胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 前兆

胃がん前兆

胃がん前兆5年前に早期の胃がんで、胃を3/4切除。早期だった為、抗がん剤などは一切服用せずに済みましたが、消化不良の下痢が頻繁に起こる為、5年間、ずっと、毎食後にラックビー(一般名:ビフィズス菌)とマーズレンS(一般名:アレンスルホン酸ナトリウム・L-グルタミン)、そしてさらに調子の悪いときは、チアトン(一般名:臭化チキジウム)、下痢がひどいときは頓服として、ロペミン(一般名:塩酸ロペラミド)を飲んでいました。胃がん前兆

最近では、腸のほうも、少しずつ慣れてきて、下痢はしだいに減ってますが、相変わらず一向に太れず、体重は40キロに身長は161センチです。鉄欠乏性貧血(ヘモグロビン10くらい)が、ずっとあります。胃腸が弱く、鉄剤は飲めないので、2年ほど前に10本ほど、鉄剤の注射をしたことはあります。現在とくに、貧血症状などはないようです。
今回の相談の症状は、胃を切ってから、体力がない為、2日に1度くらいの割合で昼寝をするのが、習慣になっていたのですが、今春ごろからでしょうか、昼寝をすると、足が、胃がん前兆ピクンとなって起こされてしまうようになりました。おまけに、足がなんともいえない、気持ちの悪い不快感になるので、昼寝があまりできなくなりました。そのうち、昼寝しなくても、日中、足が、気持ち悪いことが時々起こるようにもなりました。気のせいだと気にしないようにしていました。

それと、同時期ごろに、朝手がこわばって、手指がまがらなくなり、こわばりはすぐよくなるのですが、その後も、手の第2関節が痛いのがよくならなくなり、これはリウマチだと心配してすぐ専門医にいったのですが、リウマチ反応も、胃がん前兆膠原病も甲状腺もすべて正常でした。(貧血はあり)

専門医は、「所見も指の腫れもないし、現在のところリウマチではありませんが、これがリウマチ、膠原病の前兆ということがないとはいいきれないので、痛みが続くようなら、また半年後くらいに血液検査をしましょう。」とのことでした。
胃がん前兆
現在のところ、リウマチ反応がないので、西洋の薬は使わず、漢方のリウマチの初期の虚症の薬ツムラの「柱枝加朮附湯」をいただき、2週間、飲みました。痛みの効果はまだみられず、舌苔が増えた感じで口の中が気持ち悪くなり、ぴりぴり感もでて、毎朝、白い膜のようなものが、粘膜にも張るようになったので、の薬は一次中断して、栄養不足なのだろうとのことで、体力をつける、虚証のツムラのの補中益気湯と、ビタミンB2と、胃の粘膜を保護する薬のプロマック(一般名:ポラプレジング)(舌の粘膜を保護するということと、副効果としての亜鉛欠乏症にもいいということらしい)を飲んでいます。
胃がん前兆
これで、よくなったら、またリウマチの漢方にもどりましょうとのことでした。現在は、の時よりも、体の調子がすごくよいようです。

ところが、最近はじめて知ったのですが、いままで、リウマチのことばかり、心配していて、いっぽう、気のせいとおもっていたほうの、「むずむず脚症候群」とその患者が多併発する「周期性四肢運動障害」という病気があることを知り、症状が、ぴったりで、胃がん前兆などで調べていきますと、この病気は、筋肉のこわばりもあることを知り、もしかしたら、リウマチのような症状もすべてこの病気だったのかもと思ったのです。
胃がん前兆
この病気になるひとは、人工透析、胃切除者、鉄欠乏性貧血者、妊婦、尿毒症ということから、共通点で、血行不良や、貧血や、なにかの代謝異常とも言われていますので、鉄分を補給すれば、治る希望もあるかもと思いながらも、リウマチ患者は、大半が、貧血を伴うのですが、鉄剤で、病状が悪化したり、組織沈着症などを起こすことがあるので、 間欠的造血薬を使うそうなので、もし前兆であっても、現在リウマチでないのであれば、鉄分を補給しても大丈夫なのかとも思うのですが、心配で、すぐさま注射もできないでいます。
胃がん前兆
また、ひどい、冷え性、痩せで、どこからみても、証は、虚証なのに、の漢方の薬を飲んでいるときは、足がほてってとても気持ちがわるかったです。今から思うと、「むずむず病」だと、ほてり、灼熱感があるので、悪影響になったのではないかと思います。現在のは大丈夫のようです。で漢方でこの病気がよくなった人もいるとききましたが、漢方の関連の本のどれをみても、あらゆる症状、病気別に漢方が説明していても、胃がん前兆載ってなく、この病気のことはまだ、知名度も低く、実際には、人口の10%近くいるのではといわれているにもかかわらず、今まで、病気と思われて、いないために、最近やっと認識されだしたようです。

