胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

高齢者 胃がん

高齢者胃がん

高齢者胃がん現在、我が国の総人口の約15%が65歳以上の高齢者で、2025年には高齢者の割合が23.5%となり4人に1人が65歳以上の高齢者と予測されています。
 高齢化の進行に伴い、がん、脳血管疾患、心臓病などの生活習慣病が増加しており、これら三疾患で死因の6割をこえています。
 特にがんは、我が国の死亡原因の一位を占め、3人に1人はがんで亡くなっている状況であります。高齢化社会を迎え、がんになる人はこれからも増える一方と考えられます。高齢者胃がん
 しかし、最近のがんの診断・治療の技術の進歩は目覚ましいものがあり、定期的にがん検診を受けて、早期に発見し、早期治療を行なえば、完治することが困難でない病気といえるようになっています。
 国は平成10年3月、「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」を策定し、各種がん検診事業の推進を図っており、がんについては、その発生を未然に予防する一次予防だけでは対策として必ずしも十
全ではないことから、早期発見により早期治療を図る二次予防対策としての検診の重要性を広く指摘しております。
 県といたしましても、自らの健康の保持・増進のための一次予防対策として、高齢者胃がん日常生活習慣の改善などの健康づくり対策の推進に努めてまいりますとともに、二次予防対策としての各種がん検診の重要性を踏まえ、が
ん検診事業の一層の推進に努めてまいりたいと考えております。
 老人保健事業として市町村が実施しているがん検診は、その検診方法や自己負担額に違いがありますので詳しくは、市町村担当窓口に。
 なお、最寄りの保健所及びがんセンターでは、これからも県民の皆様にがんについての情報をお届けしてまいります。
わが国では感染症死亡の減少、人口構造の高齢化に伴い、がん死亡が増加し、昭和56年(愛知県では昭和55年)に脳血管疾患死亡と入れ替わってがんが死亡原因の1位となった。がん死亡はその後も増え続けて、今やがんは死亡原因の約30%を占め、高齢者胃がん3人に1人以上ががんにかかる時代になっている。がん死亡は今後もさらに増加する可能性があり、がん予防対策を一層推進する必要がある。がん予防対策はがんにかからないようにする「1次予防」と早期発見によりがん死亡を予防する「2次予防」に大別される。
 わが国のがん予防対策はがん検診の普及による2次予防を中心として進められてきた。胃がん検診、子宮がん検診は昭和40年代の初期から普及しはじめ、胃がん、子宮がん死亡率の低下、肺がん、乳がん、大腸がん死亡率の上昇にともない、昭和50年代から肺がん検診、乳がん検診、大腸がん検診高齢者胃がんも行われはじめた。厚生省ではがん、脳血管疾患、心臓疾患などの3大成人病(生活習慣病)の予防対策を推進するために、昭和58年には老人保健法を制定し、胃がん検診、子宮がん検診に対する補助を開始した。その後、昭和62年度からの第2次老人保健事業では肺がん検診、乳がん検診に対する補助を開始し、さらに平成4年度からの第3次老人保健事業では大腸がん検診、子宮体がん検診に対する補助を開始した。その後、現在に至るまでがん検診の普及、特に受診率の向上がはかられてきたが全国および愛知県全体でみると、がん検診の受診率は10〜20%前後にとどまっており、当面の目標の30%を下回っている。
 がん検診の目的は定期的にがん検診を受けることにより、がんの早期発見・早期治療によりがん死亡を予防することである。これまで進められてきたがん検診について、高齢者胃がん一部の学者からその効果を疑問視する意見があり、厚生省ではがん検診の有効性を評価するために、平成8年に「がん検診の有効性評価に関する研究班」を設置して、がん検診の効果に関する内外の学術論文をレビューし、がん検診従事者用のマニュアル(手引き)ならびにがん検診受診者用のパンフレットを作成することとした。平成10年4月に研究報告書が公表された。報道などではこの報告書から肺がん検診、乳がん検診、子宮体がん検診などの効果を否定ないし疑問視しており、市町村のがん検診担当者、一般県民などががん検診の意義や効果に疑問を抱いている可能性があること、併せて平成10年度から厚生省ががん検診に対する補助金を一般財源化(地方交付税)したこともあり、ここであらためてがん検診の意義、効果、今後のがん対策、特にがん予防対策のあり方を示すことにした。 がん検診の効果と安全性について
 高齢者胃がんがん検診の死亡率低下効果はいろいろな方法で評価することができるが、最もすぐれた方法はがん検診受診者を無作為に2群に割り付けて、がん検診を重点的に行った群と行わなかった群(通常対照群)のがん死亡率を比較する方法(RCT)である。外国では肺がん検診、乳がん検診、大腸がん検診などの効果についてこの方法で評価したものがあるが、わが国ではRCTによる評価は行われていない。次善の方法はがんで死亡した集団と性、年齢、居住地などをマッチした健康対照群の過去のがん検診受診歴を比較してがん検診の死亡リスク低下度を推計する症例対照研究法である。わが国ではこの方法を使って、胃がん検診、子宮がん検診、肺がん検診、大腸がん検診などの死亡率低下効果が推計されている。その他、がん検診の高率受診地区と低率受診地区のがん死亡率を比較する方法、複雑な数式を用いたシステムモデル法などによりがん検診の死亡率低下効果が評価されている。なお、検診発見がん患者群と外来発見がん患者群の生存率を比較する方法は種々のバイアスの影響を受けている可能性がり、がん検診の効果の評価には推奨されていない。高齢者胃がんまた、がん検診の有効性はがん検診の死亡率低下効果、安全性、精度、効率などを考慮して評価される。厚生省の「がん検診の有効性評価に関する研究班」を総括班長とし、32名の班員が参加し、厚生省が老人保健事業で補助を行っていた胃がん検診、子宮がん検診、肺がん検診、乳がん検診、大腸がん検診、子宮体がん検診の効果と安全性に関する内外の学術論文をレビューし、報告書にまとめた。この報告書の要旨と勧告は次の通りである。高齢者胃がん


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。