胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 初期

胃がん初期

治療


 五年相対生存率は39%で、中間群に属するガンです。胃がん初期病歴、ガンの種類、大きさ、場所、広がり、合併症、年齢、全身状態などで一番良い治療法が決まります。
 胃ガンの治療は手術による切除が第一で、胃の一部または全部とリンパ節の切除が行われます。手術の後におこる消化障害は食事を何度にも分けて食べたり、胃がん初期薬の内服で予防や治療ができます。
 胃ガンが広がっているとき、脾臓、肝臓、膵臓、大腸の一部も切除されます。反対に初期の胃ガンは内視鏡切除、腹くう鏡切除、縮小手術が行われ、負担を小さく治療できます。
 ガンが手術可能な範囲を越えて浸潤や転移を起こしている時には全身療法が必要です。胃がん初期全身療法としては抗ガン剤の治療がありますが、ガン細胞だけでなく正常な細胞にも働き副作用が出ることがあります。また放射線治療は転移による疼痛治療、腫瘤の縮小に使われることがあります。
ガンと診断されると「どうして自分がガンになったのか?」という疑問、「もう死ぬのだ」という恐怖、「もうダメだ」という絶望などいろいろの感情がおこります。この様な感情は自然の反応で、患者はこの感情を乗り越える必要があります。主治医、家族、ガンを経験した先輩などど話し合うと感情が和らぎます。また医師はガンや治療の副作用について良く知っており、わからないことは質問しましょう。
 人生の中にはいくつもの、胃がん初期苦難がありその一つがガンです。しかし、ガンは、人を打ちのめすためにあるのではなく、ガンと診断されると「どうして自分がガンになったのか?」という疑問、「もう死ぬのだ」という恐怖、「もうダメだ」という絶望などいろいろの感情がおこります。この様な感情は自然の反応で、患者はこの感情を乗り越える必要があります。主治医、家族、ガンを経験した先輩などど話し合うと感情が和らぎます。また医師はガンや治療の副作用について良く知っており、わからないことは質問しましょう。
 人生の中にはいくつもの、苦難がありその一つがガンです。しかし、ガンは、人を打ちのめすためにあるのではなく、人や健康について考えなおすよいチャンスを与えてくれます。胃がん初期挫けずに、ガンから多くのものを学び取ってください。人生を今までと違った見方で見ることができるはずです。
人や健康について考えなおすよいチャンスを与えてくれます。挫けずに、ガンから多くのものを学び取ってください。人生を今までと違った見方で見ることができるはずです。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。