胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

早期 胃がん 検診 協会

早期胃がん検診協会

進行性胃癌と早期胃癌に関する疫学調査や臨床・病理研究が進み、両者が連続するものか、あるいは早期胃癌は、少なくともその一部は別の疾患(偽胃癌)か論議されるようになってきた。
 胃癌は、国際的にも癌の死因の第2位を占め、近年、その頻度は低下しつつある。  43人の早期胃癌患者を29か月フォローした調査では、27人は進行癌となったが、16人は早期癌のままであった。計算では、早期癌から進行癌までの期間は37か月であり、平均生存期間は6年以上であった。半分以上の患者は、治療なしで6年以上、生存することになる。また、これらのことは、すべての早期癌は、進行癌に進展しない可能性を示している。
 日本での胃癌検診の有効性を示す報告は多いが、全体的統計では、胃癌の死亡率には、ほとんど影響していない。胃癌死亡率を減らす最も良い方法は、これらの二次予防(胃癌検診)よりも一次予防(食事、抗酸化薬、ピロリ菌の除去、ビタミン投与など)であろう。
放射線療法で癌性疼痛を緩和
 先ごろ当地で開かれた米国放射線療法・腫瘍学会(ASTRO)の第40回年次集会でクリーブランド・クリニックの博士は,放射線療法は癌の骨転移による癌性疼痛に対して有効で比較的安価な治療法であると報告した。
 Macklis博士が骨内または骨近傍の癌による疼痛患者66例131か所に対して 1 〜 2 週間の放射線療法を実施したところ,疼痛スコアが10点法による評価で 5 点改善した。
 治療前の疼痛スコアは安静時で約5.6点,運動時で7.3点だったが,治療後の疼痛スコアは安静時で1.5点,運動時で1.9点だった。 同博士は「この種の疼痛を薬剤で治療したとすると,放射線療法に対するメディケイドの負担額よりも750〜5,000ドル高かっただろう。待期的放射線療法は他の疼痛管理法と比べると費用対効果が高いと思われる。この研究は,放射線療法をもっと徹底的に評価すべきだということを示している」と述べた。

乳癌と遺伝子の関係はそれほど強くない
 一般通念に反して,ある種の遺伝子変異を有する女性の乳癌リスクはそれほど高くない可能性が報告された。アイスランド癌協会分子・細胞生物学研究所のJorunn E. Eyfjord博士らは,これまでの研究には欠陥がありBRCA1およびBRCA2遺伝子は乳癌のリスクには無関係かもしれないと発表した。
 最近の数件の研究から,これら遺伝子に変異がある女性の90%が最終的に乳癌を発症することが示されている。しかし,Eyfjord博士らは,BRCA2遺伝子に変異を有する者のうち,乳癌を発症するのはわずか37%にすぎないことを示した。
 同博士は「これまでのところ,BRAC1およびBRAC2の遺伝子変異保有者の乳癌リスクの大部分は,高リスク家族に基づいて推定されたものである」としている。
 Eyfjord博士らは575例の乳癌患者および近親者を調査した。このうち女性は541例であった。541例の女性を検査したところ,10%にBRCA2遺伝子に癌にかかわる変異があった。男性の乳癌患者では38%に同じ変異があった。
 遺伝子変異を有する男女の乳癌リスクは,50歳までで17%,70歳までで37%と判明した。女性だけに限ると,乳癌リスクは50歳までで15%,70歳までで35%であった。
 同博士は「70歳までのリスクが37%というのは依然として高い。特に,各症例の家族歴を調査することは非常に重要である。しかし,遺伝子変異の保有者である,というだけではカウンセリングする理由として十分ではない」と説明した。
Medical Tribune 1999-1-28
フォックスチェイス癌センター(ペンシルベニア州フィラデルフィア)放射線腫瘍学のBarbara Fowble臨床部長によると,ホルモン補充療法(HRT)による治療歴は,乳癌の 5 年および10年生存率に影響を及ぼさない。また,実際にはHRT治療歴のある閉経後の女性は,HRT未治療の女性よりも転移癌が少ないようだ。
 Fowble部長が追跡調査した閉経後の女性485例のうち,141例はHRTを実施中または治療歴(乳癌の診断後はHRTを中止)があった。
 同部長は「HRT治療を受けていると,乳房撮影法による癌の発見がより困難になるとする研究結果も報告されているが,われわれの検討では,両群とも同様であった。10年後の再発率がHRT治療群では 8 %であったのに対し,非治療群ではわずか 2 %にとどまった」と指摘。しかし,「HRT治療群における再発率の上昇はわずかなので,同群の患者に治療としての乳房切除術を勧めることはない」と述べた。
 さらに,同部長は「更年期症状の軽減,心疾患および骨粗鬆症のリスク低下など,HRTの恩恵を受けるために同治療法を受けることを選択した女性たちは,乳房撮影法で癌を発見することが可能で,乳房温存療法も可能なことを知っておくべきだ」と付け加えた。
Medical Tribune 1999-2-4
早期胃がん検診協会

