胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

進行 胃がん

進行胃がん

胃の粘膜にできた悪性腫瘍を胃がんといい 
  ます。胃がんは50歳後半〜60歳代にでき
  る人が多く、男性に多いがんです。進行胃がん
  最近は減少傾向にありますが、日本人の胃が
  んにかかる割合は依然としてがんのなかで1位
  を占めています。
  すなわち、現在も胃がんは日本人のがんの
  代表と言ってもいいでしょう。       

  

  胃がんは胃壁へのがんの進行状態によって、進行胃がん「早期胃がん」と
  「進行胃がん」との2つに分けられます。
  「早期胃がん」は無症状の場合が多いのですが、人によっては
  胃部の不快感や胸やけ、ゲップ食欲不振をなどを訴える場合が
  あります。
  「進行がん」になると食欲不振が進んで、おなかが張る、ときどき
  痛む、血を吐く、下血する、衰弱が目立つといった症状があらわ
  れるようになります。
  さらに進行すると、がん細胞が血液などに入り込み肺や肝臓など
  他の臓器に移転してしまいます。

  胃がんは検査結果からがんの進行度や病巣の大きさ、移転の
  有無などを調べることによって、進行胃がん早期がんと進行がんに区別され
  その治療方針が決められます。
  早期胃がんは自覚症状がないため、そのほとんどは検査や
  人間ドッグで見つかっています。そして、早期に発見し、治療を
  うければ、ほとんどといってもいいぐらい確実に治すことが
  できるがんなのです。

【塩分の摂りすぎに注意】
  これまで胃がんは日本人に多く、欧米人に少ないことなどから
  日本人の体質的な要因が多く作用していると考えられてきま
  した。しかし、進行胃がん欧米型の食生活をしている日本人の場合、胃が
  んより大腸がんが多いことがわかってきました。
  こうしたことから、塩分の過剰な摂取(さかなの干し物、塩辛い
  漬物など)、ビタミンの摂取不足など、日本人の食生活との関
  わりに、注目が集まっています。
  さらに、喫煙も大きな危険因子です。たばこに含まれる有害
  物質が腸の粘膜を刺激し、進行胃がん胃がんの原因にもなります。アル
  コールと一緒に喫煙するとさらに危険度が増すといわれて
  います。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。