胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 看護

胃がん看護

8時45分には手術室へ運ばれる、胃がん看護というので朝5時頃に目が覚めたらもう今日、私のあとに手術するというお隣さん(彼女は胃癌)胃がん看護のはけ方も景気がいい。
そっと起きて病室の隣のデイルームへ行き、腕をグルグル回したり柔軟体操をしたり・・
下剤が効いて、胃がん看護食事もしないのに快便だった。それでも浣腸をするのかなぁ、と不安になっていたが、看護師に聞くと「いえ、しませんよ」と。ほっとした。ネットの体験者の話を読むと、消化器の手術でもないのに浣腸をしているのでなぜだろう?胃がん看護と思っていたのだ。お隣さんは胃癌なので、浣腸の説明を受けていた。

看護師が手術衣などを持ってきてくれた。胃がん看護足のむくみ防止のソックスが珍しかった。前の手術のときはなかった・・もっとも20年以上昔の話。このソックス、エコノミー症候群予防に効くのだそうだ。胃がん看護海外旅行のときに用意したくなった。
着替えてまもなく肩へ注射をしたら、もう意識がぼーとしてしまった。ストレッチャーに自分で乗り、運ばれていったのも意識モーロー。夫が付いてきていたのだがそれも覚えていない。胃がん看護手術室へ入ったときはもう意識がなかったようだ。寝不足のせいかなぁ・・
胃がん看護
(手術後)
何だか、顔見知りの人がたくさん私の周りに居て、がやがやとうるさい。昔の職場の仲間やら句会の仲間やら・・胃がん看護え、何か聞いてる?胃がん看護
と思ったらドクターらしい人に呼ばれていて目が覚めた。手術とは、される側には一瞬のことなのだ。卵巣の手術のときはとっても綺麗なお花畑の夢が延々と続いて、胃がん看護その向こうに亡母が居て、私に手を振っていたっけ。母の所へ行こう行こう、と思いながら足が動かないままで目がさめたのだが・・残念、今回はあの素晴らしいお花畑は見えなかった。胃がん看護
ともかく、無事に済んだ。約2時間かかったそうだ。きっちりと目が覚めてから夫から聞いたのは・・乳腺への転移はないので切った部分は少ない、リンパ節へも転移していないのでリンパ節は生検だけで済んだ、胃がん看護ということだった。良かった良かった!腕が上がらないとか、リンパ液が溜まるとか、胃がん看護術後の後遺症がなくて済む。抗がん剤の治療も不要かもしれない。
一日だけリカバリー室に居なくてはならない。酸素吸入器は、はずしてくれた。腕には点滴、胃がん看護自動血圧計が巻かれ、尿道管がつけられてはいるものの、鼻に管がつけられた前回の手術に比べれば楽なもの。胃がん看護
と思ったが、眩暈が凄い。吐き気もする。それは何とか堪えられた。最もつらかったのは喉の痛みと渇きだった。麻酔をするのに喉へ人口呼吸器?を押し込んでいた後遺症らしい。胃がん看護渇きで声が出なくなるので、時々うがいをしないと呼吸が苦しくなる。
どうして水を飲ませてくれないのかなぁ、と思いつつも、昼間は殆ど眠っていた。
そして夜・・胃がん看護そろそろ体中が痛くなってきたので自分で起きあがることを考えた。出来る!右腕に力は入らないが左で体を支えると起きあがれる。呼び鈴を押すのもはばかられるくらい、看護師は多忙そうなのだ。だったら自分でするから、胃がん看護と吸い飲みに水を入れて貰い、喉の渇きは自分でうがいすることにした。



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。