胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 手術後 食事

胃がん手術食事

胃はpH1〜2といった強酸の塩酸とペプシンなどの消化酵素を含む胃液を分泌し、胃がん手術食事それを食物と攪拌し、殺菌とタンパク質の変性効果、食物をどろどろの粥状にしそれを少しずつ十二指腸に送っています。また、赤血球の生成に不可欠なビタミンB12の吸収に必要な内因子と呼ばれる物質は胃でのみ分泌されます。胃がん手術食事

胃がんの後発部位
胃がんはどの部位でも発生しますが特に幽門前庭部と少弯上に発生しやすい。胃がん手術食事また胃の組織は何層に分かれていますが、粘膜上皮の粘膜内の分泌細胞や、分泌液の導管にあたる部位の細胞から発生します。

胃がんの発生傾向
胃がんの発生頻度は高く、胃がん手術食事も肺がんに次いで高い。50歳〜70歳に好発し、3:2で男子の方が発生頻度が多い。

胃がんの原因
慢性胃炎をおこすすべての要因は胃がんの原因になりえます。食物では過量の塩分はよくないことがわかっています。胃がん手術食事たばこが胃がんを増やすことも明らかになっています。それ以外には慢性胃炎の原因菌であるヘリコバクター・ピロリと呼ばれる細菌が胃の中に住み着いて胃がんの原因のひとつになっていることがわかってきました。またでいえば、胃がん手術食事の傷を自力で修復する能力を発揮するに問題のある家系でがんの発生頻度が高まることが知られています。

胃がんの発生予防胃がん手術食事
胃がんの発生予防に有効だといわれているのはビタミンCやカロチノイド類を多く含む生野菜や果物でこれを多く摂取しているひとは胃がんになりにくい傾向があるといわれています。

胃がんの診断
胃がんの検診には胃X線検査、血中ペプシノーゲン値、腫瘍マーカーなどが用いられますが、胃がん手術食事胃がんの確定診断に用いられるのは胃内視鏡です。それ以外の検査に血液検査、超音波検査、CT、胸部X線検査、注腸検査、腹腔鏡検査などありますが、これらは胃がんの病域・転移の有無を調べるために用いるものです。
胃がん手術食事
胃がんの症状
胃がんの場合ガンががかなり進行しても全く症状がない場合も多くみられます。早期胃がんが発見される場合は潰瘍を併発している場合が多く、それに伴う出血、胃がん手術食事胃部不快感などがみられます。 進行したがんの症状は、痛みというより食事が通らない、胃が重い、体重が減る、食べ物がつかえるといったものです。知らない間に貧血が進み、胃がん手術食事そのために動悸や息切れが生じて発見されることもあります。

胃がんの標準的治療
大半の胃がんでは外科療法が最も有効な治療手段といわれています。外科療法は、病巣を含めた胃の切除、胃がん手術食事周辺のリンパ節の徹底的な切除(リンパ節郭清:かくせい)、食べ物の通り道の再建からなっています。
胃がん手術の問題点は術後の合併症と後遺症です。胃がんの手術の場合周辺のリンパを取り除く過程で、胃がん手術食事膵液がもれることがあります。膵液は強力な消化酵素を含んでいるため周辺組織を溶かし致命的なダメージを与えることがあります。また手術の縫合がうまくゆかず死に至る場合があります。

いわゆる一般的な外科手術以外に胃がんでは内視鏡による治療も行われていますがその条件は次のようなものです。胃がん手術食事
・粘膜内に限局するがん
・組織型が分化型である
・病巣内に潰瘍、あるいは潰瘍瘢痕
・大きさが3cm未満である胃がん手術食事

手術以外の治療としては補助的に化学療法(抗がん剤)が用いられます。
これは再発した場合や外科療法で切除しきれない場合に用いられるのが一般的です。胃がん手術食事単独で用いてがんが完全に消失することは極めてまれです。そのため薬だけの治療の目標は延命、あるいは腫瘍を切除しきるために手術に先立って腫瘍を縮小させるということです。


胃がんの予後
早期胃がんの予後は極めてよく、胃がん手術食事肉眼的に完全に切除できた場合、粘膜に限局したがんの5年生存率(治療後5年を経過して生存している割合)は93%、粘膜下層まで入ったがんでも91%です。胃がん手術食事次の層である固有筋層に入ったがんで82%、漿膜下層のがんで71%ですが、漿膜へ浸潤すると47%まで下がってしまいます。さらに他臓器へ浸潤すると30%と予後が悪くなります。ガンセンターによるただし近藤 誠先生の著書を一読してデータの数値を見られた方が良いかもしれません。
※早期胃がんとは、胃がん手術食事がんの外方向への進展が粘膜下層までにとどまっている状態のがんをいいます。
それ以外にも摘出手術によって胃がなくなったため、腸にダイレクトに食物が運ばれるようになり、胃がん手術食事それに伴って血糖値の変動が激しくなり一日の中で高血糖状態と低血糖状態を繰り返すことになります。またそれ以外に少数ですがダンピング症候群といって食事直後から30分以内に発現する動悸、胃がん手術食事発汗、めまい、眠気、腹鳴(お腹がごろごろはげしく鳴ること)、脱力感、顔面紅潮や蒼白、下痢などがおこることがあります。



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。