胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 食事 療法

胃がん食事療法

手術は胃ガンに対して最も一般的な治療法です。胃がん食事療法胃切除術と呼ばれる手術が行われます。外科医は胃の一部(胃亜全摘術あるいは胃切除術)、またはすべて(胃全摘術)を切除し、同時に胃の周囲の組織も取り除きます。胃亜全摘術後には、胃の残った部分と小腸をつなぎます。胃全摘術後には、胃がん食事療法食道を直接小腸と縫い合わせます。リンパ系を通してガンは拡がりますので、手術の際には腫瘍近傍のリンパ節も取り除かれ、病理医によりガン細胞の有無が確認されます。リンパ節にガン細胞が見いだされた場合には、胃ガンが身体の他の部分に拡がっている可能性が生じます。

手術前の患者さん胃がん食事療法
化学療法

 化学療法はガン細胞を殺す薬を用いた治療法です。この治療法は薬が血流に乗り全身を回るので全身療法とも呼ばれています。
 胃がん食事療法胃ガンに対する最良の化学療法を見いだす目的で、現在臨床試験が進められています。腫瘍を縮小させる目的で手術の前に化学療法を行うことと、残っているガン細胞を破壊する目的で手術後に補助療法をすることの利点が研究されています。化学療法と放射線療法の併用も試みられています。抗ガン剤を直接お腹に入れる治療(腹腔内化学療法)も研究されています。胃がん食事療法化学療法はすでに拡がっている胃ガンに対する治療として、また胃ガンによる症状を和らげる方法としても、試みられています。
 ほとんどの抗ガン剤は注射で投与されますが、飲み薬が使われることもあります。胃がん食事療法一つまたは複数の薬が使用されます。治療期間の後に回復を待つ期間があり、それから再び次の治療が行われるといったようなサイクルで、化学療法が行われます。化学療法は入院や外来、そして家庭で行われることが一般的です。しかし使用される薬や患者さんの健康状態により、胃がん食事療法短期間の入院が必要となる場合もあります。

化学療法を受けるの患者さん

放射線療法胃がん食事療法

 放射線療法(照射療法とも呼ばれます)にはガン細胞にダメージを与え、成長を止める高いエネルギーの放射線が用いられます。放射線は治療をする部位のガン細胞のみに効果を及ぼすので、胃がん食事療法手術と同様に局所療法です。手術した部位に残っているガン細胞を破壊する目的で、胃がん食事療法手術後に放射線療法が行われることもあります。また手術中に放射線療法を行う(術中照射)の有用性を明らかにする目的で、臨床試験も行われています。放射線療法は痛みの緩解や遮断を目的として用いられることもあります。放射線療法を受ける場合には、病院へ毎日通う必要があります。胃がん食事療法通常、治療は1週間に5日間で5〜6週間続きます。

放射線療法を受けるの患者さん

・治療の目標は何ですか?
・どのように放射線が照射されますか?
・放射線療法はいつから始まりますか? いつ終わりますか?
・副作用はありますか? 副作用にはどのように対処するのですか?
・放射線療法の効果はどのように評価されますか?

免疫療法胃がん食事療法

 生物学的治療(免疫療法とも呼ばれます)はガン細胞を攻撃し、破壊する身体の免疫システムを活発にする治療法で、治療によるある種類の副作用からの回復を助ける働きもあります。胃がん食事療法胃ガンの再発を予防する目的で、他の治療法と併用した生物学的治療の臨床試験が行われています。生物学的治療の応用として、化学療法中または終了後に血球が少なくなった場合に、血球の量を元に戻すことを助ける目的で、コロニー刺激因子が使われることもあります。ある種類の生物学治療を受ける際には、入院が必要となる場合もあります。胃がん食事療法

