胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 化学療法

胃がん化学療法

スキルス型の胃癌

胃幽門前庭部胃がん化学療法(胃の出口に近い部分)にできたスキルス型の胃癌です。

腫瘤形成型の胃癌とは対照的に分化度が低い癌細胞から形成されることが多いといわれています。進行が速く、胃がん化学療法腫瘍が小さいうちからお腹の中全体に癌が広がったりして手術不能であることも多く、たちの悪い癌です。20代から40代の若い方の胃癌はたいていこのタイプです。

画像1:バリウムで胃の透視をすると幽門前庭部に硬化して進展の悪い胃壁を認めます。(黄色と赤色の矢印の間の部分)

画像2:左が健常者、右が胃癌の患者さんです。矢印で挟んだ部分が胃壁の厚さを表しています。同じ縮尺ですので、癌によって非常に胃の壁が厚くなっていることが判ります。

画像3:胃がん化学療法内視鏡では胃の内腔が殆ど無くなっています。癌の部分の胃粘膜は非常にごつごつしていて潰瘍や出血を伴っています。

早期胃癌の手術例

下の4枚の画像は40才代前半の男性で偶然見つかった早期胃癌の症例です。潰瘍を形成した胃癌の場合は内視鏡的な処置は出来ないので外科的な手術をすることになります。

画像1:胃の透視の写真では胃の上の方に病変があります。このような症例では胃を全部摘出する必要があります。

画像2:胃がん化学療法上の写真の一部を拡大したものです。青い矢印は小さな潰瘍を示しています。また黄色い矢印は周囲の粘膜の「むくみ」を示しています。

画像3:全摘された胃の写真です。右側が食道側、左側が十二指腸側です。

画像4:一部を拡大したものです。小さな潰瘍を伴う病変が見えます。

「スキルス胃癌」のページでもお話ししますが、この症例は「低分化型の腺癌」でした。胃がん化学療法このタイプの癌は非常に進行が早くまた早期からお腹の中に散らばりやすい癌ですので見つけたら出来るだけ早く外科的な処置をする必要があります。



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。