胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

スキルス 胃がん 闘病

スキルス胃がん闘病

まずは冷静になることです。
一番気が動転しているのは患者当人なのですから、家族が動転していたらお母様を不安な気持ちにさせてしまいかねません。
次に入院期間中のお父様をどうするか。一人暮らしになるのでしたら、食事等の日常生活上のことのほか、精神面のフォローが必要になる場合もあります。
そして、あなたは入院期間中、実家に行けるのか否か。あなたが実質的にできることはそれ次第です。
医者から検査結果等の説明を直接受けるまでの短い間に、基本的な内容を理解できる程度の正確な知識。中途半端な知識で家族をふりまわしては迷惑なだけですし、お書きになられている現時点での病状ひとつとっても、家族からの又聞きでは不正確すぎて何のアドバイスもできません。
お金の問題。自己負担額はそれほどでもないのですが、がん保険に入っていれば金銭面での気持ちはずいぶん軽くなります。


ご意見ありがとうございます。詳しい検査はこれからで、私自身、医師から直接話を聞いていないので全くわからないまま、すがるようにカキコミをさせて頂いてしまい申し訳ないです。母がスキルス性の胃癌についてどこまで知っているかも分からず、気ばかりが急いてしまいます。冷静になる為にもスキルス性の胃癌についての情報を集めようと思います。これから闘病に向けて、どのように動くのか、何をするのかと考えなければならないことが沢山あるのだと教えて頂けて本当にありがたく思っています。昨日から急に泣けてきたりとまだまだ動転しているようです。死と言う文字ばかりが頭に浮かんでしまいます。とにかくまずは自分の心を落ち着けたいと思います。ありがとうございました。


こんばんは。    私の父も先週ステージ4のスキルスで半年〜1年と言われました。 リンパ転移で手術は不可。抗癌剤治療しかないと。       父の通っている病院は化学療法専門医がいるのですが、それによるメリットはあるのでしょうか。      元気な父が薬の副作用で弱っていくと考えただけで不安でしかたありません。     根絶が厳しいと言われ父には生活の質を保ちながら少しでも長生きしてほしいと願うばかりです。

87さんへ、確かに薬の副作用で大変かもしれませんがまだ治癒の可能性があるからするんです。私の母も同じ病気でしたが、肝硬変のため抗癌剤治療はできませんでした。完治を目指してがんばってください。

それは認識に誤りがあると思うのですが。
>87さん。医師と十分に話し合い患者本人のお父様の闘病感や人生観、死生感を尊重しながら
これからの治療計画を練っていかれますように。

89おかしいでしょ。抗癌剤治療ができるのはまだ治癒する可能性があるはずだし体力的にやれると判断してるはず。


>>88>>90
切除不能ステージ4胃がんにおいて化学療法は主に『延命』『QOL向上』の意味合いが濃くなります。
化学療法が奏効した場合は手術の適用になる場合もあります。

公の掲示板なので、正確な知識に基づかない安易な励ましは不適切な場合があるのは御一考願えればと思います。
その意味において>>91の無責任な書き込みは論外で削除に値します。

テレビは常にセンセーショナルに伝えるので注意が必要です。特に視聴率稼ぎのバラエティ系の番組は気をつけなければなりません。

テレビの内容は家系あるいは家族にたくさんのスキルス胃癌患者がいる場合はDCH1という遺伝子に異常があるということを言っているだけです。
家族あるいは家系の中にスキルス胃癌が一人しかいない場合はDCH1遺伝子に異常が無いので、家系あるいは家族の中にたくさんスキルス胃癌が発生することはありません。
もっとわかりやすく言うと、スキルス胃癌にはDCH1遺伝子に異常のある場合と遺伝子に異常のない場合があって、異常があれば家系の中に受け継がれてたくさんのスキルス胃癌が発生しますが、遺伝子に異常がない場合は他の家族に発生することは滅多にないということです。
遺伝子異常がある場合は予防的に胃全摘をするという選択肢がありますが、遺伝子に異常がない場合は切除は意味がありません。実際にはスキル胃癌が親戚にたくさんいるなんてことは経験したこともありませんので、家族にスキルス癌が発生したとしても心配する必要はないでしょう。

