胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

早期 胃がん 検診 協会

早期胃がん検診協会

認可を受けている財団です。
「早期胃癌検診協会」という私どもの名称から、ここでは胃癌の診断だけを専門に行っていると誤解されているむきもありますが、私どもは、保険診療の範囲の中で、消化器系の病気全てを診療します。
もちろん、胃癌の診断と内視鏡的治療はもっとも得意とするものですが、大腸がんの診断や内視鏡的治療にも実績があります。また、胃・十二指腸潰瘍に関する診断と治療にも豊富な経験を有し、現在、社会問題となっているC型肝炎、B型肝炎の診療にも専門のスタッフが常にきめ細やかな対応をします。さらに、自分は健康であると思っている方たちに対する成人病診断(生活習慣病)・人間ドックなどの総合検診も、私どもが自信をもってお勧めします。これらの職域を対象としたプログラムも完備しています。
また、検診で異常が発見され、精密検診が必要と診断された方々への検査・対応も迅速に行います。


早期胃癌検診協会(早胃検)は、胃癌の診断しかしていないんでしょう?

A:そうではありません。診療科目は、「内科」・「胃腸科」・「放射線科」となります。
風邪を引いた時など、かかりつけ病院としてもご利用いただけたらと思います。
また、肺がん検診や婦人科検診にも力を入れており、最新式のマルチヘリカルCTやマンモグラフィー(乳房X線)も導入して、救命可能ながんを発見するため日や努力しております。
人間ドックから企業の法定健診・健康診断、巡回健診に至るまで幅広く皆様の健康管理をお手伝いできます。

「早期胃癌検診協会」という私どもの名称から、ここでは胃癌の診断だけを専門に行っていると誤解されているむきもありますが、私どもは、保険診療の範囲の中で、消化器系の病気全てを診療します。
もちろん、胃癌の診断と内視鏡的治療はもっとも得意とするものですが、大腸がんの診断や内視鏡的治療にも実績があります。また、胃・十二指腸潰瘍に関する診断と治療にも豊富な経験を有し、現在、社会問題となっているC型肝炎、B型肝炎の診療にも専門のスタッフが常にきめ細やかな対応をします。さらに、自分は健康であると思っている方たちに対する成人病診断(生活習慣病)・人間ドックなどの総合検診も、私どもが自信をもってお勧めします。これらの職域を対象としたプログラムも完備しています。
また、検診で異常が発見され、精密検診が必要と診断された方々への検査・対応も迅速に行います。早期胃がん検診協会
協会については、こちらをご覧ください。
健康診断って、受けるのが面倒くさいのですが…。
早期胃がん検診協会
A:「面倒くさい」・「仕事が忙しい」・「時間がない」等と言って、健康診断を後回しにしていませんか?
健康診断は、早期胃がん検診協会色々な検査を行うことによって、自分では気付づかなかった身体の変化を知ることが出来る唯一の方法です。
病気の早期発見にも役立ち、日常生活の中でどのようなに注意を払えばよいか等、健康維持にも役立ちます。
自分の身体の状態は、自分だけでは正確には分かりません。また、症状が出てから、病院に駆け込んでも遅い場合が多いのです。
最低でも1年に1度は、定期的に健康診断を受診されることを強くお勧めします。ピロリ菌とは?
早期胃がん検診協会
A:正式には、ヘリコバクター・ピロリ菌といいます。胃の粘膜に生息している細菌です。
様々な研究から、ピロリ菌が胃潰瘍などの病気に、深くかかわっていることが明らかになってきました。
早期胃がん検診協会
感染経路は、未だはっきりとわかっていませんのが現状ですが、口を介した感染(経口感染)がほとんどと考えられています。

また、ピロリ菌の感染率は、衛生環境と関係していると考えられており、上下水道が十分普及していなかった世代の方で、高い感染率となっています。

感染すると、胃が炎症を起こすことが確認されており、ほとんどの方は自覚症状がありません。早期胃がん検診協会

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の方は、ピロリ菌に感染していることが多く、潰瘍の発生・再生・治りづらいことに、ピロリ菌が関係しています。
早期胃がん検診協会
ピロリ菌に感染しているすべての方が、除菌治療をしなければならないというわけではありません。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍になっている方は、そのうちごく僅かです。
また、ほとんどのピロリ菌感染者は、症状もなく、普通に暮らしています。
除菌療法の対象となる人は、早期胃がん検診協会胃潰瘍または十二指腸潰瘍の方で、ピロリ菌に感染している方です。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。