胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 初期

胃がん初期

10月16日胃カメラによる内視鏡検査の結果、ガン細胞が発見された。
初期のものだとのことである。
私は胃についてはこれと言った症状が有ったわけではないが、1ヶ月前より下痢便が続きなかなか治らないので、胃がん初期大腸の内視鏡検査をお願いした。大腸は問題ないということで、ひとまず安心した。一向に下痢便が治らないので、引き続き胃の内視鏡検査をお願いした。閉塞性動脈硬化症を発症するまでは大腸、胃ともに1年に一度は内視鏡検査をしていた。丁度検査の終わったあとに、間欠性跛行となり、その原因を調べたところ初めは脊柱管狭窄症とのことであった。だが左股関節の脈がふれないので血管のMRIをお願いして閉塞性動脈硬化症と言うことになった。
カテーテルによる腸骨動脈の拡張手術をしたがほぼ半年で元に戻り、再度パルーンによる拡大手術を試みた。それだけでは回復せずステントを挿入して現在に至っている。胃がん初期その詳報については別の項を見て頂きたい。

話は変わるがガン中でも代表的な胃ガンについてはインターネットでも沢山取り上げられている。今更の感がしないでもない。それでも私の今後経験することが多少なりとも誰かの参考に立てればと思う。
現在男性のガンの死亡率は胃ガンが第二となっているが女性では第一とのことである。近年治療法も急速に発展しているがまだまだ油断することは出来ない。

私の胃ガンに対する考えは父親が今から50年ほど前に罹病して激痛の中で死に至ったことの記憶が鮮明にある。こんなことになりたくないとの思いが強かった。胃がん初期どうせあの世に行くにしても安らかに行きたいものだと痛感したものだ。その当時の感想であった。それから戦後の復興とともに医学も急速なる進歩をして検査の方法、手術の方法なども格段の進歩と普及があり今日に至っている。

お陰で私などはその恩恵に預かって居ることになる。今では健康保険で自由に内視鏡検査を受けられる。胃がん初期そして直接ガンを見つけることが出来る。ほとんどので可能だ。
ところがこの有難い制度を行使しない人が世間には多いと言うことだ。

現在市町村が高齢者の無料検診を年に一回しているが、内視鏡検査はない。
自分の家系にガンで死亡した方がある人はガンに対して他の人より積極的にガン対策を考える必要がある。誰も据え膳を食わしてはくれない。それどころか世の中は医療費削減とかで制度を初め、医療費の支払いなど国民には不利益なのが当たり前のような風潮の流れがある。

私は医師ではないので専門的なことは判らないが、一つのガン細胞が検査で見つかるようになるには何年も増殖して有る程度大きくなってからだとのことだと言う。一個のガン細胞が人の死を招くまでに増殖するには、少なくとも15年から30年もかかるという。
そして臨床的にガンとして観察される期間はその三分の一程度だとのことである。胃がん初期

健全な細胞は発生しては有る期間すると死滅して常に新しい細胞に置き換わっているがガン細胞は
@どんどん増殖する。
Aなかなか死ない。
B他の場所に浸潤転移する。
この3つがガン細胞の特徴とのことである。
そのためには何れにせよ現段階では早く小さいうちに見つけて取り除くのか、大きくならないようする以外にない。



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。