろにあり早期の段階ではほとんど自覚症状がありません。そのため卵巣癌は早期発見が難しく「お腹が張る」、「下腹部にしこりや圧迫感を感じる」、「膀胱が圧迫されて尿が近くなる」などの症状がでてから気が付くことが多くなります。
これらの症状はがんが大きくなったり、あるいは腹膜播種といって腹腔内に種をまいたようにがんが拡がって炎症により腹水が溜まったときなどに見られる症状になります。
さらに卵巣がんが進行すると胸腔内にまで拡がり、胸水が起こることがあります。胸水が溜まると息切れや呼吸困難、食事がのどを通りにくいなどの症状が出るようになります。
卵巣がん(卵巣癌)ではリンパ節転移もよくおこります。腹部大動脈の周りや骨盤内のリンパ節がはれ、次第に胸部や首のリンパ節にも拡がっていきます。この場合シコリを感じることがあります。
異常を感じたらすぐに婦人科を受信することが卵巣がん(卵巣癌)の早期発見には必要です。
膣や肛門に指を入れて卵巣が腫れていないか調べる内診が最初に行われます。内診によって卵巣腫瘍が疑われる場合には次の検査に進みます。
内診で卵巣腫瘍の疑いがあると診断された場合には、腫瘍の場所や大きさを調べるために画像検査が行われます。
体に超音波を発信し、組織に当たって反射してきた音波を捉えて画像を得る検査です。外来でできて患者さんの負担も少なく、放射線を浴びる心配がないなどのメリットがあります。
超音波検査には腹部に超音波発信器を当てて検査する腹部エコーと膣の中に発信器を入れて検査する経膣エコーがあります。
を使って 非常に鮮明な画像を得ることができます。周囲の臓器やリンパ節転移の有無を調べることができ癌の進行具合を調べるためには重要な検査になります。
は磁場を使っていろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影する検査です。 放射線の被曝がなく超音波検査では見分けの付きにくいがんもMRI検査で診断できる場合があります。がんの状況、近傍臓器との関係などをよく把握することができるため手術前の検査としては大変価値のある検査になります。
現時点では限られた施設にしかありませんが、細胞分裂の盛んな細胞(癌)はエネルギーを正常細胞よりも多く消費するという性質を利用した画像検査PET(ペット)が行われるようになってきました。
検査ではまず、「フッ素18」という放射性物質を付けたブドウ糖(FDG)を静脈注射します。他の細胞と比較して異常な速さで増殖するがん細胞は多くのエネルギーを必要とし、ブドウ糖をより多く消費する性質があります。ブドウ糖はがんの部分に集まり、それだけ放射線を多く放出するので画像で濃く見えるのです。
早期発見の可能性が期待されています。また、患者さんの苦痛がないことが大きなメリットです。
画像検査や内診だけで卵巣がんを確定することはよほど進行して転移が明らかな場合を除いてはありません。卵巣は身体の奥にあり、簡単に組織を採取することが不可能であるため、卵巣がんの確定診断には開腹手術が必要になります。
最終的な確定診断を行うには、開腹して卵巣組織を一部採取し顕微鏡で調べることになります。ただ、最近では腹腔鏡を挿入して卵巣組織を採取する方法が行われるようになってきました。この方法では患者さんの負担が少ないというメリットがあります。
卵巣がんの検査に使用される血液検査と基準値を示します。基準値は施設によって基準値が異なりますので詳しくは検査機関にお問合せ下さい。また、これらの数値は卵巣がん以外の病気でも高くなることがありますので、目安としてお考え下さい。
卵巣がんの腫瘍マーカー
は主に卵巣がんや子宮体部がんに有効な腫瘍マーカーで、他に子宮内膜症の診断にも使われます。
早期の卵巣がんの場合には陽性になることが少ないため早期発見にはあまり役立ちませんが、転移している卵巣がんの場合陽性、しかもかなり数値が高くなることが多いため血液検査だけで卵巣がんが分かることもあります。
膵癌、胆道癌を始めとする各種消化器癌や卵巣がんで陽性となる腫瘍マーカーです。
肺がん、膵癌、胆道癌や卵巣がんで陽性となる腫瘍マーカーです。良性疾患における偽陽性率は低くなります。
卵巣がんは、がんと診断された時点ですでに転移している人が多いため検診で卵巣がんの早期発見をしようという試みが欧米で行われてきました。しかし、検診の有効性を認めることができず欧米の医学界では1994年に無症状の女性が卵巣がん検診を受けることは推奨できないとするガイドラインを出しています。
卵巣がんの治療は、医師の協力の下で治療方針、治療期間、メリット・デメリットなどの説明を十分にうけ、患者さんが自分の価値観などを考慮し 患者さんが最終的な治療方法を最終的に決定する時代になりつつあります。
また医療の進歩とともに卵巣がんの治療方法も多様化してきており、 医師によって治療方法
卵巣体がんの治療には「外科療法(手術)」と「化学療法(抗がん剤)」を併用するのが一般的になってます。他に放射線療法が行われることがあります。 卵巣がんの治療法は、がんの進み具合(病期)やがんの部位、患者さんの年齢、合併症の有無などから判断されます。
卵巣がんの手術でどの範囲まで切除するかはがんの拡がり具合や年齢などによって個止まります。
