胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 末期

胃がん末期

. 大腸ガン/手術をする前にフコイダンで消えた! 58歳 男性 自営業

 人間ドッグの検査で初期の大腸ガンが見つかり病院で手術をしないといけないと思っていた時に友人からフコイダンの話を聞き、取り寄せするから絶対に飲んだほうがいいと友人の強いすすめでフコイダンを飲んでみました。
 正直言うと私も始めは半信半疑でしたが、1ヵ月後の検査結果で担当医の言葉にビックリ。胃がん末期あるはずのガン細胞が跡形もなくきれいに消えているとのことで担当医も確かに「なぜ消えたのだろうと」言わんばかりの顔をしていました。今でも予防のためにフコイダンを少しずつ飲み続けています。




--------------------------------------------------------------------------------

2. 大腸ガン/縮小して元気になった母!  38歳 女性 主婦

 71歳になる母が、大腸ガンで最初に手術を受けたのが4年前のことです。ガンは肛門の近い部分にできていましたが手術はうまくいき、母は、その後しばらくは普通の生活ができていました。
 しかし、昨年の夏に母が肛門のところに違和感があると言ってきました。私と母は不安の中、病院で診てもらったところ、大腸ガンの再発といわれ10月に開腹手術を受けました。ところが開腹してみると、今度のガンは仙骨(背骨のいちばん下にある三角形の骨)に近いところに張り付くようにできているため切除は無理とのことで、医師はそのままお腹を閉じてしまったのです。再発ガンが切除できないという状況はまったく予期していませんでした。
 そんな時、母は以前から親類にすすめられていたフコイダンを飲んでみたいといいだしました。胃がん末期おそらくワラにもすがりたいという心境だったのでしょう。親類を通じてフコイダンを取り寄せ1日3回、朝、昼、晩と2ヵ月飲んだところ、その後の検査で腫瘍がだいぶ小さくなっていることが分かったのです。その後の母の体調も良くなり、今では結果に大満足でフコイダンのおかげだと感謝しています。




--------------------------------------------------------------------------------

3. 胃ガン/末期の腫瘍マーカーが正常値に!  65歳 男性 無職

 末期の胃ガンで抗がん剤治療も始まりましたが副作用が耐えられなくなり抗がん剤治療も止めて、すべてが絶望的になり弱気になった自分がいました。友人数人が病院に見舞いに来てくれた時のこと、ガンにいいからとフコイダンを持ってきてくれました。
 フコイダンの説明と友人の励ましの言葉を聞いて私も胸が熱くなりフコイダンにかけてみようと思いました。医師からのすすめで再び抗がん剤の治療も始まりましたが、今思えばフコイダンを飲み始めてから抗がん剤の副作用がなかったように思えます。胃がん末期その後フコイダンを飲み始めてからの検査結果では私も家族も本当に驚きました。腫瘍マーカーが正常値まで下がり確実に体調も良くなってきています。
 後でよく聞くとフコイダンには抗がん剤の副作用も抑える働きがあるから、それが良かったのではないかとの事もいっていました。今思うとあの時に冷静になって私にフコイダンを飲むよう説得してくれた友人に感謝の気持ちでいっぱいです。




--------------------------------------------------------------------------------

4. 肺ガン/咳が止まり2ヶ月で3分の1に縮小!  48歳 男性 会社員

 フコイダンを飲んで10日目に咳が止まり夜もぐっすり寝られるようになりました。その後の1ヶ月で増殖が止まり2ヶ月目の検査で3分の1に縮小した事が確認されました。胃がん末期それからは生きる希望がでて、フコイダンに出会って飲んで良かったと思っております。




--------------------------------------------------------------------------------

5. 乳ガン/2ヶ月で増殖止まり縮小!  60歳  女性 主婦

 友人からフコイダンはがん細胞を消滅させると知らされて飲み始めました。その時の正直な気持ちはガンの増殖が止まって転移が起こらなければとの思いでしたがフコイダンを飲み始めて2ヵ月後から増殖が止まり小さくなっていました。胃がん末期これからもフコイダンを飲み続けてガンと闘っていきます。




--------------------------------------------------------------------------------

6. 膀胱ガン/フコイダンを飲んだら消え医師も驚嘆!  57歳 男性  自営業

 2年ほど前に血尿が出て、近くの泌尿器科に行き検査を受けました。検査結果を聞いたら膀胱ガンだというのです。その1ヶ月後に手術を受けた医師によると「ガン細胞は取れるところはすべて取った」といいます。しかし、その1ヶ月後の検査でガン細胞が見つかり膀胱の筋層に根を張っている浸潤性膀胱ガンというきわめて性質の悪いものだと言われました。
 これを受けて以前に知人から紹介された「フコイダン」にかけてみようと私は決意しました。「フコイダン」を飲んだらガンが消えたという人が何人もいると聞かされていた私は毎日、胃がん末期朝、昼、夜とすがるような気持ちで飲み続けました。
 その半年後の検査で筋層に根を張っているというガンの状態を調べるため、筋層の細胞を5ヶ所ほど取り出す内視鏡手術を受けました。ところが取り出した細胞からはガン細胞がまったく発見されなかったのです。この時の私の喜びは声にならないものでした。「フコイダン」には感謝で今でも手放せません。




--------------------------------------------------------------------------------

7. 肝臓ガン/数値が下がった!  57歳 男性  会社役員


 知り合いからの紹介で約1ヶ月余り「フコイダン」を飲んでいましたが数値が下がらず、もう飲むのを止めようかと思っていた時に服用して6週目になっての検査で腫瘍マーカーのAFPが132から105へと初めて下がりました。その後2ヶ月で98に、3ヶ月後には76と現在では50前後と下がってきて体調も顔色も良くなっています。
 胃がん末期こうも早く結果が出るとは思いもしませんでしたが、これからも継続しながらあきらめずに飲み続けようかと思っています。


--------------------------------------------------------------------------------

8. 慢性肺炎/20日ですべて正常値に!  40歳 女性  看護士

 慢性肺炎のためGOTは90前後、GPTは100前後を上下するばかりで一向に改善されませんでした。しかし友人の勧めでフコイダンを飲んで20日後の検査でGOTが30、GPTが26へと正常値の範囲になっています。




--------------------------------------------------------------------------------

9. 慢性骨髄性白血病/フコイダンで白血球減少!  63歳  女性 主婦

 長期にわたる抗ガン剤投与にもかかわらず、白血球の数が1万を下回ることがありませんでした。白血球特有の発熱、倦怠感などの症状があり脱毛などの副作用にも悩まされておりました。
 同じ病院で治療しているガンの患者さんからフコイダンを飲んで体調が良くなったとの話を聞き、私もフコイダンを注文し抗ガン剤とフコイダンを併用したところ1ヶ月後の検査で白血球が1万を割り、なんと5千以下になっていました。
 最近では発熱や倦怠感なども少なくなり体調も良くなってきて、家族からも顔色が良くなってきたねと言われるようになりました。体調が良くなったのもフコイダンのおかげだと感謝しながら、胃がん末期まだまだフコイダンは手放せません。




フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。