同じことは家族性乳癌にも言えることで、BRCA遺伝子に異常があれば家族の中に乳癌がたくさん発生し、予防的な切除や予防的なホルモン促成剤の投与が意味を持ちます。日本の乳癌はほとんどが家族性乳癌ではないのでそのような予防的な処置は必要ないのです。
家族性大腸癌も同じです。

兄弟にたくさん癌の患者がいれば遺伝性の可能性がありますが、そうでなければ心配する必要はありません。


87さん
私の主人も専門医が居る病院で治療していました。
専門医がいないと出来ない抗がん剤の組み合わせがあると聞きました。
ですので、仮に効かなくても沢山の組み合わせを試せる、その分延命の可能性も高くなるとの事でした。
主人の場合はどれも効かず副作用は酷かったです。
でもそれは人それぞれで、使ってみなければ分かりません。少しでもお父様が楽に治療できると良いですね。


はじめまして失礼します。
約3年母がスキルス癌と診断されました。
全摘出手術を受けるも摘出できず・・・
余命3ヶ月と言われもうすぐ3年になる現在に至ります。
抗癌剤治療に加えいくつかのサプリメントも摂取してきました。
いまではもう抗癌剤も使用できません。
食事もできません。ガリガリに痩せた母を見るのが正直つらいです。
父が
「定年後とかに温泉行きたかったなー。」とか「金婚式挙げたかったなー」
とか言うのを聞くのも正直つらいです。
母や父のほうがつらいのはわかってるんですけどね。
・・・
ただの愚痴失礼しました。ブログだとこういうの書き難いもので。

皆様もつらい境遇だと思われます
私は少しでも母の心の支えになれればと思っています。


はじめまして。みなさまのお知恵・お力をお貸しください。65歳の父は、今年2月中旬より「食事がのどにつっかえる感」「軽い胃痛」「体重減少(1ヶ月で7キロ!)という症状があり、何件か町医者を回り投薬・胃カメラ検査等を受けた後、症状が改善されないため(この時点の胃カメラ検査でがんは発見されませんでした)、4月23日に病院にてバリウム検査を受けました。その当日には「スキルス性胃がん」と即告知され、今後の治療について「手術はしないで抗がん剤で」と言われました。2日目にCT検査、3日後にはポートを埋め込み4日目からTS-1とシスプラチンの抗がん剤治療が始まりました。CTの結果は「胃付近の内臓・りんぱ節への転移は見られない、腹水もない」とのことで家族一同「それでは胃の摘出手術をするのかな」と思ったところ主治医は「このまま抗がん剤投与を続けて手術はしない、抗がん剤が効いて少しでも胃がやわらかくなって食事ができるようになればいい」「抗がん剤がどうしても効かなかったら手術するかも」と言いました。がんは手術によって取り除く事が最適な方法と思っていただけに、転移があるならまだしも、今は転移がないのに「手術をしない理由」は術後・予後のQOLの問題からなのでしょうか。せっかく転移がないのに、抗がん剤を投与されている間に強いがん細胞がどんどん広がっていってしまう・・・というようなことはないのでしょうか。
基本的に手術をしないのに私は賛成なのですが、このような状態のスキルス胃がんでは、抗がん剤以外に他の治療法はないものでしょうか・・。このような「末期ではないスキルス胃がん」を経験された方・ご家族が経験された方がいらっしゃったら是非良きアドバイスをくださいませ。素人判断で大変恐縮ですが宜しくご教示くださいませ。
現在の父は、今は抗がん剤の副作用も全くなく、食事がほとんど出来ない以外は激やせも止まりいたって元気です。(抗がん剤の投与の無い日は高カロリー剤の点滴を24時間受けています)

医者の対応がとても素早く感心しました。
しかし、この文面だけでも癌が胃全体に大きく広がっている様子が窺えます。
医者の説明は、CTで読み取れるような大きさの転移巣は無かったということに過ぎません。
つまりCTでは読み取れない小さな転移巣がそれなりの確率で否定できないのです。
各種検査結果が出揃ったら(通常は2週間前後)、医者から詳しい説明があるはずです。
少々厳しいお話しになることが予想されますが、一番お辛いのはお父様なんですから、ご家族で支えてあげてください。


