胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 末期 症状

胃がん末期症状

末期症状でもあった原発の胃ガンは1997年8月に手術で摘出に成功。そして、術2年後に
確認された腹部リンパ筋への転移は、胃がん末期症状末期症状でもあった原発の胃ガンは1997年8月に手術で摘出に成功。そして、術2年後に
確認された腹部リンパ筋への転移は、抗癌剤と漢方薬の併用で縮小(一部消滅?)し、その
後の放射線治療で「石灰化(ガン細胞の死滅)」となって回復した。
しかし、こうした治療にもかかわらず生き残りの腫瘍(一個)が発見された。が、幸いにも二度
目の手術で摘出に成功した・・・

本来ならこれで『完治』となります。

今回の二度目の手術と放射線治療などによって、病院で確認されてきた胃ガン、腹部リンパ
筋への転移ガン(悪性腫瘍)胃がん末期症状はすべて「石灰化、摘出」によって消滅した事になります。最初
の胃ガン手術から六年近くが経過していること。従って、当時の転移ガンが検査で確認でき
ないほどに小さな腫瘍として未だに残っているとは常識的に考えられないからです。

そこで、考えられることは、約6年間もの長期間、私のお腹(腹部リンパ筋)にがん細胞が存
在し続けた事実とその経過を軽視できず、胃がん末期症状新たな「再」転移が発生している可能性があるこ
とです。
そこで、病院(主治医)からは、『放射線治療や抗癌剤治療で再転移の危険性を防止したい』
との提案がなされた。私も『最初の段階で可能な限りに最善を尽くす』との同意見だったので
これに同意した。

正直に申して、すでに開腹手術を2回も行っています。抗癌剤と言う「毒」薬も一年半も飲み
続けてきました。その上に放射線治療も受けてきました。そして、今回、再び放射線を浴び抗
癌剤薬も飲み続けることなったのです。そのために私の身体はどうなるのだ!、との不安感
が増して恐怖心さえ感じます。

それでも私の肉体は胃がん末期症状「元気」そのものです。漢方薬を飲み続けている事で、整腸作用や免疫
力を高めてくれています。そして、これに『久禮流』元気療法という助太刀が加わったことで相
乗効果が生まれ、びっくりするくらい順調に「元気さ」を維持できています。
だからこのことが何よりの救い(私の戦いの武器)となっています。つまり、これからの放射線
治療や抗癌剤治療に負けないだけの体力・免疫力を維持できている感じです。だから今回も
この勢いで前向きに立ち向かい元気に乗り越えていきましょうぞ!。・・・それにしても気が重
いぞ!。

それと、もう一点大切なことは、転移のガンがリンパ筋に多数に散らばっているので、手術や
放射線治療はできない状態でした。しかし、独自に漢方薬などを補って治療したことで縮小(
一部消滅)し、放射線治療や手術が可能となり前記したように「消滅」・・・回復させることがで
きたことです。
西洋医学的な治療法の限界性・・・しかし、その限界性を様々な治療法で補うことで、治療の
幅を広げることができたことの素晴らしさです。それができたからこそ、余命半年から1年とい
う、期限付きの人生から生還できたといえます。末期症状でもあった原発の胃ガンは1997年8月に手術で摘出に成功。そして、術2年後に
確認された腹部リンパ筋への転移は、胃がん末期症状抗癌剤と漢方薬の併用で縮小(一部消滅?)し、その
後の放射線治療で「石灰化(ガン細胞の死滅)」となって回復した。
しかし、こうした治療にもかかわらず生き残りの腫瘍(一個)が発見された。が、幸いにも二度
目の手術で摘出に成功した・・・

本来ならこれで『完治』となります。

今回の二度目の手術と放射線治療などによって、病院で確認されてきた胃ガン、腹部リンパ
筋への転移ガン(悪性腫瘍)はすべて「石灰化、摘出」によって消滅した事になります。最初
の胃ガン手術から六年近くが経過していること。従って、当時の転移ガンが検査で確認でき
ないほどに小さな腫瘍として未だに残っているとは常識的に考えられないからです。

