胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 治療法

胃がん治療法

胃がん治療法「胃癌治療ガイドライン」が出版されました。これは日本の胃癌専門医が現時点で最も妥当と思われる治療法を示したものです。2004年4月には第2版が出版されております。従来、全ての胃癌患者さんに対して同じ手術(D2リンパ節郭清術)を一律に施行してきました。(D2リンパ節郭清術:胃の近傍のリンパ節=1群リンパ節、だけでなく2群リンパ節まで癌腫とともに切除する術式)です。しかし多くのデーターの解析からリンパ節転移を伴わない早期癌が高頻度に存在することおよびその特徴がわかってきました。胃癌治療ガイドラインではそれらに対してリンパ節郭清を限定した縮小手術を正しい治療と認めています。患者さんに必要以上の負担(手術侵襲)胃がん治療法を加えないとする考えが背景にあります。現在、当科では患者さんにわかりやすく、過不足ない治療法が提供できる点から原則的に「胃癌治療ガイドライン」に準じた治療を施行しています。すなわち患者さんに応じた治療法を選択するものです。
そこで当科では縮小手術の一つとして早期の胃癌に対し腹腔鏡を用いた手術を行っており、2005年11月までに62症例を経験しました。開腹術に比べて傷が小さいので痛みが少なく、患者さんの歩行や早期退院が可能になりました。通常の開腹手術の術後の入院期間は中央値で19日ですが腹腔鏡手術の入院期間は11日と約半分に短縮しました。具体的には呼吸器に問題がある患者さんなどは術後に咳をしやすくまた歩行開始も早いため肺炎などの合併症を起こすことが減っています。胃がん治療法傷の見た目のきれいさはかなり違いがありケロイド体質の方などは小さい傷は特に有利です。
進行癌に対しては現在術前に抗癌剤治療または抗癌剤+放射線治療を病期の進行状況に応じて、患者様の希望も取り入れて治療方針を決定しております。胃がん治療法
進行胃癌は手術だけで癌を治療することは一般に困難です。抗癌剤治療や補助療法を手術と併用することで癌を多方面から攻撃します(集学的治療)。現在胃癌に用いる抗癌剤は使用薬剤や使用方法に大きく施設間の違いがあります。当科では進行癌に対しては癌病巣の縮小および術中の癌のばら撒きを軽減する目的で患者様と十分相談の上、術前に放射線や抗癌剤を用いています。
抗癌剤治療には大きく分けて二つに分けられます。一つは、手術後、再発の予防の目的で用いる術後補助化学療法と進行(手術後も転移があり癌が残っているあるいは手術できない、再発)した方に行う化学療法があります。使胃がん治療法用する抗癌剤には、最近、新規の抗癌剤が開発され病状に合わせて薬を選択し、基本的に外来での治療を行っています。
2001年より、楠教授が開発されたPMCを基本として、新規抗癌剤を組み合わせた治療を当科では施行しております。現在、延約90名の患者様に治療を受けていただいております。胃がん治療法


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。