胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 症状 末期

胃がん症状末期

大腸がんの治療
胃がん症状末期大腸がんは病状の進展の度合いによって治療の選択肢が変わってきます。

大腸がんの治療
大腸がんは病状の進展の度合いによって治療の選択肢が変わってきます。

1.外科治療(内視鏡手術)
初期大腸がんの30%は内視鏡手術で切除できます。しかし、粘膜下層までがんが達しており、胃がん症状末期さらに近隣のリンパ節に転移が起こっていることが確認された場合は、開腹してがん病巣と転移先のリンパ節切除を行います。がん化したポリープや粘膜表層にとどまっているがんに対しては、病巣を焼き切る内視鏡手術が行われます。初期がんでも普通の内視鏡では切除が困難なほどがん病巣が大きい場合は、腹の外から患部に直接挿し込む特殊な内視鏡を使って手術します。
2.外科治療胃がん症状末期(開腹手術)
内視鏡手術の技術は年々向上していますが、大腸がんではしばしばリンパ節への転移が見られるため、依然として開腹手術が外科手術の基本となっています。進行性の大腸がん(結腸がん)は、結腸の周辺のリンパ節のうちもっとも腸管に近い1群には、ほぼ例外なく転移が起こっています。この転移のほとんどは、がん病巣から腸管の上流側と下流側のそれぞれ10センチ以内におさまっています。しかし直腸がんの場合は、実質的に全摘出に近い手術を行うことになります。直腸の壁をがん病巣が貫通していたり、周囲のリンパ節に転移が及んでいれば、病巣の切除の際に泌尿器や生殖器の機能を失う恐れがあります。また、肛門の近くでがんが進行していれば、肛門を切除し人工肛門を取りつける必要も生じてきます。
3.化学療法
大腸がんでは、胃がん症状末期外科手術が第一選択肢となるので、化学療法は一般に手術後の再発を防ぐ補助療法として用いられます。手術が不可能な少数の病例を除き、化学療法が第一選択肢になることはほとんどありません。
4.放射線治療
大腸がん、とりわけ直腸がんに対しては、病巣周辺の重要な組織に対する損傷が大きいという理由から、放射線治療は積極的には用いられていません。放射線治療が用いられるのは、化学療法との併用で治療効果を高める補助手段として、あるいは病巣が骨盤の内部全域に広がっている場合に、手術前に病巣の拡大を食い止める手段として実施されます。
5.その他
欧米では、大腸がんに対してもがんと闘う免疫力を高める遺伝子治療の臨床試験がいくつか始まっています。また、分子標的薬の治療効果も試されています。近い将来、これらの遺伝子の変異を阻止する遺伝子治療が可能になったり、胃がん症状末期また遺伝子の変異の影響を穴埋めする薬物が開発されれば、まったく新しくかつ強力な大腸がんの治療法が実現する可能性があります。


1.外科治療(内視鏡手術)
初期大腸がんの30%は内視鏡手術で切除できます。しかし、粘膜下層までがんが達しており、さらに近隣のリンパ節に転移が起こっていることが確認された場合は、開腹してがん病巣と転移先のリンパ節切除を行います。がん化したポリープや粘膜表層にとどまっているがんに対しては、病巣を焼き切る内視鏡手術が行われます。初期がんでも普通の内視鏡では切除が困難なほどがん病巣が大きい場合は、腹の外から患部に直接挿し込む特殊な内視鏡を使って手術します。
2.外科治療(開腹手術)
内視鏡手術の技術は年々向上していますが、大腸がんではしばしばリンパ節への転移が見られるため、依然として開腹手術が外科手術の基本となっています。進行性の大腸がん(結腸がん)は、結腸の周辺のリンパ節のうちもっとも腸管に近い1群には、ほぼ例外なく転移が起こっています。この転移のほとんどは、がん病巣から腸管の上流側と下流側のそれぞれ10センチ以内におさまっています。しかし直腸がんの場合は、実質的に全摘出に近い手術を行うことになります。直腸の壁をがん病巣が貫通していたり、周囲のリンパ節に転移が及んでいれば、病巣の切除の際に泌尿器や生殖器の機能を失う恐れがあります。また、肛門の近くでがんが進行していれば、肛門を切除し人工肛門を取りつける必要も生じてきます。
3.化学療法
大腸がんでは、外科手術が第一選択肢となるので、化学療法は一般に手術後の再発を防ぐ補助療法として用いられます。手術が不可能な少数の病例を除き、化学療法が第一選択肢になることはほとんどありません。
4.放射線治療
大腸がん、とりわけ直腸がんに対しては、病巣周辺の重要な組織に対する損傷が大きいという理由から、放射線治療は積極的には用いられていません。放射線治療が用いられるのは、化学療法との併用で治療効果を高める補助手段として、あるいは病巣が骨盤の内部全域に広がっている場合に、手術前に病巣の拡大を食い止める手段として実施されます。
5.その他
欧米では、大腸がんに対してもがんと闘う免疫力を高める遺伝子治療の臨床試験がいくつか始まっています。また、分子標的薬の治療効果も試されています。近い将来、これらの遺伝子の変異を阻止する遺伝子治療が可能になったり、また遺伝子の変異の影響を穴埋めする薬物が開発されれば、まったく新しくかつ強力な大腸がんの治療法が実現する可能性があります。




フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。