臨床試験

 胃がん食事療法胃ガンの多くの患者さんは臨床試験(治療の研究)に基いて、治療されています。新たな治療法が安全で効果があることを明らかにする、または科学的な質問に答える目的で、臨床試験は行われます。これらの研究に参加する患者さんは、研究室において効果が証明された治療を最初に受けることになります。胃がん食事療法臨床試験においては、ある患者さんが標準的な治療を受けている一方で、他の患者さんは新たな治療を受けることになります。この方法により、異なった治療法を比較することが可能となります。臨床試験に参加する患者さんは医学へ大きな貢献をするとともに、胃がん食事療法改良された治療法の恩恵を最初に受ける可能性もあります。臨床試験により、治療の副作用の軽減や患者さんの生存の質を改善する方法も模索されています。胃がん食事療法
 胃ガン患者に対する多くの臨床試験が現在進行中です。臨床試験への参加に興味がある患者さんは主治医にたずねましょう。"臨床試験とは何ですか?"という本には臨床試験における可能性のある利益とリスクが説明してあります。
 米国では、胃がん食事療法NCIにより開発されたデータベースであるPDQを通すことにより、臨床試験について知ることができます。PDQはガンに対する治療と臨床試験の情報を含んでおり、また米国においては、ガン情報サービス(CIS)が医師、患者、公共へ提供されています。


治療の副作用

 ガン細胞だけを取り除く、胃がん食事療法もしくは破壊するだけに、治療の効果を限定するのは困難です。治療の際には健常な細胞や組織もダメージを受けることになるので、楽しくない副作用が生じえます。
 ガンの治療に際して生じる副作用は患者さんそれぞれによって異なりますし、治療法によっても違います。胃がん食事療法医師は副作用を最低限に抑える方法で治療計画を立てますし、問題が生じた場合にも対策を講じてくれます。このような理由から、治療中や終了後に生じうるあらゆる問題を知ることは非常に重要です。
 NCIの本である"胃がん食事療法放射線療法とあなた"や"化学療法とあなた"はガンの治療と副作用に対応する際に助けとなる情報を提供してくれます。
手術胃がん食事療法

 胃切除術は大きな手術です。手術後のある期間、治癒して落ちつくまでは患者さんの活動は制限されます。手術後の数日間は静脈への点滴により患者さんは維持されます。術後数日が経てば流動食の摂取が可能となり、まずは軟らかい食べ物、胃がん食事療法そして硬い食べものへと上がっていきます。胃をすべて取り除いた場合には健康な血液と神経の維持に不可欠なビタミンB12を吸収できなくなるので、ビタミンの定期的な注射が必要になります。ある種類の食べものの消化が、一時的、あるいは永久的に困難になることもありますし、食生活を変える必要も生じえます。胃切除術を受けた患者さんの中には数週間から数ヵ月の間、特別な食事により経過観察が必要となる場合もありますし、胃がん食事療法永久的にそれが続くこともあります。医師や栄養士は必要な食生活の変更に関する説明をしてくれると思います。
 胃がん食事療法胃切除術を受けた患者さんの中には、食事の直後に腹痛、吐き気、下痢、めまいを生じることがあります。これは食べものや飲み物が小腸に急激に入ることが原因で、この一連の症状はダンピング症候群と呼ばれています。多くの糖を含んだ食べものを摂取することにより症状が悪化することがあります。食習慣を変えることにより、ダンピング症候群は治療可能です。胃がん食事療法1回量は少ない食事を一日を通じて数多くとること、糖を含んだ食べものを避けること、そしてタンパク質の高い食物を食べることなどが勧められます。小腸に入る液体の量を減少させる目的で、食事中には水分をとらないことが推奨されます。胃がん食事療法薬もダンピング症候群をコントロールする上で有用です。症状は3〜6カ月で消失することが一般的ですが、長く続くこともあります。
 胃切除術後には小腸の胆汁が残った胃や食道の中へ逆流し、"驚いた胃"の症状を生じることがあります。このような症状が出現した場合には、主治医より薬を処方されるか、市販薬の服用が示唆されると思います。

化学療法

 胃がん食事療法化学療法の副作用は主に投与された薬により決まります。他の治療と同様に、副作用は患者さんによっても異なります。抗ガン剤は分裂の早い細胞に影響を及ぼすことが一般的です。分裂の早い細胞には、感染と戦ったり、血液を固めるの助けたり、身体全体に酸素を運ぶ血球が含まれます。血球が抗ガン剤から影響を受けた場合には、感染を受けやすくなり、胃がん食事療法あざや出血が起こりやすくなり、脱力感が生じます。毛根の細胞や消化管の内側にある細胞も早く分裂します。化学療法の結果として、食欲不振、吐き気、嘔吐、脱毛、そして口腔内のただれなどの副作用も経験されます。特に吐き気や嘔吐などの副作用を軽減する目的で、薬が処方されることもあります。これらの副作用は治療中や終了後の回復期間に徐々に消失します。胃がん食事療法

