胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん検査

胃がん検査

ピロリ菌感染で胃がん発生高率に 胃がん検査
ピロリ菌が胃がんの原因になることは今までに、明らかになっていましたが、ピロリ菌に感染した事のある人が、感染した事のない人に比べて、胃がんの発生リスクが5倍から10倍高いという事が明らかになったという事をニュースで見ました。

研究班は、胃がん検査15年間に渡り40〜69歳の男女約4万人が提供してもらった血液を調べ、ピロリ菌の感染有無と胃がん発生との関連を分析したという。

しかしながら、調査対象者の年代のは、もともとピロリ菌感染率は高いので、胃がんの決定的な要因にはならないとも言われています。

「予防には除菌よりもまず喫煙、胃がん検査高塩分などの生活習慣の改善」と研究班はコメントされています。

胃がんの原因であると言われている、胃がん検査「喫煙や生活習慣の改善」ですが、バランスの取れた食生活、そして健康的な規則正しい生活をする事が、胃がんに関わらず病気予防の一番の対策なんでしょうね。

この記事のURL │clip!
胃がんの放射線治療と副作用
胃がんの放射線療法は手術と局所的な治療法で、放射線は癌細胞の存在する部分だけ照射されます。
手術後に癌細胞を破壊する為に、その部位に放射線療法が施され、放射線療法は癌の疼痛をとめる為に施されることがあります。

胃がん検査

胃がんの放射線治療の副作用

健全な組織も障害を受けるため、治療には好ましくない副作用が発生します。
癌治療の副作用は患者毎に異なり、今回の治療とそれ以降に受ける治療とでも異なるので、胃がん検査医者は副作用が最小限に治療方針を組み立て、発生する問題に対処することができます。

腹部に放射線照射を受ける患者は吐き気、嘔吐、下痢を起こすこともあり、照射する場所の皮膚に赤発、乾燥、腫れ、かゆみを生じることもあります。

患者は手入れに注意を払い、医者の指示がなければローションやクリームを使うべきではありません。
休息をとることが重要ですが、医者が勤めて活発に振舞うように患者にアドバイスすることもよくあります。

胃がんについてカテゴリーを見る

胃がん検査

タグ: 胃がん 放射線治療 副作用
この記事のURL │コメント(9) │TB(0) │clip!
胃がんの手術
胃がんに対する外科手術の基本は、胃切除+リンパ節郭清+消化管再建です。

腹腔内へのアプローチの方法により、腹腔鏡下手術と開腹手術に分けられます。

開腹手術は文字通りお腹を開けて手術を行うものであり、癌の存在部位により、胃全摘術、幽門側胃切除術(十二指腸側2/3程度の胃切除)、噴門側胃切除術(食道側1/2程度の胃切除)胃がん検査などが行われ、リンパ節郭清が行われます(日本における標準術式は2群リンパ節郭清)。

癌が他臓器に遠隔転移が無ければ、他臓器合併切除を行う拡大手術が検討されます。
切除が終わったら、食物の通り道をつなぐために消化管再建が行われます。
様々な再建法があり状態に応じて選択されるが、代表的なものは胃-十二指腸吻合、胃-空腸吻合、食道or胃-空腸吻合、空腸間置法(空腸で置換)などがあります。

他臓器に広範な浸潤があり物理的に切除不能な場合でも、胃がん検査食物の通り道を確保する目的でバイパス術が行われることがあります。

それは、手術で完全に胃がんの組織が切除できなかった際に行われます。


胃がんの放射線治療と副作用を見る

胃がんについてカテゴリーを見る

タグ: 胃がん 手術 腹腔鏡下手術 バイバス術
この記事のURL │コメント(1) │TB(0) │clip!
胃がんの内視鏡検査と抗がん剤治療 胃がん検査
内視鏡治療

内視鏡的粘膜切除術は、胃粘膜の腫瘍を切除するものであり、ごく早期の胃癌に適応となります。

日本胃癌学会治療ガイドラインでは、分化型で潰瘍形成を伴わない粘膜病変に適応があるとされているが、癌の完全切除を念頭に置いた条件であり、条件に合わないものは外科手術を行うべきというスタンスです。

胃がん検査

化学療法(抗がん剤治療)

胃がんは比較的化学療法(抗がん剤)が効きにくい癌であり、化学療法単独で胃がんが完全に治ることはほとんどないと言われています。

延命効果や苦痛緩和があるに過ぎない。腹腔内に直接抗癌剤を投与する治療法も癌性腹膜炎に対する治療として行われています。

化学療法は間欠的に実施されることが普通で、胃がん検査投与の後に回復期間や他の治療の為の休薬の期間等が置かれています。

胃がんに対して使われる抗癌剤はフルオロウラシル、シスプラチン、メソトレキセート、パクリタキセル、イリノテカンなど、もしくはその類似薬である。放射線で癌細胞に障害を癌の進行を食い止めます。

