胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 進行

胃がん進行

進行胃がんに対する、微小転移(従来の検査では見逃される微小な転移、このために、手術後に再発をします)
  診断に基づいたより適確な治療法の選択。特に、進行胃がんの治療後再発でもっとも多い腹膜播種に対する診断、治療に力を入れています。
 胃がん進行つまり、ほとんど転移、再発することがない早期胃がんに対しては、できるだけ侵襲の小さな治療、胃の機能をできるだけ温存する治療法を選択していきます。根治手術を行なっても、高頻度に再発、転移をしてくる高度進行胃がんに対して、従来の検査では見逃されてしまう微小がん転移を種々の方法で検出し、治療前に再発を予測することにより、手術単独では不十分な症例を選びだし、胃がん進行抗がん剤治療を組み合わせた集学的治療を行なっております。

 早期胃がんについては、積極的に低侵襲、縮小治療を行なっています。具体的には、内視鏡(胃カメラ)で粘膜切除を行なう方法、この方法ができない症例に対しても、お腹の中に、カメラと、細い器具を挿入し、胃切除(胃部分切除、幽門側胃切除、胃全摘出)を行なう腹腔鏡下(補助下)胃切除術を積極的に取り入れています。この方法を用いると従来の様に、お腹を大きく切開する必要がなく、胃がん進行術後の痛みも少なく、入院期間も短くなります。一方、進行胃がんに対しては、再発形式として、もっと頻度が高く、治療が困難な、腹膜播種に対し、術前に腹腔内の洗浄液を採取し、遺伝子解析を用い微小がん細胞を検出することにより、手術後の腹膜再発を予測しています。又、腹膜再発が予測される患者さんに対しては、術前に腹腔内抗がん剤治療を行なったのち手術を行なっています。近年、胃がんに対し奏効率の高い薬剤(TS-1、タキサン系抗がん剤、CPT-11など)が開発承認されるようになり、胃がん進行これらの抗がん剤治療も取り入れた集学的治療により進行胃がんの治療成績の向上が期待されます。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。