早速のアドバイスありがとうございました。この掲示板を何度も何度も読んでみましたが、なかなか父の症状と似たような方を見つけることが出来ず、主治医は言葉が少ない方でちょっと途方にくれていました。父の主治医の治療は信頼できるものなのですね。これからも主治医を信じて父を支えていきたいと思います。
スキルス胃がん闘病
私も30代でスキルス胃を全部摘出後TS1を四年続けてる者です。
食事が出来ないならば胃の機能がかなり落ちてると思われます。
胃の摘出は非常に体力がいる事です。一生食べ方にも工夫がいります。
牛乳一口含んだら30回かんでから飲み込むのですよ。スキルス胃がん闘病
食事が手術後三年たってもつらい生きる為の作業にすぎないわけです。
65才すぎた人が食事を変えるのすら大変なのに今すでに食べられないとなるとスキルス胃がん闘病
腸の機能にもかなりの負担や癒着による再手術は高齢者にはよくあることです。
まず万全の体力がなければ手術で抵抗力をなくしてしまうでしょう。
年令、基礎体力、癌の進達度、トータルで判断した結果だと思います。
男性の平均寿命と比較しても悲観されることはないでしょう。
今の食べられない状況まで進行したスキルスの胃をとっても完治は無理です。スキルス胃がん闘病

完治したと思っても私のように死ぬまで何十年でも予防の抗癌剤を毎日飲むのですよ。
でもまだ遠隔転移がなければ抗癌剤が効けば三年は軽く延命できます。
胃摘出は地獄の痛みです。そこをきちんと理解して命を数か月長くするために痛みに耐えるかスキルス胃がん闘病
痛みに耐えることなく有意義に数年すごすかはやはり患者本人の意志で決めるべき
医師のアドバイスのもとに本人だけが決定権がある、親族が決めるのは傲慢です。
痛い思いをする、ずっと抗癌剤と戦うのは本人なのですから。

術後補助抗がん剤を4年も続けることは一般的とは思えません。
スキルス胃がん闘病
さらに、完治したと思っても私のように死ぬまで何十年でも
予防の抗癌剤を毎日飲むのですよということは、常識的には
ありません。

また、すでに遠隔転移が判明しているならば、「命を数か月
長くするために痛みに耐えるか」ということはわかりますが、
転移がないのでしたら、「完治」です。
(もちろん、検査ではわかっていなかった転移があったという
可能性はありますが。)スキルス胃がん闘病

最終的な判断は、本人がすべきだということは、そのとおりですが
その前提として、正しい情報の把握とその理解に努めることが大事
でしょう。ご家族はそのための「手助け」をするということだと
思います。

名無しさんご意見ありがとうございました。書きこんだ頃は私もまだ癌のことを良く知らず、思い付くがままに書いてしまいました。あれから私なりに勉強をし、今は手術のメリットデメリットを理解したつもりです。ですので今は「転移がないのになぜ手術しないか」は本人含め家族みんなで納得しています。今は、抗がん剤が効いて少しでも胃が柔らかくなり食事が出来るようになることを願っています…スキルス胃がん闘病

母が二年半前に胆石で入院をし、手術で胆のうを摘出した後に医者から細胞を検査した所スキルス癌が発見されたと告知されました。
以降手術は何もせずに抗がん剤治療を受けながら、胆管が細くなってしまっていて胆汁が通らないので、わき腹からチューブを入れて外に胆汁を出すと言う事を今まで行ってきてたのですが、10日位前から食べた物を吐いてしまうようになり検査して見ると、癌が肝臓や腸にも広がってしまっていて食べた物が胃からその下へ落ちない状態になってしまっております。
只疑問なのが毎月の血液検査では腫瘍マーカーがあまり上がっていなかったので、安心しきっていた所知らないうちに癌が進行しておりました。
今まで受けてきた血液検査は何だったのかと凄く疑問に思っております。
皆様のご家族の方々などは、どの様な検査で癌が進行しているかしていないかを計っているのでしょうか?