冷え、血行不良、鉄欠乏性貧血がこの病気になる人の共通点ではあると思うのですが、実際、悪いときは、ふくらはぎから足先がほてって気持ち悪くなるので、どのような漢方がよいのか、見当もつきませんし、本にも載ってなく、先生たちにもまだ、「睡眠障害外来」や「精神科・神経科」の限られた科でしか、あまり知られてないらしく大変こころぼそいのですが、それらの科では、軽度の患者には抗うつ剤、重症には、抗てんかん剤や、パーキンソ胃がん前兆ン病の薬が、よく効くらしいのですが、薬をやめると、悪化する場合があるらしいので、これは、症状を押さえるだけで、よくはならない治療法なので、躊躇しています。できたら、漢方や、ビタミン、鉄分の補給と症状が、悪いときには、軽い抗うつ剤くらいを、飲むくらいでなんとか、克服できないかと思っています。現在のは、体にはあっているようですが、この病気を踏まえたうえでもっとよい漢方があるのであれば、成分だけでも有効そうなものがあれば、教えていただけるとたすかります。ほんとうに、大変長くなりまして申し訳ありませんが、どうぞ、よろしくお願いいたします。胃がん前兆
回答:漢方科 教授 松橋俊夫
漢方医学は、西洋医学とは体系がまったく異なり、漢方薬を正しく使うには、漢方医学の立場から診断し選薬していかなければなりません。西洋医学の病名のみに対応させて投与すれば、うまくいかないと理解しておく必要があります(病名漢方の弊害)。仰るとおり、おそらく体の状態は漢方医学でいう虚証(キョショウ:正気が不足して体力が低下している状態)で、血虚(ケッキョ)の状態にあり、胃を切除されたことに端を発していると思われます。漢方医学では胃は体の中心をなす臓器であると理解いたします。胃の虚弱を補う処方としては、胃がん前兆まずは人参湯を考えられたらいかがでしょうか。もちろん慢性の下痢にも効果があると思います。ただ人参湯は水をさばく力(利水効果)がありませんので、時に応じて真武湯や六君子湯を合方されたらいいかと思います。また慢性下痢には真武湯、人参湯、補中益気湯以外にも、黄耆建中湯、啓脾湯、十全大補湯、小建中湯(アイウエオ順)などもいいかもしれません。
胃がん前兆
血虚に対しては、帰脾湯、キュウ帰膠艾湯、四物湯、十全大補湯、当帰芍薬散(アイウエオ順)などがありますが、胃にさわる生薬が配合されているものが多いので、胃を整えながら服用した方がいいと思います。勿論、胃腸機能が改善されてくれば、血虚も改善されてきますから、血虚に対する上記の処方は服用されなくてもよいかもしれません。どの処方がいいかは服用されて効果があるかよく自己観察されるか、漢方専門家(医師・薬剤師)に相談されていくことです。胃腸機能が整い体力がついてくれば、全身状態が改善され、血虚によると思われる手足の症状も軽快していくと思われます。リュウマチの初期を疑って短絡的に桂枝加朮附湯を服用されるようなことはよくないことで、漢方薬といえども好ましくない方向に体を変化させてしまう場合がありますから注意を要します。また新薬の服用は必要最小限にしていくことをお薦めします。胃がん前兆


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。