胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

進行 胃がん

進行胃がん

胃癌 進行胃がん
 胃癌は日本の悪性疾患における死亡の19.3%(厚生省統計情報部「人口動態統計より」)を占めており、以前に比べると早期診断・早期治療によりその比率は低下しているものの、依然として悪性疾患の中心をなす疾患です。当院における胃癌治療は、日本胃癌学会が作成した胃癌治療ガイドライン(2004年4月改訂)に基づいて行われております。進行胃癌の治療の主軸となるのは手術ですが、近年では化学療法の成績も向上しており、手術前後に化学療法(抗癌剤治療)を組み合わせることで治療成績を上げる工夫もなされております。進行胃がん現在、再発癌に対する化学療法の第一選択であるS-1製剤は単剤投与においても30〜40%の効果があり、シスプラチンを加えることにより70%の効果が期待できます。このほか、タキサン系製剤やCPT-11といった新薬や、従来から使用されてきたMTX等を用いて、再発予防および再発治療を行っております。またS-1製剤とシスプラチンを用いた術前化学療法は、手術の根治度を高めるためにStageV−W症例に対して積極的に行っております。この術前化学療法の適応の有無を決定するために診断的腹腔鏡を行う症例もあります。進行胃がん一方早期胃癌に対しては内視鏡治療の進歩が目覚ましく、当院におきましてもEMR(内視鏡的粘膜切除術)やESD(内視鏡的切開・剥離法)の適応となる患者様が増加しております。このような内視鏡治療の適応から外れる患者様に対しては腹腔鏡手術を行っており、2006年は胃癌手術症例133例のうち57例に腹腔鏡手術が行われました。腹腔鏡手術は幽門側胃切除に限らず、噴門側胃切除・胃全摘術等も行っており、術後入院日数は胃切除術で7〜9日、胃全摘術で10〜14日と従来の開腹手術に比べて短期でお帰りいただくことが可能となりました。進行胃がん当科では早期胃癌から進行胃癌まで消化器内科と連携して適切治療が選択できるよう心がけております。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。