そこで、考えられることは、約6年間もの長期間、私のお腹(腹部リンパ筋)にがん細胞が存
在し続けた事実とその経過を軽視できず、新たな「再」転移が発生している可能性があるこ
とです。
そこで、病院(主治医)からは、『放射線治療や抗癌剤治療で再転移の危険性を防止したい』
との提案がなされた。私も『最初の段階で可能な限りに最善を尽くす』との同意見だったので
これに同意した。

正直に申して、すでに開腹手術を2回も行っています。抗癌剤と言う「毒」薬も一年半も飲み
続けてきました。その上に放射線治療も受けてきました。そして、今回、再び放射線を浴び抗
癌剤薬も飲み続けることなったのです。そのために私の身体はどうなるのだ!、との不安感
が増して恐怖心さえ感じます。

それでも私の肉体は「元気」そのものです。漢方薬を飲み続けている事で、整腸作用や免疫
力を高めてくれています。そして、これに『久禮流』元気療法という助太刀が加わったことで相
乗効果が生まれ、びっくりするくらい順調に「元気さ」を維持できています。
だからこのことが何よりの救い(私の戦いの武器)となっています。つまり、これからの放射線
治療や抗癌剤治療に負けないだけの体力・免疫力を維持できている感じです。だから今回も
この勢いで前向きに立ち向かい元気に乗り越えていきましょうぞ!。・・・それにしても気が重
いぞ!。

それと、もう一点大切なことは、転移のガンがリンパ筋に多数に散らばっているので、手術や
放射線治療はできない状態でした。しかし、独自に漢方薬などを補って治療したことで縮小(
一部消滅)し、放射線治療や手術が可能となり前記したように「消滅」・・・回復させることがで
きたことです。
西洋医学的な治療法の限界性・・・しかし、その限界性を様々な治療法で補うことで、治療の
幅を広げることができたことの素晴らしさです。それができたからこそ、余命半年から1年とい
う、期限付きの人生から生還できたといえます末期症状でもあった原発の胃ガンは1997年8月に手術で摘出に成功。そして、術2年後に
確認された腹部リンパ筋への転移は、抗癌剤と漢方薬の併用で縮小(一部消滅?)し、その
後の放射線治療で「石灰化(ガン細胞の死滅)」となって回復した。
しかし、こうした治療にもかかわらず生き残りの腫瘍(一個)が発見された。が、幸いにも二度
目の手術で摘出に成功した・・・

本来ならこれで『完治』となります。

今回の二度目の手術と放射線治療などによって、病院で確認されてきた胃ガン、腹部リンパ
筋への転移ガン(悪性腫瘍)はすべて「石灰化、摘出」によって消滅した事になります。最初
の胃ガン手術から六年近くが経過していること。従って、当時の転移ガンが検査で確認でき
ないほどに小さな腫瘍として未だに残っているとは常識的に考えられないからです。

そこで、考えられることは、約6年間もの長期間、私のお腹(腹部リンパ筋)にがん細胞が存
在し続けた事実とその経過を軽視できず、新たな「再」転移が発生している可能性があるこ
とです。
そこで、病院(主治医)からは、『放射線治療や抗癌剤治療で再転移の危険性を防止したい』
との提案がなされた。私も『最初の段階で可能な限りに最善を尽くす』との同意見だったので
これに同意した。

正直に申して、すでに開腹手術を2回も行っています。抗癌剤と言う「毒」薬も一年半も飲み
続けてきました。その上に放射線治療も受けてきました。そして、今回、再び放射線を浴び抗
癌剤薬も飲み続けることなったのです。そのために私の身体はどうなるのだ!、との不安感
が増して恐怖心さえ感じます。

