胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 食事 療法

胃がん食事療法

減黄とは胆道がんの特徴として胆汁の流れが悪くなって発症した黄疸をひかせるための処置です。胃がん食事療法胆道の閉塞によって胆汁が肝臓の中で行き場を失って体の中に貯まってきているわけですから、おなかから肝臓にチューブを入れて胆汁の出口を作ってやる方法が一般的です。検査の項で述べたENBDやPTBDという方法がこれに相当します。
胃がん食事療法
黄疸が続いていると身体の機能が低下し、どのような治療を行うにしても障害になります。そのため、手術にて治療を行うためにも、まず、この減黄処置が必要になります。

 手術
がんの治療には外科手術、胃がん食事療法抗がん剤治療、放射線治療などがありますが,胆道がんに対しては外科的に切除する治療が最も成績が良いといわれています。私たちが積極的に手術しようと努力する理由がここにあります。

胆道がんは、胃がん食事療法肝臓の中まで直接広がったり、胆管を伝って広がったりすることが多いので、がんを完全に切除するためには肝臓を一緒に切除する必要があります。肝臓をどのように切るかはがんの広がりと患者さんの状態によって決まります。

手術により胆道がんの病巣を取り除こうとする場合、胃がん食事療法一番障害になるのが、がんが血管を巻き込んでいる場合です。昔から、がんが近くの血管を巻き込んでしまうともはや手遅れで手術が不可能と言われてきました。確かに、胃がん食事療法このような進行がんの場合、現在の医療技術では病巣の完全な摘出ができないことが多くみられます。胃がん食事療法このため、内科の先生が診断をした時点で血管に病変が及んでいると“手術は不可能だから”と姑息的な治療法をすすめられる場合がほとんどです。
胃がん食事療法
しかし、がんが血管を巻き込んでいる場合でも、その血管を合併切除することによってがんを切除することが可能な場合があり、私たちはそれぞれの患者さんを個別に詳細に検討・胃がん食事療法評価して、血管合併切除によって切除できる可能性のある患者さんには積極的に病巣を摘出する方法に取り組んでいます。さらに、がんが十二指腸や膵臓、その周りのリンパ節の方まで広がっていれば、胃がん食事療法膵臓、十二指腸、胃を同時に切除する膵頭十二指腸切除術も行います。

あくまで手術による外科治療が主体ですが、肝門部胆管がんと上部・中部胆管がんに対しては、胃がん食事療法これだけの努力を払ってもがんがとりきれない場合があります。このような患者さんの治療に際してもとりきれないからとあきらめるのではなく、主病巣を切除した後に、術後、胃がん食事療法胆管内腔から放射線を照射する腔内照射を積極的に行うことで患者さんががんから回復するチャンスを逃さないように最大限の努力をしています。

 ステント治療と腔内照射胃がん食事療法
どうしても手術ができない切除不能胆道がんや、合併疾患などにより手術をすることが患者さんの利益に繋がらない胆道がんの患者さんに対してはステント治療胃がん食事療法(胆管がつまらないように胆管内に管を挿入し、坑道のように支えをいれること)と腔内照射を行い、黄疸の再発を防止することで予後を改善する効果が得られます。

 抗がん剤療法
胆道がんに対する化学療法はいまだスタンダードなものは確立されていません。しかし、胃がん食事療法抗がん剤の開発はめざましいものがあり、がんの生物学的な謎が解明されるのと並行して治療効果の高い薬剤が開発されると期待されています

。さらに私たちは、胃がん食事療法抗がん剤の投与方法に工夫を凝らし、複数の抗がん剤を併用する方法はもとより、動脈を経て直接肝胆膵に抗がん剤を注入する動注化学療法にも積極的に取り組んでいます。胃がん食事療法

私たちの基本方針
私たちは、胆道がんを積極的に手術し、外科的な治療を中心に据えて治療効果を高める総合的な取組みを展開しています。胃がん食事療法有効な治療のためには病巣を完全に取り除くことが必要で、このために、早期に胆道がんを見つけることが重要であることはいうまでもありません。胃がん食事療法

しかし、胆道がんは黄疸などの症状で患者さんが病院を訪れた時には既に進行していることが多いがんです。胃がん食事療法私たちは進行した胆道がんに対してもあらゆる技術を駆使してがんを切除する努力を重ねています。

このために、胃がん食事療法ひとりひとりの患者さんを外科的、内科的、放射線科的に総合カンファレンスにて評価することでそれぞれの患者さんに最適と考えられる治療法の組み合わせを見いだす努力を続け、診療科の枠を超えた“治療法の個別化”を図っています。

当科の歴史と特徴
第3代教授小山研二は、胃がん食事療法肝胆膵疾患の外科治療を専門とし、進行胆道がんの研究で世界的な業績をあげました。それまでほとんど治療法のなかった進行胆道がんに対して下大静脈内からの放射線照射や、胃がん食事療法主な胆管の切除後に残ったがんに対して胆管の内部から放射線照射を行うことで黄疸を和らげ、進行胆道がん患者さんの生活の質を向上させることに成功してきました。
胃がん食事療法
しかしながら、これらの治療法では胆道がん患者さんの寿命を延ばすところまで至っていないのが現状です。

後任の現職、胃がん食事療法拡大肝切除術と生体肝移植手術の技術的な基礎を武器として、胆道がんに積極的な外科治療を応用する工夫を重ねています。その手術の特徴は、解剖に即した合理的な肝実質の切離、胃がん食事療法血管の切除・再建、腹部大動脈周囲に至る徹底的なリンパ節郭清に集約されます。

進行して手術が出来ないと判断されてしまう胆道がんの多くは、肝動脈や門脈などの血管を巻き込んでいることが問題となります。胃がん食事療法当科ではこれらの血管を積極的に合併切除し再建することに取り組んでいます。

さらに、このような積極的な手術を行うと、肝臓をはじめとした内臓への負担が極めて大きくなりますから、胃がん食事療法プレコンディショニングという新しい技術を開発して手術の安全性を向上させるための研究を行っており、世界中からそのアイデアが注目されています。

胆道がんの治療実績・年間症例数
我が国における癌の死亡率の中で、胃がん食事療法胆道がんは男性、女性となっています。胆道がんは症状が出た時点では既に進行してしまっていることが多いため、手術による切除ができた患者の割合(切除率)胃がん食事療法は約80%にとどまっています。

私たちは以前から胆道がんの外科的治療に取り組んできました。下図に秋田消化器外科(旧第一外科)胃がん食事療法で手術を行った切除症例の5年生存率を示します。過去5年間に肝胆膵外科で扱った手術症例は159例(胆嚢がん42例、胆管がん117例)。

現在も、胃がん食事療法この治療成績に満足することなく研究開発に努力を傾注しています。



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。