胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 初期

胃がん初期


★胃ガンは初期症状がほとんど無い!★

胃ガンの場合、胃がん初期すぐにそれと分かる初期症状はあるのでしょうか?
大変やっかいな話ですが、実は胃ガンの初期段階では、ほとんど症状はないことが多いと言われます。
しかし、「胃が痛い」ことってよくありますね。
胃に痛みを感じる場合、これは胃ガンと関係は無いのでしょうか? それとも、他の病気なのでしょうか?
こんな時、多くの人は市販の胃腸薬を買ってのんでみます。そうすると良くなることが多いはずです。しかし、それでも改善しないとなると、これはひょっとしたら胃がん初期「胃潰瘍」か「胃ガン」ではないか? と疑う人も出てきます。

組織の中で働く人間にとっては、日ごろから耳になじんだ「胃潰瘍」という病名。
<単なるちょっとした緊張(ストレス)の連続で、誰でも簡単に神経性胃炎になってしまう>というイメージが固定化しています。
もちろん、胃がん初期そういったケースもありますが、神経性胃炎だけではないのです。
ピロリ菌への感染が、胃炎・胃潰瘍や十二指腸潰瘍につながり易いのは、次のような理由によると考えられています。
すなわち、<ピロリ菌が胃に住み着き、胃がん初期慢性胃炎(慢性の萎縮性胃炎)の状態になると、胃粘膜を防護する機能が働かなくなる>ということです。
★胃ガンと胃潰瘍は症状が似ている!★

実際「胃が痛い」という症状が見られる病気は、いくらもあります。
少しシクシクする程度の軽い痛みから、気を失ってしまう程の激痛まで、病気の種類と進行の度合に応じた症状があります。
早期胃ガンとは?

胃の粘膜下層までにとどまる浅いガン胃がん初期(癌)を言います。(右の絵の上が胃の中、下が胃の外です。)早期ガンの中でも粘膜だけにとどまっていれば、リンパ節転移の可能性がほとんどなく、内視鏡による治療や小さな手術で済ませられます。粘膜下層まで進んでいても、きちんとした手術を受ければほとんど助かります。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。