胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 治療

胃がん治療

●【胃がん治療】 

 胃がん治療は病巣の切除が第1選択であり、内科医が行う内視鏡下切除と外科医が行う手術があります。私たちは内視鏡下切除の適応からはずれた早期胃がんと進行胃がんに対して手術による治療を行っています。
 また、手術に向けた術前抗がん剤治療や術後の再発予防や再発に対する抗がん剤治療も行っています。
胃を全部取りました” “胃を胃がん治療3分の1残しました”という話を聞かれたことがあると思いますが、胃が残るかどうかは、腫瘍の大きさやできた部位によって決まります。また、胃の切除範囲以外にいろいろなことが考慮されて胃がん治療手術は行われています。
 胃がん治療そのひとつがリンパ節に関係することです。胃の病巣から周囲のリンパ節に拡がったかもしれない胃がん治療がん細胞を、ある一定の範囲で切除する胃がん治療ことも手術の目的のひとつです。これは他臓器のがんでも共通することです。すなわち、胃の手術とは、主病巣の切除(胃切除あるいは胃全摘)とリンパ節切除(リンパ節郭清)ということになります。
 私たちは、基本的には2001年に出された胃癌治療ガイドライン(日本胃癌学会/編、金原出版株式会社、“胃がん治療医師用”と“胃がんの治療を理解しようとするすべての方のために”があります)に従った治療方針を採用しています。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。