放射線療法

 腹部に放射線照射を受ける場合にも、胃がん食事療法吐き気、嘔吐、下痢が生じることがあります。医師はこれらの問題を緩和する薬を処方したり、食生活の変更を指示します。治療を受けている部位の皮膚は赤く腫れ、乾燥し、胃がん食事療法柔らかくなり、かゆみを生じることもあります。擦れるような服を着るの避けるべきで、綿でできたたっぷりとした服が勧められます。治療中に皮膚の手入れをすることは非常に大切ですが、医師の助言なくして。胃がん食事療法
 放射線療法中、特に治療の後半の週には非常にやすくなります。休息は大切ですが、できるだけ日常の活動性は保つようにしましょう。

免疫療法
 生物学的治療の副作用は、治療の種類により多様です。悪寒、発熱、倦怠感、吐き気、胃がん食事療法嘔吐、下痢のような風邪様の症状を来すことがあります。また発疹を生じる場合もありますし、あざや出血が起こりやすくなることもあります。これらの副作用が重篤な場合には、入院しての治療が必要となることもあります。


胃ガン患者さんの食事療法

 胃ガンの治療を受けている患者さんにとって、胃がん食事療法十分に食べることが困難なこともあります。ガンは食慾低下の原因となり、不快感や疲労が強い場合には食慾もわかなくなります。吐き気、嘔吐、口の中のただれ、ダンピング症候群のある場合には、食べることが困難になります。胃の手術を受けた患者さんは少量の食べものを摂取しただけでも、食後に満腹感を感じるようになります。胃がん食事療法食べものの味が変わることを経験する患者さんもいます。それでも十分に栄養をとることは大切です。よく食べることとは体重減少を予防し、体力を回復し、胃がん食事療法正常な組織を再建する上で、十分なカロリーと蛋白を摂取することを意味します。
 医師、看護婦、栄養士からは、ガンの治療中と治療後の健康的な食生活に関する助言が得られます。また、NCIから出版され、患者さんやその家族への示唆に富む"胃がん食事療法(Eating Hints)"を読むことも有用です。


患者さんに対する支援

 胃がん食事療法重篤な病気とともに生きることは容易なことではありません。ガンの患者さんと患者さんを世話する人々は、多くの問題と挑戦に直面することになります。これらの問題に向かい合う際には、助けとなる情報と支援サービスを得ることにより、問題の解消が容易になることがあります"ゆっくりと過ごす(Taking Time)"を含む複数の有用は本は、胃がん食事療法ガン情報サービス(CIS)より入手可能です。
 ガンの患者さんは仕事を続けること、家族の世話をすること、日常生活を維持することに不安を覚えるかもしれません。検査、治療、入院、医療費などに関して心配することはごく普通です。医師、看護婦、他の医療従事者は、治療、仕事、日常の活動性についての質問に答えてくれます。ソーシャルワーカー、カウンセラー、胃がん食事療法聖職者などに会うことも、ストレス、将来、そして人間関係に関する心配を相談することを欲する患者さんにとっては有意義です。
 親類からのサポートを受けることも可能です。また、他のガン患者さんと不安に関して話し合うことが、助けになることもあります。ガンの患者さんは支援グループに入ることもできますし、胃がん食事療法そこではガンに立ち向かう方法や治療の効果について一緒に学ぶことができます。しかし患者さん一人一人は違うことを認識することも大切です。ある患者さんにとっては効果のある治療法や対処法が、同じ種類のガンを有している他の患者さんには有用でないこともあります。また友人や家族からの助言について、胃がん食事療法医師と話し合うこともよいことです。
 病院や診療所のソーシャルワーカーは、リハビリテーション、精神的なサポート、経済的な問題、輸送、在宅ケアなどを助ける組織を紹介してくれます。例えば、胃がん食事療法米国ガン協会(American Cancer Society)はガンの患者さんとその家族に対する多くのサービスを提供しています。また米国、ガンとともに生きることに関する多くの本や記事を所蔵しています。
胃がん食事療法