化学療法の副作用

副作用は患者毎に現れ方は様々であり、一般的に、胃がん検査抗癌剤は細胞分裂が活発な細胞により強く作用します。
化学療法を受けると患者は吐き気、嘔吐、脱毛、あるいは喉の脹れなどの副作用が現れます。吐き気や嘔吐については、副作用を抑える薬剤を処方することがあります。


胃がんの手術を見る

胃がんについてカテゴリーを見る

タグ: 胃がん 胃がん検査内視鏡検査 抗がん剤 化学療ヒ ”u醉ム
この記事のURL │コメント(0) │TB(0) │clip!
胃がんの検査、診断
胃に違和感があるなと感じた時には早めに病院に行った方が良いでしょうね。

主な検査方法、診断方法です。

・上部消化管X線撮影

・胃内視鏡検査

・便潜血検査 胃がん検査

・腫瘍マーカー血液検査:癌胎児性抗原など

・ 超音波内視鏡検査

・腹部CT検査

・腹部超音波走査
 
胃癌の存在自体を確認するには胃内視鏡検査か上部消化管X線検査が必要です。

検査や血液検査では早期胃癌の発見は難しい。

胃癌の存在が確認されると、胃がん検査胃癌の深達度、他の臓器への転移の有無を調べるために腹部超音波検査、腹部CT検査などが行われます。

病理医が組織標本から癌細胞を発見すると、消化器科の主治医は胃癌の病期、浸潤範囲などを決定する必要があります。

医師は画像診断(内視鏡。X線検査)で胃癌が胃の範囲に広がるか、どの深さまで肝臓などの他の部位に転移していかを調べる。胃癌は肝臓、膵臓など近傍臓器に浸潤・転移することがあり、胃がん検査胃の周辺リンパ節への転移は頻度が高いのでCTスキャンや腹部超音波診断で部位を検査します。


胃がんの内視鏡検査と抗がん剤治療を見る

胃がんについてカテゴリーを見る

タグ: 胃がん 検査 診断
この記事のURL │コメント(0) │TB(0) │clip!
胃がんの症状 胃がん検査
胃がんの症状についてです。

胃がんは自覚症状による早期発見は難しいと言われています。
胃がんが進行してくると、次のような症状が現れます。

・腹痛
(胃部の)不快感 吐き気や嘔吐 食事後の胃部膨満感 食べ物が喉を通りにくい

・食欲減退

・体重減少

体調不良や疲労感 消化不良あるいは、胸焼け、吐血や下血・黒色便 胃癌ではじめに出現する症状は上腹部の不快感、胃がん検査膨満感などであることが多い。

癌以外の消化器疾患、たとえば慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍でも認めら胃癌に特異的なものではない。胃癌が進行すると腫瘍からの出血に伴う症状が出現します。

胃がんからの出血がつづき、貧血が進行すると、貧血による自覚症状、たとえば運動時の息切れ、易疲労感などの症状が現れます。


胃がんの検査、診断を見る 胃がん検査
胃がんについてカテゴリーを見る

タグ: 胃がん 胃癌 症状
この記事のURL │コメント(0) │TB(0) │clip!
胃がんとは
胃がんとは、胃壁のもっとも内側に胃粘膜から発生するがんです。

胃がんが肝臓に転移した場合は肝臓にある癌細胞は胃癌細胞であり、疾患としての名称は胃がん肝転移となり胃がん検査(原発性)肝癌ではありません。

組織型としては、殆どが稀にガストリン等の内分泌細胞から生ずる内分泌細胞癌(=高悪性度カルチノイド)が発症します。
稀に扁平上皮癌など、胃には無い筈の種類の上皮の癌が生じます(おそらく、化生した細胞を母地とする)。

胃癌と併発することが知られている卵巣のクルーケンベルグ腫瘍(Krukenberg tumor)は胃癌が卵巣に転移した癌です。
命名されているが、胃がん検査胃癌と異なる疾患ではない。細胞は胃癌細胞であり、原発腫瘍と癌細胞です。

胃がんといえば、私達の記憶に残っているのは、アナウンサーの逸見政孝さん、アイドルだったなどがなった胃がんはスキルス胃がんでした。
とても残念でした。本当に若すぎる死でしたね。

スキルス胃がんとは、胃がん全体の約10%を占めており、比較的に若い人に多くみられます。
女性は40代に多く、胃がん検査女性ホルモンで大きくなると言われており、妊娠や出産の次期に重なっていると、急激にがんが悪化します。

スキルス胃がんは、胃全体に横に広がっており、隆起物がないので見つけにくいといいます。
バリウムや胃カメラでも発見しにくいため、見つかった時は手遅れという事も珍しくはないそうです。

胃がんの予後

早期に発見され治療が行われれば予後の良い癌です。
がんセンター病院胃癌の統計によると、胃がん検査5年生存率は胃癌全体で71.4%、Stage Iで91.2%、Stage IIで80.9%、Stage IIIで54.7%、Stage IVでは9.4%。がんセンター がんの統計'03 より



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。