胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 手術

胃がん手術

わが国で患者数が最も多い胃がん。死亡者数こそ肺がんに抜かれて2位となったが、日本人に最も身近ながんで胃がん手術あることは今も変わらない。

 胃がんは、胃カメラやエックス線検査で見つかる。胃の表面の粘膜にとどまる早期のがんでは、内視鏡治療が普及してきた。口から胃カメラと器具を入れ、がんとその周りの組織を切り取る。後遺症はほとんどない。

 深く進んでいると、手術となる。胃を3分の2以上切除したうえで、近くのリンパ節も取り除くのが標準的な手術法だ。

 元日本胃癌(がん)学会会長で研究会付属病院顧問は「手術件数は胃がん治療の実力の目安」と語る。

 読売新聞は昨年胃がん手術門医修練施設888医療機関にアンケート調査を実施、回答した558施設(回収率63%)のうち、紙面上の制約から年間手術件数胃がん手術70件以上の233施設を一覧にした。

●新しい手術法
 胃がんの手術法は確立されており、一般に難度が高いとはされていない。しかし早期がんでは、手術後の後遺症を少なくする工夫など医療機関による差がある。

 胃が小さくなると、食べ物が急に小腸へ落ちるため、2―3割の患者に冷や汗やめまいなどの「ダンピング」と呼ばれる症状が起きる。神経も一緒に切除されるために下痢を起こしやすくなる。

 後遺症を抑えるため、胃の出口である「幽門」や胃の周りの神経を残す、リンパ節を取り除く範囲を狭くする――などの「縮小手術」を行うこともある。

 さらに、腹部に1胃がん手術センチほどの穴を数か所開け、小型カメラと手術器具を入れて胃を切除する腹腔(ふくくう)鏡手術を試みる病院も増えてきた。傷跡が小さく、術後の回復が早いのが長所だが、経験を積んだ外科医はまだ少ない。

●「切開はく離」可能か
 また、早期がんのうち、粘膜表面にとどまる小さながんは口から器具を入れる内視鏡治療の対象だが、2センチを超える大きさの場合、医療機関により胃がん手術扱いが異なる。広くそぎ取る「切開はく離」という新しい内視鏡治療の技術がないと、胃がん手術手術になることが多い。この治療の導入で外科手術の件数が減っている病院もある。早期がんでは、「切開はく離」で切除できないかどうか確かめたい。

 胃がんの胃がん手術半数程度を早期胃がんが占める今、手術件数に加え、胃の機能を残す治療の選択肢を患者に示せることも病院の実力の1つと言えるだろう。

 一方、手術ができない進行がんや再発がんでは、抗がん剤治療により生存期間が延びているという。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。