胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん ブログ

胃がんブログ

胃がんになりたくなければ・・・胃がんブログ 私の2月5日のブログにコメントをいただいたヒロリンさんの質問に、胃の検査としてバリウムの検査は受けたが、胃カメラはしなくて良いだろうかというのがありました。
ちょうど、抗加齢医学会の学会誌2006年11月号に「がん検診はすべきか?」という誌上ディベート記事があったのを思い出しましたので、ご紹介したいと思います。

胃がん検診の目的でドックや検診などで現在行われている検査として胃透視(バリウム検査)、胃がんブログ胃内視鏡(胃カメラ)、ペプシノーゲン(血液検査)、ヘリコバクタピロリ抗体(血液検査)などがありますが、このうち、医学的に死亡率の減少効果が認められている検査は実は胃透視(バリウム検査)しかありません。
胃内視鏡(胃カメラ)胃がんブログやペプシノーゲンでは死亡率減少効果は証明されておらず、ヘリコバクタピロリ抗体においては評価データすらないのが実情です。

がん検診や人間ドックなどはせいぜい年に1回受ける程度だと思います。
しかし、胃がんでは初期の段階で見落とされてしまった場合、3ヵ月後には手遅れということもありますし、スキルスといわれる非常に進行の早い胃がんでは、胃がんブログ検査時にまったく異常がなくても、3ヵ月後にはもう亡くなっているということさえ起こり得ます。
絶対胃がんで死にたくなければ少なくとも3ヶ月に1度の胃透視をしないといけなくなりますね。

エビデンスが無いということでアンチエイジング医学が一般の医師からは胡散臭いものと見られている傾向がありますが、実は人間ドックやがん検診と言えどもこのような状態なのです。
どうすれば健康を保てるのか、胃がんブログまだまだ分からないことだらけです。
「あるある」の捏造なんて、かわいいものかもしれませんね。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。