それでも私の肉体は「元気」そのものです。漢方薬を飲み続けている事で、整腸作用や免疫
力を高めてくれています。そして、これに『久禮流』元気療法という助太刀が加わったことで相
乗効果が生まれ、びっくりするくらい順調に「元気さ」を維持できています。
だからこのことが何よりの救い(私の戦いの武器)となっています。つまり、これからの放射線
治療や抗癌剤治療に負けないだけの体力・免疫力を維持できている感じです。だから今回も
この勢いで前向きに立ち向かい元気に乗り越えていきましょうぞ!。・・・それにしても気が重
いぞ!。

それと、もう一点大切なことは、転移のガンがリンパ筋に多数に散らばっているので、手術や
放射線治療はできない状態でした。しかし、独自に漢方薬などを補って治療したことで縮小(
一部消滅)し、放射線治療や手術が可能となり前記したように「消滅」・・・回復させることがで
きたことです。
西洋医学的な治療法の限界性・・・しかし、その限界性を様々な治療法で補うことで、治療の
幅を広げることができたことの素晴らしさです。それができたからこそ、余命半年から1年とい
う、期限付きの人生から生還できたといえます。抗癌剤と漢方薬の併用で縮小(一部消滅?)し、その
後の放射線治療で「石灰化(ガン細胞の死滅)」となって回復した。
しかし、こうした治療にもかかわらず生き残りの腫瘍(一個)が発見された。が、幸いにも二度
目の手術で摘出に成功した・・・

本来ならこれで『完治』となります。

今回の二度目の手術と放射線治療などによって、病院で確認されてきた胃ガン、腹部リンパ
筋への転移ガン(悪性腫瘍)はすべて「石灰化、摘出」によって消滅した事になります。最初
の胃ガン手術から六年近くが経過していること。従って、当時の転移ガンが検査で確認でき
ないほどに小さな腫瘍として未だに残っているとは常識的に考えられないからです。

そこで、考えられることは、約6年間もの長期間、私のお腹(腹部リンパ筋)にがん細胞が存
在し続けた事実とその経過を軽視できず、新たな「再」転移が発生している可能性があるこ
とです。
そこで、病院(主治医)からは、『放射線治療や抗癌剤治療で再転移の危険性を防止したい』
との提案がなされた。私も『最初の段階で可能な限りに最善を尽くす』との同意見だったので
これに同意した。

正直に申して、すでに開腹手術を2回も行っています。抗癌剤と言う「毒」薬も一年半も飲み
続けてきました。その上に放射線治療も受けてきました。そして、今回、再び放射線を浴び抗
癌剤薬も飲み続けることなったのです。そのために私の身体はどうなるのだ!、との不安感
が増して恐怖心さえ感じます。

それでも私の肉体は「元気」そのものです。漢方薬を飲み続けている事で、整腸作用や免疫
力を高めてくれています。そして、これに『久禮流』元気療法という助太刀が加わったことで相
乗効果が生まれ、びっくりするくらい順調に「元気さ」を維持できています。
だからこのことが何よりの救い(私の戦いの武器)となっています。つまり、これからの放射線
治療や抗癌剤治療に負けないだけの体力・免疫力を維持できている感じです。だから今回も
この勢いで前向きに立ち向かい元気に乗り越えていきましょうぞ!。・・・それにしても気が重
いぞ!。

それと、もう一点大切なことは、転移のガンがリンパ筋に多数に散らばっているので、手術や
放射線治療はできない状態でした。しかし、独自に漢方薬などを補って治療したことで縮小(
一部消滅)し、放射線治療や手術が可能となり前記したように「消滅」・・・回復させることがで
きたことです。
西洋医学的な治療法の限界性・・・しかし、その限界性を様々な治療法で補うことで、治療の
幅を広げることができたことの素晴らしさです。それができたからこそ、余命半年から1年とい
う、期限付きの人生から生還できたといえます。



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。