胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 全 摘出

胃がん全摘出

胃がん 胃がん全摘出(胃癌)の治療は、医師の協力の下で治療方針、治療期間、メリット・デメリットなどの説明を十分にうけ、患者さんが自分の価値観などを考慮し 最終的な治療方法を患者さんが主体となって決定する時代になりつつあります。胃がん全摘出

胃がん 胃がん全摘出(胃癌)の治療をはじめるにあたりがん(癌)治療の注意点をまとめましたので参考にしてください。

また医療の進歩とともに治療方法も多様化してきており、胃がん全摘出 医師によって治療方法が異なることは珍しくなく、主治医以外の医師の意見を聞くセカンド・胃がん全摘出オピニオンを求めることが必要な時代になってきました。
胃がん全摘出
詳しくは「インフォームド・コンセント」と「セカンド・オピニオン」についてをご覧下さい。

胃がん胃がん全摘出(胃癌)の治療−胃がん(胃癌)の手術療法
胃がん(胃癌)の治療−内視鏡的治療
リンパ節転移の可能性がほとんどないと考えられる早期胃がん胃がん全摘出(胃癌)は手術をせずに内視鏡的による切除が可能ですが、日本胃癌のガイドラインでは次のような適応を定めています。

分化型がん
粘膜内がん 胃がん全摘出
病巣内に潰瘍または潰瘍瘢痕(はんこん)がない
大きさが2cm以下
胃がん全摘出ただし条件に当てはまっていてもがんのある部位が切除しにくい場所にある場合には「開腹手術」になることがあります。

逆に高齢者などで開腹手術が難しい場合に内視鏡的治療が行われることがあります。胃がん全摘出

また、最近一部の施設ではITナイフという器具を使ってがんを剥ぎ取るように切除する方法も行われており、胃がん全摘出通常の内視鏡的粘膜切除術よりも大きな胃がん(胃癌)を切除することができます。

胃がん(胃癌)胃がん全摘出の治療−外科手術(縮小手術)
内視鏡的治療の対象にはならないが胃の2/3以上を切除する手術は必要ないと判断された場合には、胃がん全摘出胃の切除範囲をごく一部に限定した局所切除を行ったり、リンパ節を取り除く範囲を狭くした縮小手術が行われます。

噴門部や幽門部を温存したり、胃がん全摘出神経や大網という胃を覆う脂肪組織を残すなどして胃の機能をできるだけ残そうとする手術です。

胃がん手術後に起こりやすい合併症のリスクが抑えられるとともに、患者さんの生活の質胃がん全摘出(QOL)低下を防ぐことが期待されます。合併症は膵液がもれたり、消化管の縫合不全で、死亡に結びつくこともあります。縫合不全は幽門側の胃を切除した後に胃と十二指腸をつなぐ方法では3%弱発生するので注意が必要です。
胃がん全摘出
胃がん(胃癌)の治療−外科手術(定型手術)
胃の2/3以上の範囲を切除する方法で、胃がん全摘出胃がん(胃癌)の手術療法としては標準的に行われている手術です。

胃がん全摘出がんが粘膜下層よりも深く浸潤している場合にはリンパ節に転移している可能性があるためリンパ節も同時に切除します。定型手術では1群と2群のリンパ節を切除します。胃がん全摘出場合によっては胃を全部摘出する全摘出手術が行われる場合もあります。
胃がん全摘出
胃がん(胃癌)の治療−外科手術(拡大手術)
胃がんが進行していて他の臓器に浸潤や遠隔転移していたり二群、三群のリンパ節に転移がある場合には拡大手術といって胃を摘出するだけではなく膵臓や脾臓、胆管、胃がん全摘出大腸の一部などを切除することがあります。

胃がん胃がん全摘出(胃癌)の手術以外の治療法
胃がん(胃癌)の治療−放射線療法
放射線療法は高エネルギーの放射線を使ってがん細胞を殺す治療方法です。胃がん(胃癌)の場合、放射線療法は臨床試験で行われることがありますが、効果はほとんどなく一般的には行われることはありません。食べ物の通胃がん全摘出りをよくしたり痛みを取り除く目的で行われることがあります。

胃がん(胃癌)の治療−化学療法(抗がん剤治療)
遠隔転移などのために外科療法で切除しきれない場合や、手術後にがんが再発した場合には化学療法胃がん全摘出(抗がん剤)による治療を行います。また、手術前に化学療法を用いてがんを小さくしてから外科手術が行われることもあります。

しかし胃がんの場合には抗がん剤だけでがんを完全に消失することは難しく、胃がん全摘出治療目的としては延命または術前使用による腫瘍縮小となります。

胃がんの手術後に行われる補助化学療法胃がん全摘出(再発予防のために抗がん剤を使うなど)は、現時点では効果がはっきりとしていないため、胃癌のガイドラインでは推奨すべき術後補助化学療法は無いとしています。胃がん全摘出

特にステージがIA、IBであった場合とII期でもがんが胃の粘膜層に限局しているか粘膜下層までしか達していない場合(これをT1と呼びます)には術後の補助化学療法を行うべきではないとしています。胃がん全摘出

現在II期、IIIA期、IIIB期の胃がんの患者さんを対象として経口抗がん剤を用いて臨床試験が行われています。
胃がん全摘出
胃がんの場合あくまで臨床試験であり標準的な治療ではないことをご理解下さい。

強力な化学療法胃がん全摘出(抗がん剤)/放射線療法の副作用対策
強力な化学療法や放射線療法を行えば当然副作用も強く、胃がん全摘出白血球の減少による感染症、血小板の減少による出血などがおこりやすくなります。白血球や赤血球、血小板などが低下することを骨髄毒性(骨髄抑制)といいます。胃がん全摘出

骨髄抑制により身の回りを清潔に保ちウイルスや細菌などの感染を予防する必要があります。胃がん全摘出また免疫の低下により帯状疱疹もできやすく、しかも悪化しやすくなります。



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。