のごく初期段階で、患者さんが妊娠を希望している場合には片側の卵巣だけを摘出しもう片方を残す場合があります。 しかし、卵巣がんは発見された時点で既に転移していることが少なくなく、がんが片側だけにしか確認できなくても転移の見落としを避けるために通常は両側の卵巣と卵管、そして子宮も含めて摘出します。
大網とは胃から垂れ下がって、腹膜にある臓器を覆っている脂肪組織で、卵巣がんの転移が最も起こりやすい組織であり、切除しても特に害がないため卵巣がんの手術では転移が認められなくても大網も卵巣や子宮などと一緒に切除することが一般的になります。 手術後、切除した大網を顕微鏡を使って検査し転移が見つかればIII期以上の進行がんということになります。
腹膜の後ろ側にある腹膜と背骨や背筋との間にある領域で、大動脈や下大静脈、腎臓、尿管などがある部位を後腹膜といいます。この後腹膜リンパ節は卵巣がんの転移が起こりやすい部位になるため、リンパ節への転移が疑われる場合は後腹膜リンパ節の一部組織を採取し検査を行い、すぐに病理検査が行われます。その結果転移が見つかれば骨盤リンパ節と大動脈リンパ節全てを切除する郭清が行われます。
卵巣癌で転移が見つかった場合にはIII期以上の進行がんになります。 卵巣がんが大腸や小腸などの腹腔内臓器に転移している場合や肝臓に転移している場合にこれらの臓器を一緒に切除することになります。
以前は、卵巣がんの治療は最初に手術を行い取りきれなかったがんに対して抗がん剤治療を行い、そのご再び開腹してがんが残っていないかを確かめることが一般に行われていました。しかし、卵巣がんは抗がん剤が比較的良く効くがんであるため手術前に抗がん剤治療を行いがんを小さくしてから手術が行われる術前化学療法が行われることが多くなってきました。
手術後に行われる化学療法は手術でとりきれなかった場合に使われるのが標準で、 I期やII期でがんが完全に取りきれた場合に再発防止の意味で行う補助化学療法は効果が はっきりとしていないため現在臨床試験(実験段階)で行われています。卵巣がんの治療で使用される抗がん剤はプラチナ系薬剤といわれる「シスプラチン (他にランダ、 ブリプラチンパラプラチン、 カルボメルク」とタキサン系薬剤であるや「パクリタキセル=タキソール」とを組み合わせて使われます。
放射線療法は高エネルギーの放射線を使ってがん細胞を殺す治療方法です。 卵巣がんではほとんど使われることはありませんが、一部脳に転移した場合などに使われることがあります。
放射線の照射量には決まりがあり、無理をして大量の放射線照射を行うと強い副作用が出る可能性が高いため注意が必要です。放射線療法や抗がん剤を用いた化学療法では白血球減少による免疫力の低下が起こりやすいため体を清潔に保つことが大切ですし、規則正しい生活を送る必要があります。 免疫力を賦活させることが大切です。
また、骨髄損傷による白血球減少、血小板減少、貧血などが起こりやすいため造血機能を強化することも大切になります。 白血病(急性リンパ性白血病/慢性リンパ性白血病/急性骨髄性白血病/慢性骨髄性白血病骨髄異型性症候群
血液は3種類の血球(赤血球、白血球、血小板)と液体成分の血漿けっしょうでできています。血球は全て造血幹細胞とよばれるさまざまな血球に分化・成熟していく機能を持つ細胞から造られます。造血幹細胞は主に骨髄にあります。
白血病とはこの造血幹細胞ががん化して無制限に増殖してしまう悪性腫瘍です。
白血病は一般的に臨床経過または検査所見により急性白血病と慢性白血病に分類されます。さらに白血病細胞の種類により骨髄性とリンパ性に分類されます。他に骨髄でがん化した不完全な血球しか作ることができなくなってしまう骨髄異型性症候群という病気があります。
つまり一言で白血病と言いますが、白血病は実際には急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病に分類され、他に白血病の前段階である骨髄異形成症候群という病気があるということになります。
急性骨髄性白血病/急性リンパ性白血病
急性白血病になると骨髄で造られる造血幹細胞ががん化し骨髄ががん化した白血病細胞のみで占められてしまい正常な血液細胞がほとんど造られなくなり、血管中にも流出するようになります。
そのため全身の血液でも白血球、赤血球、血小板が減少してきます。骨髄では白血病細胞が充満してしまいます。
急性白血病は早期に発見されれば治癒する可能性は高いのですが、経過が急激であるため発見が遅れると急速に進展してしまいます。
骨髄性白血病とリンパ性白血病の割合は小児では1:4でリンパ性が多く、成人では4:1で骨髄性白血病が多く見られます。
急性骨髄性白血病・急性リンパ性白血病の症状
急性骨髄性白血病や急性リンパ性白血病の症状は、正常な血液細胞が造られないために起こる症状と、白血病細胞が異常増殖するために現れる症状があります。
正常な白血球は細菌やウイルスが体内に侵入した際にそれを排除する免疫の役割をもつ細胞です。急性白血病により白血球が減少することで感染症にかかりやすくなったり、原因不明の発熱が起こることがあります。


