胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 化学療法

胃がん化学療法

腹膜播種の治療
  腹膜播種は肺転移や肝転移と同様に第4期に病期分類され、手術では治しきれません。胃がん化学療法胃を全部切除しても袋(腹腔)の中に散らばった癌細胞を取りきることができないからです。各種検査で手術前に腹水や腹膜播種があることが判明した場合、残念ながら特別な理由がなければ手術する意味はありません。胃癌からの出血が続く場合や癌のために食餌の通りが悪くなっている場合に、効果が期待できれば手術することはあります。
  腹膜播種を理由に胃切除手術を受けられなかった場合の標準的な治療法は、肝転移や肺転移と同様に延命と症状緩和を目的とした抗癌剤治療になります。既に小腸や大腸の通りが悪くなっている場合は、入院して絶食とし点滴治療を行い、経鼻胃管で胃液を体外に排出して嘔吐を抑えるようにします。場合によってバイパス手術や人工肛門造設術を行うことがあり、短期的な効果が期待できます。胃がん化学療法肝や肺と異なり腹膜は生命の維持に必須の部分ではないため、腹膜播種だけでは短期間に生命が脅かされることは少なく、それだけ長い期間この苦痛にさいなまれることがあります。



抗癌剤治療について
  ここ数年、胃癌に有効とされる新規抗癌剤が何種類か保険適応されるようになり、それらを組み合わせて50%以上の奏功率を達成できるようになりました。ただし、胃がん化学療法勘違いしてはいけないのが奏功率の意味です。一般に「奏功する」といえば「癌が治る」という意味にとられがちですがこれは間違いです。医学上の定義では、「奏功する」ということは「癌が治る」という意味ではなく、癌の大きさがある割合だけ縮小した状態で(たとえば癌の断面積が半分以下になった状態、あるいは長径が7割以下になった状態で)、それが4週間以上持続するという意味です。たとえば抗癌剤を使用して1ヶ月で癌の断面積が半分になり2ヶ月後も同じ大きさを維持していれば、仮に3ヶ月後にもとの大きさに戻っていても「奏功した」例に含まれるのです。 最近の抗癌剤治療は奏功する確率が上昇していることは間違いないのですが、実際に検査で癌が見えなくなるくらいに抗癌剤が効いて、胃がん化学療法なおかつ何年間も小さくなったまま癌が大きくなってこないということは稀なことです。 現実には抗癌剤が奏功した場合でも半年ないし1年で再増殖してくることが多く、抗癌剤治療だけでは完治はほとんど不可能であると考えてもよいでしょう。


以上ように書いてしまうと「抗癌剤を使用しても癌が消えるわけではないから無意味」と感じるかもしれませんが 、全く癌に対する治療をしない場合に比べて生存期間が延長することは十分に期待できますし、癌が小さくなることで癌によって生じる症状胃がん化学療法(痛み、腹水など)が緩和されることもあります。現段階では抗癌剤治療に過剰な期待を持つのは禁物ですが、副作用対策を十分に行った上で適切に使用すれば有益な場面が多いと考えられています。
奏功例のうちCR(Complete Responce)の割合は決して多くありませんが、CRになった場合には長期生存することがよく知られています。したがって、CRになる割合を増やすことが抗癌剤治療の成績を向上させるうえで重要であると考えられます。 現在、胃癌に対して高い縮小効果が証明されている抗癌剤に、S-1(TS-1)、CDDP(シスプラチン)、CPT-11(イリノテカン)、パクリタキセル(タキソール)、ドセタキセル(タキソテール)などがあり、国内の多数の施設で抗癌剤の組み合わせや投与方法をアレンジして奏功率を上げる努力が払われてきています。現在のところステージ4胃癌や再発胃癌に対しては、胃がん化学療法標準的な初回治療としてTS-1とシスプラチンの併用療法を行い、無効になればイリノテカンやタキソテール・タキソールなどに切り替え、すべて無効になれば緩和ケアへ移行するという治療経過をたどることが多くなっています。

私たちは腹膜播種の初回治療の選択肢として、腹腔への移行が良いとされる経口抗癌剤 S-1(商品名ティーエスワン TS-1)と点滴で使用されるパクリタキセル(商品名タキソール TXL)を併用し、投与方法に工夫を加えて治療効果を高めることを目指しています。

(注)抗癌剤治療の成績を向上させる方法としてCRを増やす以外の方法も提唱されています。癌を縮小させて奏功率を高めるのではなく、少量の抗癌剤により癌の増殖速度を遅らせて生存期間を延長させようという少量療法や、抗癌剤の縮小効果ではなく副作用の程度を抗癌剤投与量の目安として癌との共存を目指す休眠療法(Tumor Dormancy Therapy)という考え方です。胃がん化学療法標準的な抗癌剤治療が目指してきた縮小率の高さが必ずしも生存期間の延長につながっていないという事実もあり、(従来の抗癌剤治療との優劣が医学的に実証されているわけではありませんが)一部の施設で行われています。



私たちが行っている治療効果を上げるための工夫
抗癌剤の投与ルートに独自の手法を用いて奏功率を上げることを目指しています。具体的には、腹部の皮膚の下に埋め込んだ薬剤の注入器(ポート)から細い管を腹腔内に入れておき、抗癌剤タキソールを繰り返し腹腔内に満たすことによって腹膜播種をコントロールすることを目指しています。 胃がん化学療法タキソールは静脈投与でも腹腔内によく移行し治療効果を示すことが知られていますが、下図に示すとおり、タキソールを腹腔内投与すると、静脈投与した場合より10〜1000倍の腹腔内タキソール濃度を長い時間実現することができます。癌が全身転移でなく腹腔内にだけ広がっているのであれば、腹腔内投与を繰り返すことで従来よりも大きな効果が期待できるのではないかと考えています。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。