胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 兆候

胃がん兆候

がんの拡がるのを抑えるような、自然自信のガン・ファイターを、植物から導入する。 がん細胞だけを選択的に攻撃する栄養物質の大量投与によって、がんの活動を低下させる。 化学療法や放射線療法そのものが、新たながんを生み出すことを防ぐ。 遺伝的にがんになりやすいことがわかっている患者に、がんが再発するリスクを減らす。 そもそもがんを起こす原因になった背後条件を変えることによって、がんの完全ないしは部分的退縮を起こさせるチャンスを顕著に増やす。 栄養療法のもっとも素晴らしい点のひとつは、患者様の体力・抵抗力・免疫力を高め、患者様の治る力を最大限に引き出す、と言うことです。  がんそのものが、栄養欠乏などにより起こるホメオスターシス(生体恒常性)の乱れ、免疫力の低下、酸化ストレスによる細胞のダメージなど、悪化した体内環境に基づいて発生するものですから、それらを調整し整えることはより自然で根本的な治療であると言えるのです。 組織型と治療戦略
漿液性腺がんは抗がん剤の最もよく効く卵巣がんの代表格であるが、通常使用される抗がん剤は、TJ療法(パクリタキセル+カルボプラチン)が最も多い。この治療は一日で治療を終えることができ、諸条件が整えば外来でも使用可能で、治療する側、治療を受ける側双方に有益性が高い。この治療以前にはシスプラチンを中心とした抗がん剤レジメ(抗がん剤の組み合わせのこと)が使用されていたが(CP療法、CAP療法など)、この方法は現在でも有力で、上記の方法と2本柱のような存在といえる。後者は外来での使用が難しい難点があるが、効果的には前者を上回ると考えている施設も少なくない。
この他には、TP療法(パクリタキセル+シスプラチン)DP療法(ドセタキセル+シスプラチン)などを、第一選択とする施設もある。類内膜腺がんにおいては、基本的には漿液性腺がんと変わりないが、アドリア
マイシン系の抗がん剤レジメ(CAP療法、AP療法など)を重視する施設もある。抗がん剤のよく効く組織型の卵巣がんでは、いずれの抗がん剤レジメも概ね良好な成績が期待できる。
問題は、抗がん剤の効果が期待しにくい、明細胞腺がん、粘液性腺がんである。特に明細胞腺がんは頻度的にも増加傾向にあるので、有力な抗がん剤レジメの確立が待望されている。これらの卵巣がんに対して
は、漿液性腺がん、類内膜腺がんで使用されている抗がん剤以外に、カンプトテシン、マイトマイシン、ドセタキセルなどの組み合わせが使用されている。当科では著効例も経験されているが、奏功する率が全
般的に低く、現在さまざまな模索が行われている。 
卵巣がんと腫瘍マーカー
卵巣がん治療と切っても切れない関係に、腫瘍マーカーの存在がある。腫瘍マーカーとは、"がんの人に高くて、正常の人で低い血液中の物質"のことである。採血で測定することができる。がんの種類によって、
測定する腫瘍マーカーも異なることが多く、卵巣がんの場合は通常CA125 が最も重要で、CA19-9も有用な場合も多い。これらの臨床的な使い道としては、1)卵巣が腫れている場合に、良性腫瘍か悪性腫瘍かの
判定(治療前)2)長期間治療中における治療効果の判定もしくは病勢の把握(治療中)3)再発の有無の判定(治療後)、がある。このように、腫瘍マーカーは卵巣がん治療の全ての過程において頻用されている。
特に、III-IV期卵巣がんの長期治療中は、CA125の値がほぼ正確に病状を数値で反映することが多く、モニターとしての役割を果している。
な投与が、末期がん患者においてがんの退縮や余命の延長をもたらす、と言うテータが数多く発表されています。ゴンザレスらは、アスコルビン酸(ビタミンC)の抗腫瘍効果について、過去25年間の医学文献を再検討し、アスコルビン酸のがん予防効果、その作用機序等についてまとめ、特に静脈点滴による高用量のアスコルビン酸投与ががん治療に有効であると結論づけています1)。 ドリスコらは、2例の進行した卵巣がん患者において、標準治療(手術・化学療法)とともに、点滴による高用量のアスコルビン酸投与および経口の抗酸化物質(ビタミンCECoQ10βカロテン・ビタミンAなど)の摂取などの補完治療を行ったところ、腫瘍マーカーの陰性化、診断から3年が経過しても再発を認めていないことを報告し、これらの治療が標準治療の効果を高め、安全性を増し、予後を良好にしている可能性について述べています2)。 またNIHのレビンらは、パダヤッティ、リオールダン、ヒューイットなどによる、主にアスコルビン酸の高用量の投与によって目覚しい治療効果を出したがん患者の3症例について報告しています3)。

胃がん兆候

胃がんについては、分子整合栄養医学を実践する日本のグループにより、標準治療に分子整合栄養療法を加えた「栄養療法群」と、「標準治療群」、「免疫療法群(標準治療+免疫療法)」の予後を比較検討したデータがあります
4)。

胃がん兆候

対象はステージ
2期および3期の胃がん患者群で、雑誌「ランセット」で発表された愛知県がんセンターの中里博士の論文の同ステージの患者群と、栄養療法群とを比較しています。

胃がん兆候

条件としては全く同一とは言えませんが、分子整合栄養療法の補完療法としての延命効果を表す結果と捉えることができます。
(*この場合の免疫療法とはタン白結合多糖類を使った治療法)

胃がん兆候

なぜ分子整合栄養医学ががんに効果的なのか++ なぜ「栄養による治療」が、がんにこのような効果をもたらすのでしょうか?
胃がん兆候



アメリカの栄養によるがん治療の権威であるパトリック・クイリン博士は、栄養療法によるがん治療の目的を以下のように述べています
5)。
胃がん兆候



化学療法と放射線療法の効果を高めつつ、かつその副作用を減らす。
栄養的に問題があるために、平均的ながん患者に起きる口内潰瘍、疲労、吐き気、脱毛、器官の薬物中毒などを、劇的に減


胃がん兆候

らす。
患者自身の免疫能力を高めて、体全体を通じて、がんと戦う免疫細胞の能力を強化する。
胃がん兆候


体脂肪以外の体の組織が失われる悪液質という一般的な副作用をなくしたり、劇的に少なくする。
食事の改善を通じて、がんの細胞だけを選択的に餓死させるのを促す。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。