胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 全 摘出

胃がん全摘出

病院胃がん全摘出(八幡東区、院長)で昨年10月、男性患者(52)の胃かいようを胃がんと誤診し、胃、ひ臓、たんのうと周辺リンパ節の全摘出手術をしていたことが9日分かった。男性の代理人は「明らかな医療過誤。必要のない手術で、胃がん全摘出患者は多大な苦痛を受けた」と話し、秋にも市を相手に損害賠償を求め提訴する。
胃がん全摘出
病院局によると、昨年9月、男性の胃の細胞を取って検査し「がん細胞が認められた」として胃がんと診断した。胃がん全摘出男性には「手術すれぱがんは取れる。しなければ余命6カ月」と告知、手術の承諾を得たという。胃がん全摘出

ところが手術後、摘出した臓器を調べたところ、がん細胞は見つからず、胃かいようだったことが判明した。胃がん全摘出手術前に調べた細胞は、胃がん全摘出再検査でがん細胞ではなかったことも分かり、いずれも本人に伝えた。胃かいようは薬で治る場合が多く、手術する場合でも、胃がん全摘出周辺の臓器やリンパ節まで摘出する必要はないという。

男性の代理人は今年5月、胃がん全摘出病院に「示談で解決する用意があるかどうか」などの内容証明を送った。これに対し病院側は7月、示談には応じない旨を回答。
胃がん全摘出
病院局の作本成彬局次長は「(手術前の)病理診断(の適正さ)が争点になると思うが、がん細胞に非常によく似た細胞が認められ、胃がん全摘出診断は困難だった」と話し、裁判で争う姿勢を示した。』という記事である。

この件では、胃がん全摘出結果的に病理診断は間違っていた。たとえ胃の組織に胃癌と似た細胞が見られたとしても、胃以外の臓器を摘出する必要はない。オーバートリートメント=オーバーサージェリーである。なぜ、胃がん全摘出ミスを詫びることができないのか。

日本医師会がと指示を出しているので、胃がん全摘出忠実に対応しているのであろうか。

しかし、胃がん全摘出そのような病院は市民の信用を失い、いずれそっぽ向かれることであろう。

この件の病理診断と似たような経験をしたので紹介したい。胃がん全摘出

に勤務中のことである。

難治性の骨髄炎の患者の骨を切除することとなった。胃がん全摘出

炎症所見がなくなるところまで切除しなければならないので、胃がん全摘出切除部分を確定するために、胃がん全摘出迅速診断を依頼した。(迅速診断とは切除した組織を急速冷凍し、顕微鏡で見られるように切片を作り、直ちに顕微鏡で見て病理診断する方法である。胃がん全摘出作るのに時間のかかると比べやや診断精度が落ちる欠点がある)

標本に炎症所見なければ切除部分はそれでよし、胃がん全摘出しかし炎症所見があればさらに骨を切り足す必要があるのだ。

組織を提出した後、もらった返事は「マリグナント(悪性=癌)です」というものであった。
「この組織はがんを疑っているのではなく、胃がん全摘出骨髄炎で炎症所見があるかないかを見ていただきたいのですが」
「そうですか。見直してみます」

病理診断とはこんなものなのです。胃がん全摘出
だから病院で病理診断があっても、日本中の病理学者のレベルはこんなものかも知れない。胃がん全摘出

ここで、気になる医学記事を紹介しておこう。

日本を含めた世界数カ国の病理学者それぞれ数名ずつに、胃がん全摘出胃癌、境界領域、正常組織の同じ標本を渡し、診断してもらったところ、日本の病理学者のみが断突に胃癌の診断をした医者が多かった。他国の医者は胃癌、胃がん全摘出境界領域、正常と診断した比率が同等であったと言うものである。

すなわち外国では手術にならない症例でも、日本では胃癌として手術されているのである。胃がん全摘出

この現実に日本人全てが目を向けるべきであろう。
胃がん全摘出
そうしなければ、病院の件と同じように、あなたの家族親戚が明日にも胃癌と誤診されて、不用な手術を受けることになるかも知れないのですよ。胃がん全摘出



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。