胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 種類

胃がん種類

早期胃ガンは偶然見つかります。胃がん種類進行胃ガンは食欲不振・体重減少・全身衰弱。
早期胃ガンは、胃がん種類健診の普及で発見率が高まりました。進行胃ガンは、そのほかの進行ガン同様、食欲がなくなったり、急に体重が減ったりして、徐々に全身状態が悪くなってきます。あまり、医療機関を受診しないという人は進行ガンで見つかることが多いようです。
各臓器に転移が進むと、胃がん種類それに応じた症状が出現します。
基本的には中高年の病気ですが、若い女性に悪性度の高い胃ガンが発生することが知られています。要注意です。胃がん種類

検査胃がん種類
内視鏡検査・病理組織検査で診断
転移の有無を調べるために全身の検査を
早期ガンの一部は内視鏡で治療が可能胃がん種類
基本的に手術・転移があれば化学療法

胃ガンの診断は、胃がん種類まず内視鏡。疑わしい部分の組織を取って顕微鏡で診断します(病理組織検査)。胃ガンであると分かったら、その深達度(どのくらいの深さまで浸潤しているか)を調べます。病理組織検査で、胃の壁への浸潤が浅ければ早期ガン・深ければ進行ガンと分類します。胃がん種類深達度の判断には超音波内視鏡も使用されます。

o早期胃ガンは、胃がん種類
1.とびだした形のもの(隆起型)
2.平らなもの(平坦型)
3.へこんだもの(陥凹型)
の3つに大きく分類されます。胃がん種類
内視鏡で見て「小さい」ものは、内視鏡下に治療をすることができます。

内視鏡下粘膜切除術
EMR内視鏡で治療できるサイズについては施設によって多少基準に幅があるようですが、胃がん種類隆起型で直径2cm・陥凹型で直径1cmが目安です。手術に比べればずいぶん安全な治療法ですが、出血や穿孔(胃の壁に穴があく)などの危険はあります。
胃がん種類
残念ながら、これより大きい早期ガンおよび、胃の壁に深く浸潤した進行ガンは内視鏡だけでは治療ができません。腹部超音波検査・CT・MRI・全身ガリウムシンチグラムなどの検査で全身への転移の程度を調べてから、手術を行います。胃がん種類手術は、転移がなければ胃の部分切除または全切除、周辺のリンパ節に転移がある場合、それらを含む拡大手術が行われます。
さらに残念なことに他の臓器に転移が認められた場合には手術ができないことが多いようです。胃がん種類転移の多い臓器としては肝臓・腹膜があります。腹膜への転移は腹水の貯留を来すことがあります。
手術ができない場合には化学療法が行われますが、劇的な効果は期待できません。胃がん種類

治療の方法と見通し
早期胃ガンの5年生存率は90%以上!胃がん種類
他臓器に浸潤した場合、手術しても5年生存率は10%
胃ガンは早期発見できればとても治療成績のよいガンですが、進行のスピードは速く、胃がん種類他臓器に浸潤した場合は手術をしても5年生存率は10%程度です。ガンの組織の種類によっても治療成績は異なります。胃がん種類スキルスといわれる種類のガンは悪性度が高く進行も速いことが知られています。また、進行例では手術ができないことも多く、治療が間に合わず、無治療で経過を見ざるを得ないこともあります。胃がん種類進行例に対する化学療法はその効果に対して副作用が強く、生命予後を改善しない可能性さえあります。しかしながら、最近新しい抗ガン剤が認可され、その有効性に期待が集まっています。胃がん種類


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。