胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 末期 症状

胃がん末期症状

正常な肝臓組織では門脈がその7割の栄養を供給していますが、がんになるとその部分だけ動脈血流が豊富になります。がんの栄養源は門脈ではなく肝動脈。肝動脈をしばり栄養の供給を絶ってしまえば、がんは小さくなる。と言うのが原理です。
がん近くの血管の中にカテーテル(管)を送り込み、カテーテルの先から抗がん剤や血管を詰める塞栓物質を注入し、胃がん末期症状リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。一度カテーテルを留置すれば、胃がん末期症状カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、胃がん末期症状その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。
リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。胃がん末期症状一度カテーテルを留置すれば、カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。
リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、胃がん末期症状長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。一度カテーテルを留置すれば、カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。
リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。一度カテーテルを留置すれば、カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。
リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。一度カテーテルを留置すれば、カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、胃がん末期症状外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。
リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。一度カテーテルを留置すれば、カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。
リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。一度カテーテルを留置すれば、カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。
リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。一度カテーテルを留置すれば、カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。
リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。一度カテーテルを留置すれば、カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。
リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。一度カテーテルを留置すれば、カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。一度カテーテルを留置すれば、カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。
リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。一度カテーテルを留置すれば、カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。
リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。一度カテーテルを留置すれば、カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。がんの縮小をめざします。塞栓剤には通常ゼラチンのスポンジを1〜2ミリに賽の目に切り、抗がん剤をしみこませ、さらにリピドールと言う油を混ぜます。それをカテーテルの中に入れます。この油はがん細胞のみに特異的に結びつく性質を持つ為、がん細胞をターゲットとして攻撃します。 CTや血管造影などの画像を利用してカテーテルと言う細い管を動脈内に入れ、がん細胞へ栄養を供給している動脈へそのカテーテルを誘導します。そしてその血管に直接抗がん剤を注入します。抗がん剤の投与の方法として、血管造影時に行うONE SHOT動注療法、リザーバーと言う器具を皮下に埋め込みカテーテルを留置する経皮的カテーテル留置動注療法があります。血管造影を行う際に、同時に抗癌剤を投与する方法で、主に手術や放射線治療を行う前に、腫瘍を縮小させ、周辺組織への浸潤を小さくし、手術をしやすくする目的で行われます。この場合、一回に投与する抗癌剤の量を多くし、高い抗腫瘍効果を狙います。通常は2〜3カ月の間に2〜3回施行し、治療効果が見られた時点で次の治療段階に入ります。
また、手術や放射線治療が終了した後に、治療効果の維持のために、数カ月に一回ずつ施行する場合もあります。この場合、通常は1週間程度の入院が必要となります。
抗癌剤をより高濃度に、かつ長期間腫瘍内に停滞するように、バルーンという風船を血管内で膨らませ、一時的に血流を遮断する工夫もされています。 リザーバーという動注用器具を使用して、血管内にカテーテルを留置する方法です。この場合、動注する度に血管造影をする必要がなく、少量の抗癌剤を間欠的に計画的に投与することができます。
ONE SHOT動注療法と違い、一回の治療で大きな腫瘍抑制を狙うのではなく、その効果を徐々に利かせ、長期間維持するのが目的ですので、放射線治療と同時に併用し相乗効果で治療効果を高めたり、原発巣が比較的良くコントロールされているにも関わらず、肝臓に転移巣が見られる場合などに利用されます。一度カテーテルを留置すれば、カテーテルが目的の血管から抜けたり、血栓などで詰まったりしない限り、何度でも薬剤投与が可能な為、入院の必要なく、外来で治療できるのも利点です。
カテーテルは、経大腿動脈・経左鎖骨下動脈・経左腋窩動脈・経左上腕動脈などを経由して目的の血管に誘導します。経由する動脈の近傍の皮下にポケットを作製して、その中にリザーバーを埋め込み、カテーテルと接続して皮下に埋没させます。
また、目的の血管が数本ある場合、カテーテル留置の血管を1本にする為、それ以外の血管に塞栓用コイルを用いて血管を詰め、血流を遮断する血流改変術が行われます。
主に脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、乳がん、原発性肝がん、転移性肝がん、子宮頸がん、膀胱がん等に対してその効果が認められています。

門注化学療法
動注化学療法同様にカテーテルを腸間膜静脈の枝から門脈に挿入し抗がん剤を投与します。胃がん、大腸がんの肝転移に対しての効果が期待されています。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。