主要マーカーは癌になって上がる人は再発したときにわかるので
すが、元々体質的に上がらない人には参考手程度にしか役立たな
いのです。


胃がんの場合、採血のほかには、
 腹部CT  主に肝臓への遠隔転移を調べる
 腹部超音波 腹部全般の転移を調べる
 胸部X線  肺への遠隔転移を調べる
 胃内視鏡  残胃の再発を調べる
 大腸内視鏡 大腸への転移を内側から調べる
などを再発リスクに応じた間隔で適宜行うのが普通かと。

私の母は2年前にスキルス性胃がんと診断され胃を全摘出しました。
今年になってから体調が悪くなり抗がん剤を中止しました。それからは病院へ行っても採血と点滴のみでCT・X線の検査をしてくれませんでした。
病院へ行くことを母が嫌がり、私が病状を医師に報告して薬の処方をしていただく日々が2ヶ月続き、なんだか病院から見放された気になりました。
そんな時ホスピスの病院に出会いました。すぐに自宅に往診に来て頂き母の状態を見て採血をしてくださいました。
その結果肝機能が低下し軽い昏睡状態になっていると聞かされました。いわゆる最期のときが迫っているということでした。
ホスピスの医師・看護士は母に苦痛を与えず安らかにその時を迎えられるようにとわずかな時間でしたが、
いろいろアドバイスしていただき一週間後母は苦しむことなく自宅で息をひきとりました。もっと早く訪問看護をお願いしていればもう少し私達のそばにいてくれたかも・・・と考えます。

お母さん大好きさん、大変お辛かったですよね、私の母も同じでした。ホスピスとかもっと調べれば母はもっと長く生きれたんじゃないかなと思うときもありました。病院も在宅ホスピスとか紹介してくれればとおもいますよね。お母さん大好きさん、これからはお母様のぶんも元気に前に進んでくださいね。長文失礼致しました

私のことではなく父の事ですが、病院の腫瘍外来にてお世話になっておりました・・。
その時の診断が納得いかずなおかつ、先生の患者を救おうという気持ちが全く感じ取られず腹立たしくなり書き込むことにいたしました。

父はスキルスで他院へ通院していましたが
そちらの腫瘍外来が評判がいいのを聞き、藁をもすがる気持ちで転院してきました。
それから二ヶ月ほどでしょうか…先ほども書いたとおり
先生は父を救ってやろうと言うどころか
どうせスキルスだし余命わずかだからどうでも良いわ・・と言うような感じにしか受け取れず
娘である私はとても不安を感じていました。

先生の言われるのには父は「もう治療しても意味がない。治療を止めて緩和ケアを受けた方がいい。」
でも父は治療続行を望んでいたしもう治療を止めなければならないほど衰弱しているわけでもありません。
第一、病院にお世話になってからというもの受けた検査は初回に胃カメラのみ。血液検査しかしてもらえないのも納得いきませんでした。
紹介時のCTを見ただけで進行の早いスキルスであるのに二ヶ月後のガンの進行度、どこに転移があるか・・腹水は増えてきているのか・・等わかるのでしょうか。
結局、緩和ケア先を紹介されましたが
先生の診断に納得がいかず元の病院へ戻りました。

早速、CTの検査、血液検査など受けました。そしたらどうでしょう。まだ治療続行することができますと言われました。本人が治療を望んでいるし体重が激減したわけでもない。CTを見た限りでもまだ治療できますよと言っていただけました。
先生から言われたことを全てお話ししましたが
首を傾げていらっしゃいました。
先生は「腹水がたまってきている。体力も落ちてきていて落ちた体力はもう戻らない。」と言われましたが
こちらでは腹水云々はCTを撮ってみないと増えたかどうか判断できないし、体力はとにかく動いて食事を極力とればある程度回復してくれると先生とは全く逆の診断。
その先生によって考えがおありかと思いますが
今回、先生の診断を信じて治療断念しなくて良かったと思いました。
父はそう長くはありませんが治療断念していれば今頃、ベッドに寝たきりになりもう死を迎えるだけ。
それも先生が色々手を尽くしていただけていれば納得もしますがそうではなかったのできっと色々と後悔していただろうと思います。
今の病院に戻って本当に良かったです。色々手を尽くしますと先生がおっしゃってくださいましたから。
医師によってこうも判断が違うものか・・。
もしかしたらまだ生きられるのに亡くなられていった方もいらっしゃるのではなかろうかと
思うとぞっとしたいっけんでした。

かえでさま、娘さんが父を救うという想いが届いて治療ができるのはよかったですね。お父さまが完治されることを祈ってます。完治し退院したその足で医師に抗議にいってみてください。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。