胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 画像

胃がん画像

食物の消化をつかさどる胃。胃がん画像入り口付近の噴門(ふんもん)から食べ物が入ると、胃は強い酸性の胃液を混ぜてどろどろにし、出口となる幽門(ゆうもん)から小腸に少しずつ送り出す。

胃がん画像

医師
 患者の七十代男性は幽門に腫瘍(しゅよう)ができた。進行度はステージUのいわゆる早期がん。内科医による内視鏡検査で明らかになった。

 治療としては、胃がん画像がんが直径二センチ以下で、胃の表面の粘膜にとどまり、なおかつ悪性度が低ければ、内科医による内視鏡的粘膜切除術(EMR)が候補に挙がる。負担が軽いからだが、この患者は境界不明な二センチ以上のがんで、外科による開腹手術が必要と判断された。胃がん画像

 手術は、大きく分けて腫瘍の場所や進行度により、胃をすべて摘出するか、一部を残すかの二種類。今回はリンパ節などにも転移は認められず、三分の二を切除する方法が採用された。
胃がん画像
 腹部からへそにかけ電気メスで二十センチほど切開した後、腹部内に手を入れ胃を探っていく。しばらくすると肝臓など他の臓器の背後に隠れた胃が出てきた。小笠原が素早く幽門付近の胃を切っていく。短時間に、しかも正確なメスさばきが熟練に達した腕を証明する。胃がん画像手術は約四時間で終了。患者は数日後にはおかゆが食べられるようになり、約二週間で退院した。

 同病院の胃がん手術は、胃がん画像の百七十五例(二〇〇四年)。内訳は胃全摘出六十七例、胃の一部切除百八例で、五年生存率は67・3%。小笠原は二十一例を担当した。

 胃がんで亡くなる患者は年間約四万九千人肺がんに次いで二番目に多い。胃がん画像ただ「患者は肺がんより胃がんが多い。死亡者数が変わらないのは胃がん患者の生存率が高いから」と小笠原は説明する。

 高い生存率の背景には、検診による早期発見・治療がある。エックス線や胃カメラに加え、胃がん画像最近では胃がん前の病変で胃粘膜が委縮すると血清中に増える特定成分を検出する方法も普及。手術は腹(ふく)腔(くう)鏡やがん細胞をレーザーで焼き切る手法が開発されている。
胃がん画像
 しかし新しい手法について小笠原は「脚光を浴びても、定着せず数年後には消える場合が少なくない。何でもすぐに手を出すのではなく、治る根拠があるのかどうか、見極めが必要」と言う。すでに確立された胃がん手術の王道の「全摘」と「一部切除」胃がん画像にこだわる理由もここにある。

 胃がん画像は内科医を目指していたが、研修先の病院で手術を行う医師の姿に感動し、外科医を志す。消化器外科が専門で、がんで最も難しいといわれる膵臓(すいぞう)がん手術が得意。二〇〇三年十月に院長補佐になり、胃がん画像自由な時間は少ないが、などで県外に出かけた時に江戸時代の地図と現在を見比べながら散歩するのが息抜き」という。五十七歳。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。