癌患者に広まる代替医療
 エクセター(英エクセター)補足的医療部門のEdzard Ernst博士とノースカロライナのBarrie Cassileth博士らは,26件の研究を分析した結果を報告した。それによると,癌患者の約 3 分の 1 が瞑想,催眠,栄養補助食品,ホメオパシーなどの代替医療を試みたことがあるという。しかし,代替医療の定義が非常に広いため,研究間のばらつきが大きく,そうした治療法を試みたことがある患者の割合は 7 〜64%と報告されている。
 Ernst博士は「欧州,アジア,オーストラリア,米大陸の各国では,明らかに癌患者が補足的医療または代替医療を頻繁に行っている」と述べた。
 しかし,Cassileth博士は代替医療と補足的医療の間に明確な境界線を引く。代替医療では,患者は西洋医学の医師に相談することはない。これに対して補足的医療では,早期胃がん検診協会基礎疾患を治療するためでなく,症状を軽減する目的で,瞑想,鍼治療,食事療法などを用いる。「例えば,鍼治療が癌の化学療法による悪心を軽減することは科学的研究によって証明されている。鍼治療のこうした使用は補足的医療と考えられる。しかし,癌の治療を目的として癌専門医の代わりに鍼治療師を訪れるならば,それは代替医療である」と述べた。早期胃がん検診協会
 同博士は「補足的医療と代替医療に関する最大の問題は,すべて拒絶するか,すべて受け入れてしまうかの二者択一になっていることである。どちらも正しいアプローチではない」とし,「残念ながら,今回の研究で明らかになったのは,研究者が患者に補足的医療または代替医療について質問するとき両者を明確に区別していない,早期胃がん検診協会という点である。このように代替医療の定義があいまいであるために,補足的医療または代替医療の普及率が誇張して語られ,“代替医療”が実際よりも多く施行されているかのような印象を与えている」と指摘した。
Medical Tribune 1999-2-4
早期乳癌にも化学療法の多用を早期胃がん検診協会
 欧州腫瘍研究所(伊ミラノ)のAron Goldhirsch博士の率いる国際的な専門家委員会は,1998年 2 -にスイスのザンクトガレンで開催された乳癌会議で発表された知見に基づいて,早期乳癌の治療方針を定めた新ガイドラインを発表した。同ガイドラインの推奨項目に従えば,再発防止を目的とした化学療法がさらに広く用いられるようになるかもしれない。今回のガイドラインでは,早期胃がん検診協会化学療法を推奨するほかに,タモキシフェンおよび死亡・再発のリスクを予測する技術など,癌の治療および発見に関して多くの分野についても取り上げている。
 センターの血液学・早期胃がん検診協会腫瘍学部門の上級科学者であるJohn T. Carpenter, Jr.教授は「1998年に乳癌治療が大きく発展したことを考えると,新ガイドラインは既に時代遅れのものだ」と述べた。
 さらに,同教授は「新しいガイドラインよりも,それらの知見のほうが,タモキシフェンの使用が患者に適切かどうかを決定するうえで,大きな役割を果たすだろう」と述べた。ちなみに,早期胃がん検診協会米食品医薬品局は,タモキシフェンの乳癌予防を目的とした使用を1998年10-に承認した。
Medical Tribune 1999-2-11


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。