胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 診断

胃がん診断

胃がん診断胃がん外科の食道浸潤胃がんに対する外科治療に関する臨床試験の結果が2004年の米国臨床腫瘍、日本消化器外科で発表された。試験前の想定を覆し、胃がん診断左開胸開腹アプローチにより徹底した下縦隔郭清と十分な食道の切除を行う術式は、生存率において開腹経横隔膜アプローチに勝ることはなかった。胃がん診断また、術後合併症、QOLなどは開腹単独群が勝っていた。この結果より、食道浸潤長が3cm以下の症例では開腹経横隔膜手術が標準となった。しかし、胃がん診断食道浸潤胃がんについては、未解決の問題も多く残っている。1)噴門部の早期胃がんにおけるEMRの適応と手技、2)左開胸開腹の適応として残る症例はあるのか、3)食道浸潤3.1cm以上例ではどうするべきか、胃がん診断ことにSiewertのtypeIでの治療選択は?切除術式と再建法、4)噴門側胃切除の適応症例と再建術式、などである。胃がん診断発表希望者はテーマを絞り込みデータに基づいた意見を述べて頂きたい。

(がんセンター病院)
胃がん診断
進行胃癌治癒切除後の補助化学療法が予後を改善するという確たるエビデンスがなかなか得られない今日、胃がん診断世界の注目はneoadjuvant chemotherapyへと集まっている。欧米では、放射線療法を含むさまざまなレジメンによる第II相試験が展開され、すでに 第III相試験が始まったものもある。一方わが国では、胃がん診断精度の高い術前診断と良好な手術成績に加え、S-1を含む独自の化療レジメンを有することから、胃がん診断欧米とは異なる戦略の術前化学療法が試みられてきた。現在、日本臨床腫瘍グループ(JCOG)などで第II 相試験のデータが集積されつつある。Neoadjuvant chemotherapyは、奏効例で手術の治癒度向上が期待される一方、胃がん診断非奏効例では治療による有害事象や手術の遅れによる 病期進行を覚悟せねばならず、胃がん診断対象症例の選択が重要である。本シンポジウムでは、生存期間延長が期待されるのはどのような病態か、どのようなレジメンが術前投与に適しているかという点を中心に、経験と展望を論じていただきたい。胃がん診断

早期胃癌
胃がん診断
2004年4月に改訂された胃癌治療ガイドラインには、早期胃癌に対する鏡視下手術は、胃がん診断臨床研究治療の一つとしてあげられ有望な縮小手術として位置づけられている。その適応に関しては、EMRの適応とならないM癌や1.5cm以下の分化型sm癌などのstageIA病変にはD1+αのリンパ節郭清を行う縮小手術Aとして、胃がん診断またそれ以外のstage 胃がん診断IA,IB病変にはD1+βのリンパ節郭清を行う縮小手術Bとしての鏡視下手術の適応選択が推奨されている。しかしながら、胃がん診断それらの適応と限界についてはいまだ議論が多い。さらに、センチネルリンパ節検索の導入によりその術式選択が再考されようとしている。本セッションでは、胃がん診断長期成績からみた早期胃癌に対する鏡視下手術の適応とその限界を評価していただき、胃がん診断胃癌治療における鏡視下手術の役割を明らかにしたい。

(がんセンター)
胃がん診断
胃癌に対するEMRの新たな手技であるEndoscopic Submucosal Dissection(ESD)は、従来法に比して一括切除率が高く、胃がん診断大きな病変や潰瘍瘢痕のある病変に対しても良好な成績を示すことから次第に広まりつつある。胃がん診断また、技術的に一括切除が可能になってくるとともに、ガイドライン外の病変に対しても内視鏡切除が適応される例も増加しているようである。しかし、ガイドライン外の病変に対してどこまで適応拡大が可能なのか、転移や局所再発のリスクの面と、胃がん診断技術的側面の両者に関して現時点では明確な回答が得られていない。出血などの合併症や施行時間の増大などの負の面も存在する。胃癌に対する内視鏡切除の適応をESDの普及とともに拡大する必要性と妥当性があるのか?また、胃がん診断その限界はあるのか?について、ESDの登場以来、胃癌に対するEMRが大きく変貌しつつある今、胃がん診断本セッションで考えてみたい。

胃がん診断胃癌は抗がん剤の感受性があるといわれ、5-fluorouracil以来数々の新薬の登場開発にあわせて併用療法などが報告されそこそこの抗腫瘍効果が確認されてはいたが、胃がん診断延命効果になかなか結びつかない臨床現場の苛立ちが続いてきていた。近年はS1を初めとする経口抗がん剤の開発や、CPT-11に代表される新薬の登場でいささかの光明が見えているといってよい。さらにtaxane系の参加にいたって、胃がん診断これまで予想のつかなかった未分化癌に対する効果や、既成薬剤に対し交叉耐性をもたないことなどから、第二次、胃がん診断第三次選択まで治療を引き継ぐことができる可能性が出てきている。このことはこれまで望みが希薄であった延命効果に大きく貢献しているものと考えられる。胃がん診断これまでのさまざまな研究結果から第一選択薬がなんであれセカンドケモセラピーの選択が延命の鍵を握る情勢が明らかになってきている。そこで今回のセッションではファーストケモセラピーに連続するセカンドとしての役割と薬剤・胃がん診断投与法・併用方法などについて論じ、わが国から世界へ治療の方向性を発信するものにしたい。

