胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 手術 病院

胃がん手術病院

がん手術はがん病巣を取り残さないことが基本。残すと転移、再発する。特に胃がんは胃の周囲にあるリンパ節転移の判断が難しく、これまでは主に広範全摘、つまり胃全体と周囲のリンパ節を含めて広く、徹底的に除去する手術が行われていた。

 磯崎博司おおもと病院副院長(消化器外科)は、がんが最初に転移するセンチネルリンパ節を手術中に診断して切除範囲をできるだけ縮小、機能温存する早期胃がん手術を実施している。

 「他の病院で早期胃がんと診断された。四分の三切除する胃亜全摘が必要と言われた」と五十代後半の患者が、おおもと病院外来に来た。

 磯崎が手術することになり、手術プランを考えた。がん病巣は胃中部やや上にあり、粘膜下層でリンパ節二群までのかくせいが必要だが、手術中に色素を使ってがんが最初に転移するリンパ節を見つけ、凍結病理標本にし、顕微鏡で転移の有無を確認。転移がなければ、病巣部だけの小範囲切除にとどめ、安全のため色素が流れ込むリンパ節領域を摘出する。万が一、検査結果がリンパ節転移となれば、胃亜全摘を行うことにした。

医師
 手術三日前、内視鏡で病巣から二センチ離れて囲むように金属クリップでマーク、ここまでがんが広がっていないことを確認する。手術日、内視鏡を挿入して、開腹。内視鏡で色素をがん病巣周囲に注入、最初に転移する可能性のあるリンパ節(センチネルリンパ節)が染色され、これを摘出して病理診断へ。その間手術は続行、染色された領域を摘出する。検査結果が転移していないと出たので、がん病巣部を短冊状に胃の三分の一を切除、三分の二は温存できた。手術時間は二時間、出血四十CC。十日間で退院した。

 なぜ、切除範囲を小さくし、温存するのか。胃の入り口・噴門は胃液の逆流を防ぎ、胃の出口・幽門は小腸への流出をコントロールする。幽門を摘出されると急な流出で、めまいや冷や汗などダンピング症候群を起こす。噴門や胃の迷走神経を切除すると逆流性食道炎による胸やけ、下痢をおこす。一度の量を少なくし、何度かに分けて食事することが必要になるなど日常生活に支障をきたす。がんは取れたが、生活の不便さが出る。手術中、センチネルリンパ節診断を行い、縮小、温存するこの手術方法は患者の手術後の生活に大きなメリットをもたらす。

 磯崎は一九七四(昭和四十九)第一外科入局。胃がん拡大根治術で知られる陣内伝之助・教授の直弟子岡島邦雄助教授(後に大阪医大教授)につき、胃がん手術を学んだ。胃がん治療の最大の壁・リンパ節転移の研究に取り組み、十六関連病院で世界初のセンチネルリンパ節の手術中診断による切除範囲決定の手術法を共同研究し、日本胃癌(がん)学会西記念賞を受賞した。これから広がる手術法と期待されている。
胃がん手術病院
胃がんに対する内科的治療として、早期がんに対する内視鏡治療と進行がんに対する化学療法を行っていますが、内視鏡治療は別項に記載しているため本項では化学療法関係の実績を記載します。胃がん手術病院胃がんの化学療法例は年々増加していますが、近年の新薬開発等にともない治療の主体は外来に移行しており、入院治療例でもその入院期間は年々短縮されています。
胃がん手術病院
臨床試験としては、2000年から切除不能・再発胃がんに対する5-FU持続静注療法とCPT-11+CDDP併用療法、S-1単独療法の第III相無作為化比較試験(JCOG9912)が開始されました。この比較試験は切除不能・再発胃がんに対する新たな標準的治療確立をめざしたものとして国際的にも注目されています。胃がん手術病院当院はその中心として本年度24例の登録を行っています。また、胃がん腹膜播種症例に対する初めての比較試験として5FU単独とMTX/5FU併用療法の第III相試験(JCOG0106)も開始され、当院より2例の登録を行いました。さらに、14年度に最終解析したIressaの第II相試験では、有効性は十分ではなかったものの組織標本の検討では効果の発現がみられていたことを報告しました。15年度には他の分子標的治療薬の臨床試験も開始する予定です。胃悪性リンパ腫に対する内科的治療の多施設共同研究も、まもなく登録終了予定であり、世界的なインパクトを与えるデータとして期待されています。胃がん手術病院

当院では診療実績をretrospectiveに検討し、臨床試験では検討されていない問題点や今後の胃がんに対する治療戦略の上での方向性も検討しています。本年度は当院での腹膜播種症例に対する化学療法の治療成績を検討し、近年のS-1やtaxaneの導入により特に画像に表れない腹膜播種症例では著明に治療成績が向上していることを報告しました。
胃がん手術病院
また、当グループでは治療前に内視鏡下に得られた胃原発巣の生検組織において、抗がん剤感受性因子と化学療法効果との関係の検討を続けており、現在進行中の臨床試験登録例での検討を行えるよう、JCOGなどでのシステム基盤整備を行ってます。胃がん手術病院

胃がん化学療法例数の推移

外科胃がん手術病院
食道グループと同様に関係する全ての科よりなる合同のカンファランスで治療方針が決定されます。早期胃がんに対して内視鏡的粘膜切除が積極的に行われています。手術が必要な場合でも、大網、迷走神経の温存、場合により幽門も保存される胃切除により機能温存がなされています。一方極めて難治性とされるスキルス胃がんに対しては、治療成績向上のため術前化学療法を中心とする臨床試験を実施中です。胃がん手術病院有効な化学療法の出現により進行度に応じた合理的な治療戦略が可能となりつつあり、腫瘍内科医との緊密な連携により現時点で最も有効と考えられる集学的治療を行っています。


フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。