胃ガンの原因

 米国における胃ガンの発生率と死亡率は過去60年間に劇的に減少しました。胃がん食事療法しかしなお胃ガンは重大な病気ですし、世界中の科学者が胃ガンの原因とその予防法を研究し続けています。現時点では、なぜある人に胃ガンが発生し、他の人には胃ガンが発生しないのかを説明することはできません。胃がん食事療法しかし胃ガンは伝染しませんし、ある人が他の人から胃ガンをもらうことはありません。
 他の人より胃ガンにかかりやすい人々の特徴について明らかにされつつあります。胃がん食事療法胃ガンは55歳以上の人々によく発生します。男性は女性の2倍の頻度で生じ、白人の発生率より黒人のそれの方が高いとされています。また、日本、韓国、東ヨーロッパの一部、ラテンアメリカなどの地域においては、米国よりも一般的な病気です。これらの地域の人々は、乾燥やスモークされたり、胃がん食事療法塩漬けなどで漬けて保存された食物を多く摂取します。これらの方法によって保存されていた食べものを摂取することが、胃ガンの発生にある役割を演じていることが示唆されています。一方、新鮮なフルーツや野菜、または冷凍や冷蔵された食べものが、胃がん食事療法胃ガンの発生を防ぐ可能性もあります。
 胃潰瘍から胃ガンが発生することはありません。しかし胃炎や潰瘍の原因であるヘリコバクター・ピロリという細菌が、胃ガンの重要な危険因子である可能性が指摘されています。胃がん食事療法また胃の手術を受けた人や、悪性貧血、塩酸欠乏症、胃の萎縮(これらは一般的に胃酸の分泌量の低下を来しますが)を有する人は、胃ガンの危険が高まることが報告されています。
 仕事場である種のほこりやガスと接触することも、胃ガンの発生率を高めることと関係します。胃がん食事療法また喫煙は胃ガンの危険を高めうるとも報告されています。
 胃ガンの危険があると考えられる人は主治医と話し合うべきです。主治医は検査の適切なスケジュールを示唆しますし、もしもガンが生じている場合には、早期に発見することが可能となります。胃がん食事療法

