胃がん克服
胃がん治療
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

胃がん 手術 病院

胃がん手術病院

高齢者のがん手術が増えている。「手術に耐えられるかどうかチェックする術前評価さえ、きちんとすれば大丈夫」病院院長(消化器外科)は話す。

 「食事中か食後、みぞおちに痛みを感じる」と九十歳の患者病院の外来を受診した。内視鏡検査の結果、胃の入り口に近い噴門部にがんがあった。粘膜下層より深く浸潤しリンパ節転移もあり、内視鏡では取りきれないとして、手術適応になった。

 術前評価は心肺機能チェックから始まり、次いで糖尿病、腎臓病などの病気があるか、貧血、栄養、代謝機能などを調べた結果、医学的には手術可能と判定。「食事、トイレなど日常生活を自分でされており、がん病巣を取る根治手術ができ、術後の回復も見込めると判断した」と言う。ケースによっては一部だけ切る縮小手術もある。

 手術は徳田が執刀した。みぞおちからへそへかけて十五センチ開腹、右手を入れて、腹腔(ふくくう)内全体をチェックする。胃に続いた食道の一部にもがん病巣が広がっており、胃を全部摘出、リンパ節をかくせいした。食べ物を通りやすくするため、道を二つにし、食道と小腸をつないだ。縫い合わせは小腸と十二指腸など四カ所。徳田は一カ所に十〜二十分かけ、三ミリずつ針を丁寧に、手早く進めた。

医師
 手術時間二時間五十五分、出血九十九CC。「体力の低下している高齢者の手術はできるだけ時間を短く、出血は少なく、これが原則」と話す。一般的に胃全摘手術は四〜五時間かかる。高齢者の手術はメスを動かす手技の手際よさが求められ、それが患者負担を軽くする。

 一九六九(昭和四十四)第一外科で外科医の基本を学び、七六(同五十一)年、病院へ赴任した。初代院長は元第一外科助教授だった額田須賀夫。消化器外科でならした人だった。この人に一から鍛えられた。胃全摘、大腸摘出、乳がん除去、さらに肝臓、すい臓、食道がん、胆石症、まさに手術に明け暮れる日々。手術の進め方、患者との信頼関係の持ち方、すべてを学んだ。

 それから三十五年、主に消化器がん手術二千五百例を数える。院長になっても手術衣を着て、メスを持ち、手術を見せ、若い外科医を指導する。

 がん拠点病院になっている病院は昨年度二百七十四例のがん手術を実施、このうち八十歳以上の患者の手術は五十一例(18・6%)あった。「手際良い手術とは、手術までにどう合理的に進めるか戦略を立てること。それがあって短時間、少出血の手術が実現する」と話す。若い外科医には「左手が大事。見えない部位を指先で触知し、『場の展開』をするのは左手」と教えている。

 「おかげで元気に九十五歳を迎えました」と礼状が届いた。「私の宝物です」と笑顔を見せる。
胃がん手術病院
 病院(岡山市)診療棟のほぼ中央に位置する核医学診察室。ここが、この日行われる治療の舞台となる。
胃がん手術病院
 患者は六十代男性。早期の前立腺がんと診断された。泌尿器科の那須保友(49)は、患者負担が少ない小線源治療が最適と判断、治療にのぞんだ。
胃がん手術病院
 部屋には那須以外に泌尿器科の助手と放射線科医、技師が待機。下半身麻酔であおむけになった患者の肛門には、超音波装置が入れられ、直腸のそばにある前立腺の画像がモニターに映し出されていた。

 那須はまず、性器と肛門の間から筒状の針を前立腺に刺した。次に治療用コンピューターを操作している放射線科医とやりとりしながら、針の中から六十〜百個のカプセルを前立腺に挿入していく。治療は約一時間。患者は数日後に退院できるという。

胃がん手術病院
 小線源治療は放射線治療の一種で、一九九〇年ごろから米国で普及した。長さ四・五ミリ、直径〇・八ミリの棒状のチタン製カプセルに入った非常に弱い放射線源(ヨウ素125)を埋め込み、前立腺内側から照射、がんを死滅させる仕組みだ。カプセルは永久に残るが、放射線量は徐々に弱まり、一年後にはほぼ出なくなる。保険が適用され、患者負担は程度。

 病院は二〇〇三年十二月、国内三カ所目の実施施設として国から認可され、今年十月末までに二百六十八例を実施。慈恵医大(ともに東京)に次ぐ実績で、胃がん手術病院岡山県外からも患者が訪れる。那須は「これまで、がんが再発、転移したケースはない。適応は早期にかぎられるが、身体的負担は少なく、優れた治療法として非常に有効だ」と力を込める。
胃がん手術病院
 ぼうこうの下にあるクルミ大の男性特有の臓器「前立腺」のがんは、高齢者に多い。食生活の欧米化などで患者は三十年間で約八倍に増え、今では年間約九千人が死亡する。

 岡山大泌尿器科は、公文裕巳教授や那須らが、前立腺がんの医療拠点化を目指し、治療の選択肢を充実させている。
胃がん手術病院
 一般的な開腹手術のほか、傷が小さい腹腔鏡手術、がんを増殖させる男性ホルモンの働きを注射で抑えるホルモン治療、体外からの放射線照射など、次々と新しい手法を取り入れる。中でも那須が中心となって〇一年から始めた前立腺がんの遺伝子治療は、国内初の取り組み。まだ臨床研究の段階だが、成果が注目されている。胃がん手術病院

 一九八六年、米ベイラー医科大に留学し、胃がん手術病院遺伝子治療などを研究。臨床、研究の最前線に立つ傍ら、助教授として人材育成にも積極的だ。休みを返上し仕事に当たるが、「先進的な医療を早く一般医療にするため」と言う。趣味の水泳、音楽鑑賞も当分お預けの日が続きそうだ。



フコダインの無料資料
がんの専門医も注目したフコイダン、フコイダン効果とがんとの関係はこちら
フコイダンならこのページ
まだ、低分子フコイダンの嘘にまどわされていませんか?高分子フコイダンは効果がはっきりわかります
がん細胞消滅の映像を無料配布
がん手術後の再発防止、転移予防、残存がんの治療のために知っておきましょう
がん患者、その家族が知っておくべきこととは?
がん患者の苦しみやその家族の悩み、そんながんに悩んでいる方たちが知っておくべきこととは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。