胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 進行

胃がん進行

進行胃癌においても,胃がん進行確実なリンパ節郭清で治癒切除が可能であれば,ほぼ満足できる成績が得られています。深達度によって,リンパ節郭清範囲に多少の違いはありますが,2 群までの郭清を標準としています。一方,高度進行胃癌では,手術単独による治療では十分とはいえません。最近,TS−1,CDDPなどの抗癌剤を術前に投与することで,癌の原発巣や転移巣を縮小させることができるようになりました。当科でも,胃がん進行大動脈周囲リンパ節転移が高度のため根治手術が困難と考えられた症例に対して,術前化学療法を併用することで,down stageが可能となり,治癒切除ができました。現在,特に,非治癒切除,非切除胃癌,再発胃癌に対しては,化学療法を含めた手術を軸にした集学的な治療を積極的に行っています。
 胃は食物を攪拌,胃がん進行消化するとともに,貯留や排出という大切な機能をもっています。最近,呼気中の標識した二酸化酸素を測定する事で,無侵襲に胃の排出能を測定することができるようになりました。当科では,患者様に簡単な朝食もしくは試験食を食べて頂いた後,呼気を袋に集め,胃排出能を測定しています。その結果,食物の種類で排出能が変わることや,胃切除後の患者様では,食物が摂取直後から急速に排出されることなどが確認されました。個人差も大きく,胃がん進行患者様の症状のすべてを説明することは不可能ですが,今後,一人一人に対しより適した治療を考える上で,参考にしていきたいと思っています。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。