胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 末期

胃がん末期

藁(わら)はつかんでも溺れますよ。」
思わず出てしまった言葉はその場を凍らせてしまったかのようでした。
「明日、胃がん末期往診に伺いますんで、とにかく痛みのコントロールをした方が。」
話題を変えてごまかすしかありませんでした。

胃癌末期の御主人をなんとか助けたいという気持ちはわかるのですが、あまりにも理不尽な民間療法を信奉し、胃がん末期モルヒネ等による痛みのコントロールさえ忌み嫌う奥さん。
「末期と言われた癌患者の家族にとっては本当に少しでも可能性があるのならどんなことでも試してみたいんです、溺れるものはわらをもつかむ、という心境です。」

瀬戸際に追いつめられた奥さんを崖から突き落とすような私の言葉にもじっと耐えていたのでしょう。”これで絶対に助かる、医者の薬を飲んだら効果がなくなる”胃がん末期という我々から見たらとうてい許し難いOO療法を選んだ奥さんに迷いはありませんでした。

歯を食いしばって痛みに耐える御主人に、耳もとで「奥さんには内緒でこっそり痛み止めを出しましょうか?」とささやいてみましたが、答えはNOでした。私は何もできず、ただ見守っているだけでした。
やがてその御主人にも永遠の安らぎの時が訪れました。

後日、挨拶に来られた奥さんに、あえて尋ねてみました。
「絶対に助かる、というOO療法、やっぱりだめでしたね。」
「ダメなのはわかっていたつもりです、でもOO療法は最後の半年間私達に希望の光を見せてくれたんです、先生達は助かる可能性は10%、とかあと3ヶ月、胃がん末期とか失望することしか言ってくれなかった。最後まで希望を持てて私達は幸せでした、、」

本当に私達は、だったのでしょうか?
今となっては尋ねてみることもできません。
残された時間が少ない末期癌の方に希望を持っていただくことは、たとえそれが幻想であっても、すばらしいことなのかもしれません。
我々医者は正直に事実を伝えようとすればするほど希望の光を消し去ってしまうかのようです。
でもいつわって回復を約束することはできそうにありません。
あちこちの病院で見捨てられて来たけれど、胃がん末期先生は最後まで付き合ってくれてうれしかった、という奥さんの言葉だけが救いでした。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。