胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 診断

胃がん診断

胃ガンは、胃がん診断つい最近まで、全ガン死の中でトップでした。その後、集団検診や検査技術の向上で早期に発見される確率が増え、死亡率は徐々に減っていきました。でも肺ガンの次で、依然として楽観視できない状況です。胃がん診断
胃ガンのほとんどは胃液を分泌する細胞が悪性化したもので腺ガンと呼ばれます。胃がん診断危険因子として、刺激性のある食べ物(塩、肉や魚のこげ等)がいわれています。確かに日本人の食生活が欧米化するのと比例して、胃がん診断胃ガンの発生率が減少していますので、食生活に影響されるガンといえます。ガンの形態はポリープ状のもの、胃がん診断潰瘍型のもの、両方を併せ持つもの、フラットなものがあります。フラットなものは内視鏡では発見されにくいので、X線による胃の検査が必要です。胃がん診断しかもフラットなものは悪性度の高いスキルスと呼ばれ、胃粘膜下層進潤していき、胃がん診断発見された時は手遅れということが多いのです。

主たる診断方法
胃ガン診断の二本柱は、胃がん診断胃部X線検査と内視鏡です。胃部X線検査は日本人医師が開発した二重造影法を主体に行います。胃がん診断薄く胃粘膜についたバリウムにより、胃粘膜の変化を調べます。又、重複造影といって、胃のぜん動運動に異常がないか調べスキルス等の胃粘膜に変化が生じないガンの発見に利用されています。ガンが疑われる場合、胃がん診断内視鏡による検査が行なわれます。写真を撮ったり、パンチバイオプシーと呼ばれる方法で組織を採取して、胃がん診断細胞診を行ないます。

主たる治療法と予後
胃ガンの進行度は4段階に分かれます。I期がガンの深さが粘膜、胃がん診断又は粘膜下層までで、他に転移がないもの、U期はガンの深さが漿膜まで達しているが、胃がん診断転移が周囲のリンパ節に限られるもの、V期はリンパ節転移が広範囲で漿膜まで浸潤しているが、胃がん診断隣接する臓器まで及んでいないもの、W期はリンパ節転移が広範囲で、明らかに漿膜以上浸潤していて、しかも隣接する臓器まで及んでいるものです。
T期は手術により、胃がん診断96%の方が完治します。ガンの形態がポリープ状であれば、内視鏡でも敵出できます。
U期は手術により、胃がん診断70%の方が完治します。但し、周辺のリンパ節も摘出する為、手術後の後遺症が長く続くことがあります。又、予防的意味で抗ガン剤の投与も行なわれています。胃がん診断
V期は手術を行ないますが、36%しか完治できません。手術は広範囲にリンパ節を摘出する広大手術が行なわれます。胃がん診断手術後の後遺症に悩む方がいます。勿論、積極的に抗ガン剤を投与します。
W期は手術も抗ガン剤投与も行なわれますが、治すというよりも延命を目的に行ないます。但し、胃がん診断手術も抗ガン剤の投与も体力的に無理なケ−スが多く、苦痛を和らげる対処療法が主になります。
胃がん診断


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。