胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 治療法

胃がん治療法

1)スキルス胃がんに対する外科手術療法について 
胃がん治療法
 スキルス胃がんは,普通のタイプの胃がんと比べて女性に多く,胃全体に横に広がって隆起部がないために見つけにくい特徴があります.見つかったときにはずいぶんと進行していることも珍しくありません.通常は,胃全摘に脾臓と膵臓の一部を合併切除する手術が行われていますが,取りきれたと判断できても,比較的早い時期に再発のかたちで見つかることが多く,生存率が不良であるのが現状です.胃がん治療法これに対して,合併切除する臓器を横行結腸や胆嚢,左副腎などに広げる拡大手術(「左上腹内臓全摘術」を行った場合にスキルス胃がんの生存率が向上するという結果を得ています.スキルス胃がんにもいくつかのタイプがあるので,すべてのタイプにこの方法が有効であるのか否かなどの検討を進めています。

胃がん治療法

2)早期胃がんに対する外科手術療法について 

 早期胃がんではリンパ節転移が認められる場合よりも,転移が認められない場合の方がはるかに多いことが知られています.転移がない場合は,結果的に,リンパ節を取る必要がなかったと考えられますが,このことは切除しないと判明しないのが現状です.過去のデータと照らし合わせてリンパ節転移の可能性が極めて低いと考えられる胃がんに対しては,「日常診療」としての内視鏡的粘膜切除法を行います(この方法については次の項目で解説します).一方で,内視鏡的粘膜切除法が不適当と判断された早期胃がんに対しては,局所切除が「臨床研究」として行われる場合がありますが,この方法ではリンパ節を調べることはできず,胃がん治療法実際にリンパ節に転移があるのかどうかの情報を得ることができません.したがって,早期胃がんにおいて,リンパ節転移の有無を胃やリンパ節を取る前に知ることができるようになれば,現状では結果的に不必要であったと判断される場合に対して,リンパ節を取らずに済ませることができ,胃の切除範囲も縮小化できると考えられます.胃がんに対する縮小手術が可能な方を,より安全に選別できる可能性があるわけです。
胃がん治療法
 悪性黒色腫の治療においては,悪性細胞がまず流れると考えられるリンパ節(センチネルリンパ節)を同定し,そこに転移がないと判断した場合には、その他のリンパ節を切除しない方法が行われています.センターは世界に先駆けて、この方法を胃癌に導入いたしました。さらに,このことを背景にした「センチネルリンパ節生検を用いた胃癌縮小手術に関する臨床研究」は,倫理委員会承認を経て,インフォームドコンセントを得られた方を対象に現在進行中です.局所切除に組み合わせた場合でも,ガイドラインの「臨床研究」に準じたものではありますが,あくまで研究的治療法であることを理解されたうえで,「日常診療」としての治療法と比較検討のうえ,患者さん自身によって選択がなされます。胃がん治療法

 腹腔鏡などを利用することにより最小限のアクセス手段で胃切除を行う方法(従来法より小さい皮膚切開で胃切除を行います)も「臨床研究」として行われています.しかしながら,手術後の後遺症に直結するのは切除範囲などの手術方法と考えられるので,アクセス手段そのものよりも,切除範囲を最小化し,且つ,がんを取りきる原則を損なわないことがより重要であると考えています。

胃がん治療法

3)早期胃がんに対する内視鏡的治療について.. 

 早期胃がんのうち以下の条件をすべて満たすものは,リンパ節に転移している可能性が極めて低く,内視鏡的な局所治療のみで十分治癒できると考えられます.

胃がん治療法

 これらの条件には治療前にわかることと,治療後の組織検査で初めてわかることとがあります.したがって,内視鏡で切除をしたけれども,組織検査の結果,上に述べた条件を満たさないものにはリンパ節郭清を伴った通常の開腹手術が追加されます。

胃がん治療法
 この方法は内視鏡検査とおなじように内視鏡を胃の中に挿入し,お腹を切る(開腹する)ことなくがんのみを切り取る方法で,今日早期胃癌の内視鏡治療として最も広くおこなわれています.これは病変の下に塩水(生理食塩水)を注射してがんを浮き上がらせた後,スコープの先端から出した鉗子でがんを掴み上げて,高周波の電流の流れるスネアという金属のワイアをかけて絞扼し,通電切除します。


胃以外の臓器(肝臓,肺,大動脈周囲のリンパ節,腹膜など)に転移や浸潤がある場合には,そのまま手術を行っても良い結果が得られないことが判っていますので,抗がん剤を用いた治療が行われます.抗がん剤には効果と同時にいろいろな副作用がありますし,胃がん治療法その効果自体もいまだ十分ではない点もあります.従って,専門医にがんのひろがりをよく把握してもらい,また患者さん自身のからだの機能が治療を受けるのに十分かどうかをよく診てもらったうえで,その目的と治療の内容を十分に話し合い,治療を受けられることをお勧めします。

胃がん治療法

 最近新しい抗がん剤が開発され,治療により癌が縮小する率については以前に比べて良い成績が報告されはじめています.しかし,長期にわたる成績についてはまだまだ十分な結果が得られていません.従来,抗がん剤による治療は各施設でバラバラに異なった方法でおこなわれ,それぞれに成績が報告されていることが多かったのですが,それではその治療法がどれくらい有効なのか,またどの程度に安全なのかを客観的,胃がん治療法普遍的なものとして評価することは困難です.したがって,最近ではいくつかのがんの治療を専門的に行っている施設間でよく話し合い,決まった方法にしたがって治療をし,その有効性と安全性を客観的にまとめたり,それらを比較したりすること方法が研究(臨床試験)としておこなわれています。

胃がん治療法 

5)臨床試験について 
 現在,過去の患者さんのご協力により得られたデータをもとに治療法がつくられ日常診療で使われています.しかしながら,実際にどのような,あるいは,どちらの治療法が優れているか,現状では十分わかっていない問題が種々あることも事実です.「臨床試験」はご自身が納得のうえで協力していただける方を対象に,新しい治療法の治療効果や安全性などを検討したり,これまでの治療法と比較してどちらがよいかを検討したりする試験です.このように患者さんの協力がなければ新しくよい治療方法は生まれてきません.はがんを専門とする病院として,胃がん治療法よりよい治療を模索する立場を,これまでも,そして,これからも担っていく義務があると考えています.そのため,オリジナルな研究以外にも,例えば,主として固形がんに対する標準治療の確立と進歩を目的として多施設共同臨床試験を行っている厚生労働省がん研究助成金指定研究班を主体とする共同研究グループであるJCOG(http://jcogweb.res.ncc.go.jp/)や,大阪消化管癌化学療法研究会(OGSG)などのメンバーとして,患者さんのご協力のもと,臨床試験を推進していますので,積極的に参加していただきたいと考えています。胃がん治療法



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。