胃がん治療ガイドライン

正常な赤血球は全身に酸素を運ぶ働きをします。そのため急性白血病により赤血球が減少することで、動悸、息切れ、全身の倦怠感、顔面蒼白などの貧血症状が現れます。
血小板は出血を止める機能を持っています。急性白血病により血小板が減少すると歯茎や鼻から出血したり、出血斑ができたり、青あざができやすくなります。

胃がん治療ガイドライン


白血病細胞が増えたために起こる症状としては、脾臓や肝臓が腫れてお腹が張ったり、腰が痛くなったり、骨や関節の痛みが出たり、歯肉が腫れたり、頭痛や吐き気が起こることがあります。
白血病が疑われる場合には、まず血液検査を行い各種血液細胞を数え、異常細胞の有無をチェックします。血液検査の結果が正常ではなかった場合はさらに骨髄穿刺(こつずいせんしが必要になります。


胃がん治療ガイドライン

骨髄穿刺とは、胸骨または腰骨に太い針を刺して骨の中心部分から骨髄液をとり、白血病細胞の有無を顕微鏡で調べるとともに骨髄性の白血病なのか、リンパ性の白血病なのか等の確定診断を行います。
さらに染色体検査や遺伝子検査、表面マーカーといった白血病細胞の特徴をさらにはっきりさせる検査を行います。


胃がん治療ガイドライン

これは、白血病のタイプによって治療方法が異なるためです。
白血病の治療は、医師の協力の下で治療方針、治療期間、メリット・デメリットなどの説明を十分にうけ、患者さんが自分の価値観などを考慮し 患者さんが最終的な治療方法を最終的に決定する時代になりつつあります。


胃がん治療ガイドライン

また医療の進歩とともに白血病の治療方法も多様化してきており、 医師によって治療方法が異なることは珍しくなく、主治医以外の必要な時代になってきました。
急性白血病に対する治療の主体は化学療法(抗がん剤)になります。他に放射線療法や造血幹細胞移植療法が行われることもあります。


胃がん治療ガイドライン

急性骨髄性白血病及び急性リンパ性白血病にはがんの拡がりを示す病期という考えがありません。また急性白血病の診断時にはすでに全身性の疾患であるため治療の選択において放射線療法といった局所的な治療だけが行われることもありません。
初発時の治療急性白血病の治療


胃がん治療ガイドライン

強力な抗がん剤による完全寛解骨髄中の白血病細胞が5%未満になり他臓器への浸潤もななる状態を目的とした治療である寛解導入療法を行います。
白血球が減少して感染症にかかりやすくなるため無菌室で治療は行われます。


胃がん治療ガイドライン


急性前骨髄性白血病というタイプの白血病では、活性化ビタミンAのレチノイン酸という薬を使って、白血病細胞の分化を促進して成熟させ自然死に導く「分化誘導療法」が効果的です。抗がん剤ではなくビタミンAなので口が渇いたり皮膚が赤くなる程度の副作用しか現れません。
いずれの場合でも早ければ数週間で完全寛解になる可能性があります。1回の治療で完全


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。