胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 自覚 症状

胃がん自覚症状

胃癌(いが胃がん自覚症状

 日本では以前より胃癌が多く、よく研究されてきた病気です。近年胃癌による死亡率は減少してきていますが、罹患率(胃癌にかかる割合)はそれほどには減少していません。これは胃癌自体はそれほど減っていないけれど、診断技術の進歩で早期胃癌の状態で見つかる人が増えたことと、標準手術の確立により、胃癌で死なない人が増えてきたことによると思われます。
 胃癌で死なないためには、胃がん自覚症状何よりも早期のうちに見つけることが大切です。進行がんになると、リンパ節、肝臓、肺、その他の臓器への転移を起こす危険度が急速に増加し、いかなる治療を行っても完全治癒が望めなくなる可能性が高くなります。
 癌年齢になったらあるいは近づいたら、胃がん自覚症状必ず検診を受けましょう。


胃癌の症状

 「何も症状が無かったのに、いつの間にこんなに進行していたのでしょうか。」
 患者さんに、どの程度進行した胃癌かを説明したときに、良く受ける質問です。胃癌は症状も無く静かに進行していく場合も多いので、症状が無いからといって安心はできません。定期的に検査を受けるほうが、より早期に見つかる可能性が高くなります。

 ちなみに、胃がん自覚症状以下のような症状が主なものですが、必ずしも胃癌だけに見られる症状ではありませんので、症状がある方はぜひ医療機関で検査をうけてください。

 早期胃癌の段階では症状が出にくいのですが、心窩部痛、胃部不快感、出血(吐血、下血)などでみつかることがあります。ただし、早期がんの段階で症状が出現し、癌が見つかる方は幸運な方だと思います。

 進行がんになると痛みが出現することもありますが、意外と痛みが主な症状であることは少ないようです。体重が減る、吐き気が持続する、全身倦怠感がある、胃がん自覚症状食事が食べられない、吐血や下血をおこす、上腹部にしこりを触れるなどの症状が主なものです。このような症状が出てくると、中には手術自体が無理なほど進行している方も含まれてきます。

 中には全身に転移を起こしていてもほとんど自覚症状は無く、血液検査で貧血といわれ検査を受けに来た、という方もおられます。自分の身を守るには、定期健診がもっとも近道と思います。胃がん自覚症状ただし、それで100%安心とも言い切れないところが難しいのですが。。



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。