(がんセンター病院)
胃がん診断
胃癌患者のQOL改善を目的としたEMRは有益な治療方法として普及している。しかし一括切除可能な大きさに限界があるため適応外の早期胃癌も多い。そこでEMR適応外早期胃癌の治療として確実な一括切除が可能な切開剥離法(Endoscopic Sub- mucosal Dissection : ESD)胃がん診断が考案され注目を浴びている。胃がん診断また全層切除を目的とした局所切除やリンパ節郭清の付加を目的とした胃切除が鏡視下にも施行されている。胃がん診断そこでEMR適応外病変の治療戦略としてのESDと鏡視下手術の適応や治療成績を検討してEMR適応外病変治療のstrategyを検討して頂きたい。

早期胃癌診断
胃がん診断
手術可能例のEMRではリンパ節転移のない癌であることが、胃がん診断絶対条件である。しかし、リンパ節転移を正確に直接診断する手法がないため、その適応はガイドラインで分化型、深達度M、大きさ2cm以下等々と決められている。胃がん診断さらに、近年、ESDなど切除法の開発により次第に適応を拡大する方向がある。手術ではなくEMRを選択するとき、胃がん診断精度の高い進展度診断が要求される。範囲診断の不一致は側方 断端陽性に直結し、深達度診断の不一致は深部断端陽性、胃がん診断およびリンパ節転移に直結 する。
胃がん診断そこで本セッションでは適応拡大するEMRを念頭においた早期胃癌の正確な進展度診断について討論したい。すなわち、1)範囲診断に関しては、正確な範囲診断のためのコツはあるか、胃がん診断病巣周囲の生検は何か所必要か、拡大内視鏡は有用か、診断困 難な肉眼型・組織型の特徴はあるかなど、2)深達度診断に関しては、確実なsm浸潤所見は何か、胃がん診断EUSは必要か、複数のmodalityを使うのであればどの組み合わせが良いか、胃がん診断肉眼型により差はないかなど、3)病理学的には、進展度診断が困難な病巣の特徴はあるか、胃がん診断分化型であっても悪性度の高い病巣はないかなどについてである。多くの発表演題をお待ちしてます。胃がん診断

(がんセンター病院)
胃がん診断
上部進行胃癌では脾動脈幹(No.11)リンパ節および脾門部(No.10)リンパ節にしばしば転移が認められるため、胃がん診断これを郭清する目的で膵脾合併切除が行われてきた。しかし、膵を温存しつつ十分にNo.胃がん診断11を郭清する術式が考案され普及して以来、No.11予防的郭清の目的としての膵切除はほとんど行われなくなっているのが現状である。胃がん診断その変遷の妥当性を実際の臨床データをもとに検証していただきたい。また、現規約ではNo.11をNo.11pとNo.11dに分類しているが、腫瘍の占居部位別にそれぞれのリンパ節郭清効果を示し、胃がん診断現規約のリンパ節群分類につき再検討して頂きたい。

胃癌術後
胃がん診断
胃癌手術後の患者管理にも多くの施設で導入され、胃がん診断入院期間の短縮やコストの低廉化が得られている。しかし、一方ではパスによる管理は患者のQOLや癌の根治性を損ねるのではないかとの危惧もある。そこで本主題では、胃がん診断胃癌外科を専門とする多くの施設から、種々の術式や化学療法などのパス作成・導入の実際を提示していただき、患者のICの向上、チーム医療の推進、合併症の減少、胃がん診断ミスを減少させてより安全な医療へ、などの胃癌治療の質の向上にパスは貢献できるのかどうかをデータで示していただきたい。また胃癌治療におけるパスの問題点を明らかにして、胃がん診断その解決にはどのような工夫がさらに必要か、なども論じていただき将来への展望を明らかにしたい。

(がんセンター病院)
胃がん診断
従来、限局期の胃悪性リンパ腫の治療は外科切除が主体であったが、胃がん診断その病態に関する研究の進展や新しい治療法の開発に伴い、胃悪性リンパ腫の治療法はこの10年で 胃がん診断大きく変化した。MALTリンパ腫はH.pylori除菌療法が第1選択とされるようになり、胃がん診断 びまん性大細胞型リンパ腫の治療も節性リンパ腫と同様に非外科的治療が選択される ようになってきている。本セッションでは胃悪性リンパ腫の治療方針に関して、MALT リンパ腫では除菌療法の適応、除菌療法後の長期経過、除菌無効例に対する二次治療 の時期・胃がん診断方法、進行期例の治療法など、びまん性大細胞型リンパ腫では従来の外科切除と非外科的治療法の選択基準、胃がん診断非外科的治療の方法・効果・副作用・合併症などを 討論し、現時点におけるコンセンサスを探ってみたい。多くの応募を期待します。胃がん診断



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。