胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 手術

胃がん手術

この『胃癌手術手技の根拠』では,D2手術を中心に据え,その理念と胃がん手術合理的構成を図化して示した。
 われわれは,日頃から,手術は「SCIENCE OF PLANE OF CLEAVAGE」であることを強調している。とくに癌外科においては,癌の波及範囲を確実に同定する方法がないため,健常組織の「風呂敷(久留)」によって癌病層と所属リンパ節を包みきり,en bloc摘除を行って根治性を確保する胃がん手術方法がとられている。このとき,いささかの「不及」もないように所属リンパ節を確実に郭清し,また,風呂敷として用いる癌細胞のいない組織の犠牲を最小限にするために,剥離層の選択こそが要諦である。すなわち,癌外科は,「SCIENCE OF PLANE OF CLEAVAGE」である。
 胃周囲の構築は複雑であり,ややもすれば,「剥離層」を曖昧にしたままに手術操作がすすめられることも多い。われわれは,胃癌手術における「剥離層の選択法」の要諦を示すテキストが胃がん手術必要と考え,この“胃癌手術ノート”を作った。ここでは,胃癌手術の各ステップにおける剥離層を図化した。同時に,胃および周囲における血管,リンパ系路と胃がん手術リンパ節の局在などについても解説した。
(「はじめに」より)

--------------------------------------------------------------------------------
 本書においては,間膜構築に基づいて胃癌根治手術を組み立てた。そして,発生解剖学の見地から剥離層の選択法を述べてある。また,各場面ごとに必要とされる図は,重複をおそれずに,繰り返しあげてある。
 癌外科を志す若い諸君の座右においていただければ,幸い。これに過ぎるものはない。挿図のほとんどを鉛筆画にしてあるので,自ら着色していただきたい。また,手術の各ステップにおいて必要となる最小限の解剖学的知識が自然に身に付くように解剖模型図を挿入しておいたので,模写してみて欲しい。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。