医学用語

悪性:ガン性で、胃がん食事療法近接する組織や器官に浸潤し、ダメージを与え、身体の他の部分に拡がる性質を有する。
悪性貧血:ビタミンB12の欠乏によって生じる血液の病気。ビタミンB12を吸収することを助ける物質が胃で産生できない場合、悪性が生じる。
胃:激しくかき回すことにより食物と消化液を混合して濃い液体にし、食物の消化を行う筋肉でできた袋。胃がん食事療法
胃カメラ:現在では、内視鏡と同じ意味で用いられている。胃を見るために口と食道を通して挿入する屈曲可能で光源を含む管状の器具。胃から組織を採ることも可能である。
胃切除術:胃を一部、胃がん食事療法もしくは全部取り除く手術。
胃(粘膜)萎縮:胃の粘膜が縮んだり弱くなった状態。消化液の欠乏を生じる。
X線:高いエネルギーの放射線。病気の診断には少ない線量で、ガンの治療には多い線量が用いられる
塩酸欠乏症:胃がん食事療法胃液の中にある塩酸が欠乏している状態。塩酸は食物の消化を助ける。化学療法:抗ガン剤を用いた治療法。
緩解:ガンの所見や症状が一時的、あるいは長期間消失すること。このような状態が生じた場合には、胃がん食事療法病気は緩解に入ったといわれる。
肝臓:血液を浄化したり、消化を助けることを主たる機能とし、右上腹部に存在する大きな器官。
ガン:コントロールを失って分裂する異常な細胞が含まれる病気を表す語。ガン細胞は周囲の組織に浸潤し、胃がん食事療法血流やリンパ系を通って身体の他の部分に拡がる。
危険因子:ガンを生じる可能性が高まる要因。
局所療法:腫瘍と腫瘍近傍の領域にある細胞に効果を及ぼす治療。
クルッケンベルグ腫瘍:胃がん食事療法胃ガンの転移により生じた卵巣の腫瘍。
結腸:腸の下部の1.5〜2.0mを指す。結腸は大腸とも呼ばれる。
コロニー刺激因子:新たな血液の細胞を産生させる刺激を身体に与える物質。胃がん食事療法
CTスキャン:X線の機械と連結されたコンピューターによって身体の内部の一連の詳細な画像を描く検査。
術中照射:放射線治療を手術中に行うこと。
食道:喉から胃に至る食物を通す、筋肉でできた管様の器官。
腫瘍医:ガンの治療を専門にしている医師。
消化管系:食べものを通す器官の総称。胃がん食事療法口、食道、胃、腸、直腸などが含まれる。
消化器専門医:消化器の異常の診断と治療を行う専門医。
小腸:胃と大腸をつなぐ消化管の一部。
上部消化管造影:胃がん食事療法バリウム溶液を飲むことにより行う、食道、胃、小腸(上部消化管)に対する一連のX線撮影。(バリウムは白くて粉っぽい物質で、X線により器官の輪郭を映し出す)。
膵臓:胃の後ろに存在する消化に関わる器官。
生検:顕微鏡下でガン細胞の有無を検査する目的で、組織を採ること。
生物学的治療:胃がん食事療法感染や病気に対する免疫(防御)機構の能力を刺激する、ないしは復活する治療法。免疫療法とも呼ばれる。
腺:身体で必要とされている物質を分泌する細胞の集団。
全身療法:胃がん食事療法血液に乗って身体中を回ることにより細胞に到達する治療法。
蠕動(ぜんどう):消化管における筋肉によるさざ波様の動き。胃においては、この動きが食物を胃液と混合させ、濃い液体へと変化させる。
組織:特別な機能を行う細胞の集団や構造。
ダンピング症候群:食物や液体が小腸へ入るのが急速すぎると生じる一連の症候群を指す。胃がん食事療法
症状としては、腹痛、吐き気、下痢、めまいなどがある。
超音波:非常に波長が短い音波。超音波検査において、この音波は組織から反射され、その反射波(エコー)は画像に変換される。画像はモニターに映し出される。胃がん食事療法転移:身体のある部分から他の部分へガンが拡がること。転移した腫瘍の細胞は最初(原発)の細胞に類似している。
内視鏡検査:長くて屈曲可能で光源を含む管を通して、食道や胃などの管腔臓器を見る検査。
腹:身体の一部で、胃がん食事療法膵臓、胃、腸、肝臓、胆嚢、他の臓器を含んでいる。
病理医:顕微鏡下で細胞と組織を調べることにより病気の診断を確定する医師。
腹腔内化学療法:胃がん食事療法細い管を通してお腹に抗ガン剤を直接注入する治療。
副作用:治療により健常な細胞がダメージを受けた場合に生じる問題。
腹膜:お腹の内面を被っている組織。
ヘリコバクター・胃がん食事療法ピロリ:胃に炎症と潰瘍を生じる細菌。
便潜血反応:便中の隠れた血液を検出する検査。
放射線療法:ガン細胞を殺す目的でX腺や他の線源からの高エネルギー線を用いる治療。
照射療法とも呼ばれる。胃がん食事療法
補助療法:主な(最初の)治療に加えて行われる治療。
麻酔薬:感覚や注意をなくす物質。局所麻酔は身体の一部の感覚を消失させる。全身麻酔は患者さんを眠らせる。
卵巣:卵子とホルモンを作る一対の女性の生殖器。子宮の左右に存在する。
良性:ガンではない状態。周囲の組織に浸潤しないし、身体の他の部分にも拡がらない。
臨床試験:医学的な研究。それぞれの研究においては、科学的な疑問に答える、胃がん食事療法あるいはガンや他の病気を予防、発見、治療するよりよい方法を見いだす目的で計画されている。
リンパ液:リンパ系を通して運ばれ、感染や病気と戦うことを助ける細胞を運搬するほとんど透明な液体。
リンパ系:感染と戦う細胞を作り、胃がん食事療法貯蔵し、運ぶことを主な機能とする組織を器官。このシステムには骨髄、脾臓、胸腺、胃がん食事療法リンパ節、リンパ液を運ぶリンパ管が含まれる。
リンパ節:リンパ系にある小さな豆型の構造物。リンパ節にはリンパ系の中にあり身体を回るガン細胞や細菌を止める特別な細胞が含まれている。胃がん食事療法


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。